« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

夙川 珈琲屋「羅甸區」(らてんく)

夙川の桜を見ながら歩いて、休憩に1
珈琲屋「羅甸區」に行きました。
http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28006422/
阪急夙川駅の南、マクドナルドの南の道を西へ
すぐのところ、ビルの2階に珈琲屋という大きな文字が
店の前に「羅甸區」という看板があります。
このお店、以前は元町の駅の北側にありました。6
なくなったなと思っていて、夙川で見つけました。
このことは以前ブログにも書いています。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2009/10/post-8cfd.html
今日は日曜日で本来は定休日なんでしょうが開いていました。
4人掛けのテーブルが3つと、2人掛けのテーブルが3つ7
4人掛けには二組の先客と予約席の表示
2人掛けに座り、珈琲を注文します。
ここは2杯分の珈琲が出てきます。
少し薄めなのですが、ゆっくり2杯飲めるのはいいです。
それもテーブルのキャンドルでポットを温めてくれます。8
そして、おやつが付いてくるのです。乾パンに金平糖です。
元町のときもそうでした・・・。懐かしいです。
以前のブログを見ると、撮った画像も同じですが、
これらの画像は今日のものです。
花見の方でしょうね。全席埋まってしまいました。10
周りのアンティークな時計や雰囲気も和ませてくれます。
年配の女性の方が一人で切り盛りされています。
ご主人の後を継いでおられると以前聞きました。

ドアをあけて入ってきた人が、満員を感じたようなので11
読書を止めて、席を空けました。
今日は花見客の休憩場ですからね。
またゆっくり来ましょう。
住所は西宮市羽衣町7-28
営業は13:00~23:00までです。
元町のお店をご存知の方、ぜひ行って見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夙川の桜

西宮の桜の名所「夙川」を歩いてきました。P3310005
阪急甲東園から香櫨園浜まで夙川沿いに桜を見ることが出来る。
http://www.nishinomiya-kanko.jp/doors/sakura_6.html
今日は日曜日ということもあり
たくさんの人が桜の木の下でシートを広げていた。
川沿いの道をゆっくり歩くことでたくさんの桜を見ることが出来る。P3310003
JRならば「さくら夙川」、阪神ならば「香櫨園」から・・・
夙川に出ると、北へ南へと人の流れがある。
関西地方でもなかなかのさくらの名所である。
http://hanami.walkerplus.com/detail/ar0728e26150/
家屋連れでもカップルでも大丈夫。P3310023
洒落たお店も沿道にはあります。
私も夙川駅で休憩、「羅甸區」でお茶してきました。
それは後の記事で・・・・。
JRや阪急、阪神の電車がさくらの木の間を走ります。
帰りは「さくら夙川」のホームから電車と桜を・・・。P3310053

来週まで持つでしょうか?
2日には雨が降るようです。
まだ花見に行かれていないなら、ぜひ機会を作って今のうちに・・・。
P3310061


| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見の季節

例年になく桜の開花が早くなり
4月を迎える前に花見で賑わうこととなっている。
電車から見ると西宮の桜の名所、
夙川でも桜の下に人の輪ができていた。
我が家の周りの桜も五分咲きから満開までP3300010
桜が目を楽しませてくれる。
入学式シーズンの4月10日頃まで持つのだろうか?
明日も天気は大丈夫とのことなので
きっとたくさんの人で賑わうのでしょう。

JRでは夙川の最寄り駅が「さくら夙川」といいます。
以前はコブクロの「桜」のサビの部分をアレンジした
インストがホームで流れていました。

桜といえば・・・P3300018
「道は歩くためよりも
春にはむしろ 見るためにある
2人で歩いた この道も
舞い落ちる ピンクの花びらいっぱい
・・・・・・・」(桜の道)

そして散る頃にはP3300024
「花びらが散った後の
桜がとても冷たくされるように
誰に心の片隅に
見せたくはないものがあるようね
・・・・・・」(ささやかのこの人生)

と口ずさんでしまう歌があります。

元気の出る春です。
年度替り、新たな気持ちでがんばろう!と思います。
先日も同じこと書いてましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vol.15 College de JOUJOU Piano concert(予告)

vol.15 College de JOUJOU Piano concertが行われます。
今回のテーマは、「2台ピアノはいかが?~華麗なる音の饗宴~」
■日時 2013年6月30日(日)
13:30開場 14:00開演 
■ところ 神戸新聞 松方ホール
http://www.kobe-np.co.jp/matsukata/access/index.html
■チケット
 小学生以上 2000円(税込)/全席自由【2013年4月1日 販売開始】
■プログラムImage_2
 モーツァルト/ 2台のピアノのためのソナタ 二長調 第1楽章
 チャイコフスキー/ くるみ割り人形より
 ボロディン/ ダッタン人の踊り
 三善 晃/ 唱歌の四季より
 サン=サーンス/ 死の舞踏
 ルトスワフスキー/ パガニーニの主題による変奏曲
 ラフマニノフ/ 組曲第2番より「タランテラ」
 ショパン/ ピアノ協奏曲第1番第1楽章(2台ピアノバージョン)
 モーツァルト名曲メドレー・リレー「ヴォルフガングの玉手箱」
■出演者
 飯野 有加里、池田 弥生、上田 舞、上村 雅美
 大橋 希美、小林 未希、小寺 智絵、三枝 純子
 坂井 優子、杉本 典子、長井 典子、福井 涼子
 福田 あい、藤木 加奈子、山口 友理、リム ユヒャン
■問い合わせ
 joujou2000@hotmail.co.jp
 ジュジュHP:http://college-de-joujou.jimdo.com/
 ブログのコメント、メッセージからも受け付けております。

以上の内容は、joujouのブログより転載させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮ジャズ3days 2nd day「酒と桜の日々」(お知らせ)

西宮の桜の季節に毎年行われている西宮ジャズ3days
今年で9回目になります。
紹介では、
音楽と出会うまち西宮、ジャズが奏でる3日間
市制80周年を迎えた2005年から開催してきた「西宮ジャズ」も
今回で9回目を迎えることができました。
今年も西宮市花である桜が満開になるこの季節、
3日間にわたり関西在住のミュージシャンが
愛と希望あふれるまちでジャズを奏でます。 とあります。

私は4月6日(土)、プレラホールで行われるScan001
2日目に行こうと思っています。
■2nd day「酒と桜の日々」
西宮在住の二人の直さんに、
関西ジャズ協会会長であるピアニスト大塚善章を加えたユニット
「ゴールデン・シニア・トリオ」(平均年齢80歳)が登場します!

4/6日(土) 開演14:00、開場13:00
出演:ゴールデン・シニア・トリオ
 宮本直介(b)、鍋島直昶(vib)、大塚善章(p)Scan002
田中ヒロシ(ds)、大西ノリフミ(g)、クツノユキヒデ(perc)
ゲスト・ヴォーカル:ロアナ・シーフラ
司会:上出佳子(フリーアナウンサー)
【予定曲】バードランドの子守唄、4月の想い出、コンチネンタル 他
入場料:3,000円 ※全自由席
※開演前に1ドリンクサービスがあります。(日本酒もあります)

これらの情報は西宮市のHPから引用しています。
2日目 http://www.nishi.or.jp/contents/00023620000400034.html
1日目 http://www.nishi.or.jp/contents/00023612000400034.html
3日目 http://www.nishi.or.jp/contents/00023624000400034.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の季節

全国各地で例年よりも桜が花開くのが早くDscf7525
すでに満開宣言が近畿でも聞かれるようになりました。
私の周りでも、花開いた桜を見かけることが多くなりました。
一本の木でもつぼみのままと完全に花開いた部分とが
まばらになっていますので、しばらくは持つんだろうと思います。
桜の名所、夙川の川沿いの桜はまだまだかなと思いますが、Dscf7526
次の土、日など花見客が出てくるのではないでしょうか。

春、暖かくなり心もうきうき
きれいに咲く花を見ていると元気が出てきますね。
もうすぐ新しい年度、新たな気持ちでスタートを切りたいですね。
Dscf7534

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「ライフ・オブ・パイ」(トラと漂流した227日)

映画「ライフ・オブ・パイ」を観てきました。Poster
http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/
2012年公開のアメリカ映画で、1月25日に公開されました。
126分あり、迫力で退屈することはありませんでした。
アカデミー賞の4部門
監督賞、作曲賞、撮影賞、視覚効果賞を受賞しています。
2Dもあるそうですが、3Dで観ました。迫力ありました。
一番はとびうおが飛んできたところですね。
さて、あらすじですが・・・・・
主人公パイの一家はインドで動物園を経営していた。344013view001
小さいころからパイは信仰心が篤く
動物についても友達になれると思っていた。
そんなパイに父親は厳しく接していた。
その父親がある日、カナダへ移住すると言いだした。
動物たちも一緒に船でカナダへ向かった太平洋上で344013view002
嵐に巻き込まれ、夜中に起きて一人甲板に出たパイだけが
家族の中で唯一生き残った。
命からがら乗り込んだ小さな救命ボート。
そこには脚の折れたシマウマとハイエナ、
そこにバナナの塊に乗ったオランウータンがやって来た。344013view004
さらにボートの中にはベンガルトラが乗っていた。
ハイエナに襲われたりして動物たちは死んでいき、
ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。
残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、
空腹のトラがパイの命を狙っていて、344013view005
救命ボートから離れて筏に乗るパイ。
この緊張感が彼を生かせることになる。
そして、彼は陸に流れ着き、トラはギャングルに帰って行く。
保険会社の人間は生き残ったパイの話を信じてくれない。
パイは作り話をするのだが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ル・アーヴルの靴みがき」

月一の映画会、市民映画劇場でPoster
「ル・アーヴルの靴みがき」を観てきました。
http://www.lehavre-film.com/
フランス北部の港町ル・アーブルに生きる人々の姿を描いた
ヒューマンドラマですね。
駅前で靴磨きをして暮らしているマルセルは、
妻アルレッティと愛犬ライカとともに
その日暮らしの生活をしていた。ある日、Main_large
港でアフリカからの不法移民が乗ったコンテナが見つかった。
その中の少年一人が逃げ出し、マルセルは少年と出会う。
名はイングリッサ。イングランドに住む親に会いに行くという。
妻のアルレッティは医師から余命わずかといわれていた。
少年のために動き回るマルセル。Sub2_large
少年を追う警部。病気の妻。
とてもハッピーエンドにはならないと思われるが・・・。
昨年4月から公開されていた映画で
93分と短めで、展開が早いです。
すでにDVDで発売されています。Sub1_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野坂 珈琲「ん」

神戸三宮の北野坂、Dscf7503
老舗ジャズライブハウス「SONE」の道向い
ビルの2階に喫茶「ん」があります。
以前紹介したことがありますし、
夙川の「ん」も紹介しました。
ところが12月からお店のオーナーが代わったようで
先日、とあるところでテレビに紹介された録画を見ました。
フジテレビ系列の「めざましテレビ」です。Dscf7504
店内はそのまま引き継がれたようで、
大きな変化はないように思います。
窓側の読書スペースが移動したぐらいでしょうか。
歴史を感じさせる大きなソファ(4人掛け)が4つほどあり
一人で行くと4席占領するのでもったいないような気になります。
珈琲は注文と同時に豆を挽いてくださいます。Dscf7508
そして豆は萩原珈琲ですので、美味しいです。
アンティークな置物などがあり、
ゆったりと読書など出来ますね。
BGMはジャズヴォーカルが流れていました。
大人の喫茶店ですね。Dscf7510
ちょうど夕方から行きましたから、
日が落ちて北野坂が夜の顔を見せ、
活気がでてくるところを帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルギーチョコレート「Tohi」について

神戸駅、湊川神社の近くに「BEBEBE」というDscf7500
ベルギーチョコレート専門の店があります。
http://www.bebebe.jp/main.html
ホワイトデーのときに良く使っています。
ので、何度かここでも紹介したかもしれません。
今年も、たまたま帰りによることが出来たので
ヴァレンタインデーのお返しに購入しました。
そのときに、ちょっと変わったチョコを見つけBebebe_tohiassort24
お試し的な要素もあり購入しました。
「Tohi」という名前で大きな板チョコもありましたが、
セットで24枚入っているのでお得と思い購入。
アソートメントボックス24枚入りです。
HPの紹介文では
「トヒチョコレート」は、自然に配慮した環境にやさしいチョコレートです。
6種類の味が楽しめる、お得なアソートメントボックスです。
ナポリタンサイズになった
「カカオ74%」「レモンジンジャー」
「アーモンド」「ミルク38%」
「スペクロス」「塩バターキャラメル」
が4枚ずつ、計24枚入りになります。
一つひとつ試してみます。
ネットでの販売もされています。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/bebebe/tohi-assort24.html
たくさんあるので、半分こしました。
食べ過ぎないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湊川 手打ちうどん「はまもと」

神戸の台所、湊川の東山商店街を北に抜けたところDscf7496
右手に手打ちうどんの店があります。
「はまもと」という名前です。
ここのうどんは美味しいよと、
たくさんの人から聞くので行って見ました。
店内はカウンターに6席Dscf7492
4人掛けのテーブルが2つだったと思います。
お昼に行ったのでうどんとご飯の定食ものにしました。
かしわ天定食・・・・から揚げではありません。
鳥のてんぷらです。これがアツアツでおいしいです。
5切れ付いてきます。塩でいただきました。Dscf7493
そしてうどん、これはうわさどおり美味しい。
腰もあるし、しっかりしていてつるつるです。
御代は750円でした。安いですよ。
隣の方はヘルシーなあんかけうどんでした。
カウンターにはおでんが置いてありDscf7494
セルフでひと種100円です。
ビールのあてにしている人がいました。
昼間から飲める人がうらやましいですね。
ご飯のほかにも、ばら寿司や炊き込みご飯もあるようです。
うどんも温かいものとつめたいものが選べます。Dscf7499
1.5盛というのもあります。
タイミングが間違うと待たないといけない場合があります。
私が帰るとき4人待っておられました。
隠れた?名店なのかも・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月10日はサテン(喫茶店)の日・・・大阪・新世界

3月10日の朝日新聞の片隅に
3月10日はサテンの日という記事があった。
http://www.asahi.com/national/update/0309/OSK201303090154.html大阪では喫茶店を「サテン」と呼ぶ。
大阪新世界で、サテン=3月10日として1362453727_b
喫茶店の日としての行事をしたようです。
先日新世界に行ったとき、
「レイコーあります」と店内に掲示されていたし
レスカもメニューにあり、話題にしたところでした。
懐かしいやら、大阪らしさを感じますね。
新世界は元気ですね。

ちなみに、喫茶店の日は4月13日だそうです。
http://hamadayori.com/hass-col/commerce/Kissaten.htm

カフェが増えて、喫茶店らしいお店が減っていますが、
昔ながらの喫茶店、純喫茶もいいですが、
珈琲の美味しい喫茶店があればお教えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪・服部「足の神様」と喫茶「サンモリッツ」

大阪の服部に知り合いが足の怪我で入院しています。
お見舞いに行こうと昼過ぎに家を出たのですが、P3100001
雲行きが怪しいうえに風がすごく強かった。
どうにか駅まで傘を差さずにいけたのですが、
駅に着くと振り出しました。強風に大粒の雨。
梅田で少し買い物をして、服部へ・・・。
幸いなことに雨が上がっていましたが、
それも一時的なことのようで、P3100012
途中から少しだけ傘を差しました。
二度の入院経験があるのですが、
病院生活は退屈なのです。
回復すればするほど、退屈になり人恋しくなるのです。
松葉杖の姿は痛々しかったのですが、P3100015
後はリハビリをして回復を待つのみ
頑張って欲しいです。
駅まで戻ると改札口は線路を越えた東側
そちらへ行くと商店街の入り口にアーケードが
足の神様とかかれています。
すぐ近くに「足の神様・服部天神宮」がありました。P3100011
なんと奇遇なことか・・・。
すぐにお参りをして、早く良くなることをお願いして来ました。

そして境内から見えるところに喫茶店が・・・。
「サンモリッツ」というちょっとおしゃれな感じ、と思い店内へP3100007
結構歴史を感じさせるお店でした。
4人掛けのテーブルが多く、カウンターもありましたが、
お客は私だけでした。
カウンターの中には全国各地の提灯が飾られていました。
ちょっと感じが違うかなと思いましたが、P3100009
お店の方の好みなんでしょうね。
ゆっくりと珈琲をいただいて、
雨も上がった境内を通って阪急電車へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エルグランドでのドライブ

家族で実家に帰ることに・・・・。
外は5月を思わせる暖かさ・・・
我が家の車で、5人は乗れるが長距離は大変です。
それに実家で乗車人数が増えると対応できません
ので、7人乗りのレンタカーを予約しました。
朝、お店まで行くと予約した車が見当たりません。
我が家と同じ大きさの車と一番豪華なワゴンタイプとありました。
お店に入り、予約を告げると・・・・。
しばらく困った様子。ひょっとして手違いで車がない?
と思いましたが、店員さんからの意外な答え
「予約いただいた車が出払っており、エルグランドでお願いできないでしょうか」
出払っている予想は当たりましたが、エルグランドに乗りなさいと・・・。
さてさて、乗れるでしょうか?P3090002
以前、セレナを借りたことがありましたから
仕方がない、いいですよと・・・・
これが快適なドライブの始まりでした。
230キロほどのドライブでしたが、ゆったりと快適でした。
踏み込んでいるつもりはないのですが、スピードも出ます。
座席も高い位置にあるので、運転がしやすい
車庫入れも、上からのモニターがあり楽でした。
これからの季節、ゆったりとドライブもいいですね。P3090004
快適な車内のせいでしょか、
運転手以外は交代でよく寝ていました。
なお、料金は当初申し込んだ車種での支払いです。
(当然ですが・・・・)
なので、倍以上の値段のレンタカーに乗ることになりました。


ただ笑い話ですが、エンジンのかけ方が分かりませんでした。
キーを差し込む位置がない。(我が家のは一応あります)
ブレーキを踏んでスタートボタンを押すということの理解に時間がかかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KMJCのライブのセットリストの紹介

3月2日に行われたKMJCのジャズライブのセットリストがアップされました。
主催者のDaiちゃんがコメントとしてあげてくれています。
以下の記事のコメント欄をご覧ください。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2013/03/kobe-modern-jaz.html?cid=76949249#comment-76949249
なお、9月のライブの予定も紹介されています。
それはこちらをご覧ください。↓
https://www.facebook.com/Vuoisu
早々と9月のライブの話ですが、
主催者は力が入っています。
どうか皆さんお楽しみにしてください。

明日は東灘区の酒蔵コンサートが行われるのですが、残念ながら行くことができません。
小曽根トリオです。魚谷さんのベース久しく聞いていません。
上場さんの軽快なドラムも・・・・。残念です。またの機会に・・・・。
http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/higashinada/oshirase/topix/sakagura_concert.html
Ozoneminoru


| | コメント (2) | トラックバック (0)

福知山、駅前「丹波茶屋」

福知山の駅前をぶらぶらして、どこかで昼ごはんを食べようと思いました。
かつての駅前は、「さとう」や「ファミリー」という大型小売店があったのですが
かつてのことで・・・・「さとう」は健在でしたが、小さなスーパーに見えました。
駅前商店街というイメージがあったのですが、P3030007
シャッターが下りたままであったり、休んだりしていた。
よく本を買ったお店も変わっていた。
駅と国道の間、国道沿いが大型店舗が進出して
車を持つ人がほとんどで、人の流れが代わったようですね。
そんな状況なので、昼食を食べるところを探すのにも苦労した。
駅前にインド系のお店の横の階段を上がるとP3030005
居酒屋さんが昼間もあけていました。
お手頃価格で珈琲つきでした。
豚のしょうが焼きを頼みました。
野菜炒めっぽかったですが、寒いときですから
温かい料理がうれしいですね。
日曜日も仕事のサラリーマンの方が、P3030002
ちらほらと来られていましたし、
家族連れもいましたね。
当然常連客も・・・・。
お店の数が激減していることに驚いた、
久しぶりの福知、駅前でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わりましたKobe Modern Jazz Club第18回目ライブ

Kobe Modern Jazz Clubの第18回目のライブが終わりました。P3020016
今回のテーマは「Plays Stevie Wonder」でした。
スティービー・ワンダーの楽曲を取り上げ
ジャズ・アレンジされた旋律を楽しみました。
今回のメンバーは
古谷光広(Ts)、築山昌広(Tp)、大迫明(Tb)
大山理保(Pf)、石井孝宏(B)、渕雅隆(Ds)です。
女性ピアニストは生田幸子さんについで二人目ですね。
トリオに3本の管を含んだセクステットP3020018
すごい迫力でした
会場いっぱいの200人を超える観客をノリノリにしてくれました。
こういう楽しみ方もあるんだという、感想が
お客さんから聞こえてきました。
身体全身で楽しめたライブでした。
寒い外とは違って,熱く熱く燃えた会場でした。

久しぶりにお会いする
hissa、Y口さんをはじめ、
よくきてくださるH原さん、Y本さんP3030020
そしてmessengerさんが楽しんでいただけたこと
うれしく思いますよ。
そして、鯛焼きにお酒、お土産ありがとうございました。
いつも来てくれるk井さんとK田さん、そして今回はU原さん
ありがとう、そしてマドレーヌ、ありがとう。
急に呼び出したK子さんも来てくれて
皆さん良かったといってもらえて
ご案内してよかったなと思います。
次回は9月です。またみんなで起こしください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »