« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

神戸 大倉山「Queequeg Coffee」

神戸文化ホールに行った際に、東隣にあるP7280005
「Queequeg Coffee」に行きました。
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28026938/
以前もご紹介しているのですが、久しぶりなので・・・。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2009/11/queequegcoffee-.html
もう4年近くも前になるんですね。P7280006
お店に入ると直ぐ左側にはたくさんの珈琲の生豆が
そして右にある焙煎機でその場で焙煎してくれる。
今日の珈琲をいただきました。「ブラジル」です。
店頭には山口農園、ブルボンサンドライと書かれていました。
カウンター席に座ると、偶然知り合いが端の席に・・・。P7280001
お連れがあるようなので、私は一人で・・・。
ドリップで淹れてもらいます。
お代わり用のサーバーが付いてきます。
そして、かわいらしいキャラメルビスケットも・・・。
あっさりとした珈琲でした。渋みもそんなに強くなかったです。P7280002
店内はハービーハンコックの「処女航海」が流れていました。
これ、4年前の記事と同じです。これは偶然でしょうか?
入り口近くになる珈琲豆を見ていると
家でも挽いた豆ではなく、豆を挽いて飲みたいなと
ブラジル、キャラメラードを購入、P7280011
「キャラメルや蜜のような甘いアロマとマッタリとしたコク」
と、特徴が書かれていました。
「後で取りに来ます!」と・・・。店外へ・・・。

こういうお店が近くにあるのはありがたいですね。
ご主人が一人で切り盛りされていましたが、
感じのいいお店でした。

ところ:神戸市中央区楠木町3-10-11
     ハイエスト大倉山公園101
店名:「QUEEQUEG COFFEE」
電話:078-362-8317
事前に電話して焙煎してもらうと待たなくていいですよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Ryuseido(リュウセイドー)  朝来市和田山桑原

昼食を「Ryuseido」で摂りました。P7270016
昔(何十年前かな?)からある国道沿いの喫茶店
もともとはパン・洋菓子屋さんでした。
本店は法道寺にあります。「モンテカーサ」
ここも古いですね。
お昼が目的だったので、入り口にあった定食にしました。P7270014
Aのカレーにしました。
サラダにコーヒーもついて850円。
高くはないですね。
カレーはビーフカレーとチキンカレーの2色カレーです。
なかなか気が利いています。P7270007
田舎の国道沿いにあるちょっと洋風な建物
年輪を感じさせますが、
地元に愛されているお店のようですね。
珈琲専門ではないですが、落ち着くお店です。
「和田山・山東ぐるめマップ」なるものが店内の置かれていました。P7270008
結構たくさんのお店があって、但馬牛を使った
元気丼や元気牛焼うどんなどで
B級グルメをねっらっているようです。
元気丼は以下のURLで紹介されています。
http://www.hyogo-tourism.jp/tabinet/gurume/gotouchi/don/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mr.Masa COFFEEの夏メニュー  朝来市梁瀬

実家に帰る時、以前は昼食は「元気○」でラーメンを良く食べましたが、P7150170
閉店してからは梁瀬の「Mr.Masa」で食べるようになった。
http://r.goope.jp/mr-masa-coffee
ドリアやパスタなど軽めの昼食と美味しい珈琲が飲めていい。
この度帰ったときはメニューが変わり夏メニューになってました。
タコライスとチキンオーバーライスです。P7150156
共にプレートの上にサラダと共にのっていました。
こじゃれたお店のためか、女性客が多いです。
若いご夫婦?がまじめに取り組んでおられるお店のようで
丁寧さがよく伝わってきます。
注文してからでてくるまでに少し時間がかかりますが、P7150158
それだけ丁寧なことなんですよね。
カウンター(5席?)とソファー(8席?)、テーブル(10席?)があり
ゆっくり過ごすことができます。
ランチメニューと珈琲のセットで1000円はお手頃ですよね。
P7150164
「よう、おいでんさった」「よう、きんさった」の但馬の入り口
一度たずねてみてください。
お店の情報は、上のURLで詳しく見て下さい。

住所 兵庫県朝来市山東町矢名瀬町字浦917-1 P7150165
TEL 079-670-7166
最寄り駅梁瀬駅から514m
営業時間:8:00~20:00
定休日 水曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮「TRUE BLUE」

三宮でカクテルが飲めるところ・・・・
ということで知り合いのK本君がいる「TRUE BLUE」へ行きました。
ここは生田新道沿い、北側のナンタニビルの地下です。Trueblue_13
エイの口が店内に飾られている。(鮫でしたね)
カウンター10席ほどとテーブル席14席ほどでしょうか・・・。
たくさんのボトルが壁際に並べられ
こんな感じの・・・というリクエストをすると
K本君とマスターが対応してくれます。
8時から翌朝5時までの営業ですからTrueblue
終電に乗り遅れたたら、ぜひ寄ってみて欲しいですね。
さて、この日はジェームスボンドのカクテルということで
ヴェスパーという名前のカクテルを作ってもらいました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC_(%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB)
ベースになっているのがジンとウォッカ、それにキナ・リレですから
これはきつかったですね。Trueblue_5
後はベースにチョコや珈琲、グレープフルーツなど
いろいろなリキュールをベースに好みの味に作ってもらいました。
私はマッカランを飲んでいました。
あっ、電気ブランのジンジャー割も飲みましたね。

こういうお店は、いろいろなお酒を楽しみながら飲むのがいいですね。Trueblue_2
また寄せてもらいます。
k本君、マスター、またよろしくね。
K本君、少し写ってましたね.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

映画「アンコール」

人生の最後の場面を合唱を通じて楽しむ老夫人と345399view001
朴訥なその夫の物語。
そして、父親に理解をされなかった長男。
合唱を指導する若い女教師。
そんな人たちの物語「アンコール」を見ました。
http://encore.asmik-ace.co.jp/
ロックやポップスの名曲を歌う合唱団「年金ズ」345399view002
ガンに侵された妻はそこでみんなと歌を唄う。
その楽しさが理解できない頑固者の夫。
がんの再発でコンクールにも出場が危ない。
予選にソロを唄う。本選では歌えるかわからないからと・・・。
この歌が泣かせます。
そして本選出場になりますが、妻は他界する。345399view004
妻を失った夫は妻の楽しみを少しずつ理解する。
そして本選が・・・・。
シンディ・ローパー「トゥルー・カラーズ」
シーロー・グリーン「クレイジー」
モーターヘッド「エース・オブ・スペーズ」
スティーヴィー・ワンダー「サンシャイン」345399view007
等の曲が流れてきて、思わず手や足や体が動いたり、
さらに、エンディングを締めくくる主題歌は
セリーヌ・ディオンが書き下ろした新曲「Unfinished Songs」
これも聞かせますね。詩がいいですね。(翻訳されていますが・・)

短い時間ですが、いっぱい楽しめる映画でした。345399view008

| | コメント (0) | トラックバック (3)

三宮「燦 神戸店」での誕生日会

二人分の誕生日会をかねて13
三宮交通センタービルの10階にある「燦」で
食事会をしました。
http://r.gnavi.co.jp/k015420/
全員お酒も飲めるので、ちょっと大人の気分で・・・。
今日の料理の献立は
前菜四種盛り合わせ
 ・前岡農園野菜盛り合わせ ・じゅん菜酢
 ・大葉と生姜の薩摩揚げ ・南瓜の煮浸し
Photo 1
京都府  鹿島屋『寄せ豆腐』
2
漁場直送 お造り二種盛り合わせ
6
高知県  姫とうもろこしの生ハム巻き揚げ
産地直送 枝豆と牛筋のコロッケ
4
奈良県  丸茄子の海老味噌チーズ焼き
8
北海道  国産牛と真菰筍の鉄板焼き~青唐味噌ソース~
10
漁場直送 柔らか煮蛸と青海苔のバラ寿司
17
吸い物と甘味
18 20
新鮮な食材で野菜も魚もお肉も美味しかったです。
たくさんを食べるのではなく、
ゆっくりと落ち着いて・・・。
焼酎やビール・ワインなどを飲みながら、2時間の誕生会でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「真夏の方程式」

東野圭吾原作の「真夏の方程式」を見てきました。Character01_fukuyamamasaharu_large
http://www.galileo-movie.jp/
原作を読んでいたので、そのように映画化をされているのか
楽しみにしていましたが、
湯川教授を中心によく描かれているという感じで
テレビでも人気があるので、人気が出ると思います。Character02_yoshitakayuriko_large
実際、客席は多くの人で埋まっていました。
ただ、いきなりこのことをばらしたら駄目でしょう!というところがあります。
原作では、関心を持って読み進め、そうかと気づかされることで
感激をするところがあるのですが、Character04_an_large
その部分が一番に来ましたね。・・これはちょっと残念でしたね。
それと、登場人物が原作よりも少ないこと、
捜査の展開が早いことなど
2時間半の間に凝縮するには
仕方がないのかもしれませんが、
ちょっと残念な点でした。
Character06_fubukijun_large
でも、退屈することなく楽しめますから
ぜひ、映画館で見てください。
それから原作を読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

映画「ローマでアモーレ」

ウッディ・アレンが監督する映画「ローマでアモーレ」を見てきました。Poster
http://romadeamore.jp/
監督・脚本・主演を兼ねています。
イタリア・ローマを舞台に繰り広げられる群像ラブコメディ。
旅行中に知り合ったイケメンのローマっ子と婚約する女の子
その娘のもとへやってきたリタイアしたオペラ演出家の夫婦、
恋人の親友と恋に落ちる建築家志望の青年、Sub3_large
田舎で結婚した素朴なカップルとコールガールと有名俳優
ある日突然、人気者に祀り上げられた平凡なサラリーマン一家など
それぞれの人が繰り広げる恋物語や騒動をユーモアに描き出す。
アレン自身はオペラ演出家として出演し、大きな存在感を出す。
101分の映画ですが、まったく眠くならない
Sub1_large
客席に笑いが起こる、楽しめる映画です。
決して軽い内容ではなく、端々に考えさせるセリフが出てきます。
流れる音楽も、さすがと思わせる
オペラの「トスカ」「「トゥーランドット」
「道化師」「フェドーラ」などの曲がSub5_large
シャワーシーンで流れたりする。
ポップスではジプシー・キングスがカバーした
「ボラーレ」が流れていた。

久々に笑えて楽しめた映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOUJOU 第15回ピアノコンサート

6月30日、JOUJOUの会の第15回目のピアノコンサートがScan006
ハーバーランドの松方ホールでありました。
「UMIE」や「アンパンマンミュージアム」が出来て
土日は多くの人で賑わっています。
通りにはアンパンマンやバイキンマンなどのモニュメントも置かれ
ちっちゃな子の記念写真の場となっています。

さて、コンサートは14時にスタートP6300015
今回は「2台ピアノはいかが?~華麗なる音の饗宴~」がタイトルで
ステージの上には2台のピアノが
1st stageは
モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章」
サン=サンース「死の舞踏」P6300021
ケヴィン・オルソン「スコット・ジョップリン・ラグ・ラプソディ」
 これは4人での演奏になりました。
三善晃「唱歌の四季 より 「朧月夜」「紅葉」「雪」「夕焼小焼」」
ショパン「ピアノ協奏曲 第1番 第1楽章(2台ピアノ版)」

2nd stageはP6300031
ピアノで楽しんじゃおっ♪
「モーツァルト名曲メドレー・リレー「ヴォルフガングの玉手箱」
これは楽しかったですね。
全員でピアノ・歌・楽器演奏・横断幕などのアトラクションなど、
出演者の皆さんも本当に楽しんでおられる様子が良く分かりました。
お嬢様が参加された出演者の方もありました。
何と24曲盛り込まれていたそうです。P6300032

全員が出演されたため、少々時間が空きました。
ルトスワフスキ「パガニーニの主題による変奏曲」
チャイコフスキー「くるみ割り人形より 
「小序曲」「行進曲」「金平糖の踊り」「花のワルツ」
ラフマニノフ「組曲 第2番より 「タランテラ」」
ボロディン「ダッタン人の踊り」でした。
最後は皆さんの「ごあいさつ」があり、
「線路はつづくよ」の伴奏に送られ、出演者の方がロービーに
帰られる観客の方を見送られていました。
平成11年(1999年)から始まったコンサートも回を重ね15回
21名の方が研鑽を積みながら、がんばっておられます。
家庭も仕事もあり、留学から一時帰国の方もありと・・・。
様々な状況の中でも「ピアノ」を通じてつながっている会。
終了後のロビーの賑わいが、人のつながりを証明していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »