« 映画「汚れなき祈り」 | トップページ | Infiorata KOBE 2013(インフィオラータ) »

映画「カルテット!人生のオペラハウス」

4月19日に公開された「カルテット」を見ました。Poster
http://quartet.gaga.ne.jp/
最近どの映画館も事前に席を予約することが出来る。
観に行こうと決めて、前日に席を取ったが、
3人ほどすでに予約されていた程度で
さすが平日を思って言った当日
前後の席はすべて埋まっていました。M0000000710_sub3_large
横の席にゆっくり鞄を置いてと思っていたのですが、
ままならず、膝に抱えることに・・・。
女性の方が多かったですね。
この映画、ダスティン・ホフマンが監督したことで有名になり
いろいろなメディアでも取り上げられています。M0000000710_sub2_large
内容は、引退をした音楽家たちが生活する「ビーチャム・ハウス」
経営難のホーム存続を懸けて自分たちがコンサートを開く
その準備を進めているところに、新たな入居者が・・・。
それはプリマドンナのジーンで、かつてレジーと結婚していたが
別れ、いまだに確執を抱えていた。344410view005
当時のメンバーのシシーとウィルフも入居しており
カルテットを再編成しようとする・・・。
名声を持つ人が衰えた時の余生の過ごし方
人と人とのつながりや愛情など、内容の豊富な作品でした。
もっと音楽が聴けるのかと思ったが、ちょっと残念でした。344410view007
特に最後のステージは聞きたかったな。
ルーシー・コーガン先生役のシェリダン・スミスが素敵でしたね。
エンドロールで、脇役として登場した
素敵なミュージシャンが紹介されました。
ジャズ・ピアニストのジャック・ハニーボーンM0000000710_large
トランペットのロニ―・ヒューズなどが
当時の画像とともに紹介されます。
挿入歌として『椿姫』の《乾杯の歌》、
プッチーニ作『トスカ』のアリア《歌に生き、恋に生き》なども歌われ
少し優雅な気分で見ることの出来る映画でした。


|

« 映画「汚れなき祈り」 | トップページ | Infiorata KOBE 2013(インフィオラータ) »

コメント

何時も本や映画のブログも参考にさせてもらっています。

最近は重松清さんの本にはまっています。

ブログにある映画もテレビ欄で見つけると録画で
楽しんでいますよ。

投稿: a | 2013.04.25 00:45

aさん、こんばんは!
重松清さん、重たいですが、いい作品が多いですよね。
とんびがTBSでも放送されていました。
でも、NHKのほうが良かったように思います。
お薦め作品ありましたら、お教えくださいね。

投稿: fujisan | 2013.04.25 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/57241435

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「カルテット!人生のオペラハウス」:

» 『カルテット!人生のオペラハウス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「カルテット!人生のオペラハウス」 □監督 ダスティン・ホフマン□脚本・原作 ロナルド・ハーウッド□キャスト マギー・スミス、トム・コートネイ、ビリー・コノリーウィル、ポーリーン・コリンズ、マイケル・ガンボン■鑑賞日 4月21日...... [続きを読む]

受信: 2013.04.26 12:13

» カルテット!人生のオペラハウス [とりあえず、コメントです]
ダスティン・ホフマンが監督として創り上げたヒューマンドラマです。 予告編を観て、大御所たちの笑顔と音楽が楽しそうだなあと気になっていました。 穏やかな田園風景の中で繰り広げられる細やかな人間関係に心がほっこりするような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013.04.29 19:04

» カルテット!人生のオペラハウス [とりあえず、コメントです]
ダスティン・ホフマンが監督として創り上げたヒューマンドラマです。 予告編を観て、大御所たちの笑顔と音楽が楽しそうだなあと気になっていました。 穏やかな田園風景の中で繰り広げられる細やかな人間関係に心がほっこりするような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013.05.05 08:26

» カルテット!人生のオペラハウス [映画的・絵画的・音楽的]
 『カルテット! 人生のオペラハウス』(注1)を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(注2)に出演していたマギー・スミスの主演作というので映画館に足を運びました。  舞台は、音楽界の一線から引退した音楽家たちが暮らす...... [続きを読む]

受信: 2013.05.08 21:37

« 映画「汚れなき祈り」 | トップページ | Infiorata KOBE 2013(インフィオラータ) »