« 桧山選手の引退試合 | トップページ | クライマックスシリーズ第1戦 打てませんでした。 »

「貴婦人と一角獣」 国立国際美術館

「貴婦人と一角獣」を見てきました。Pa060017
http://www.lady-unicorn.jp/index.html
場所は中之島、国立国際美術館です。
10時の開場を目指していきましたが、
ちょうど開場待ちの列の最後尾が入るところでした。
7月27日から大阪で開催されていますが、
9月20日は5万人を突破しています。
やはり女性が多いですね。Pa060018
入り口のドアなどにも全面シールが貼られていました。
メイン開場には、6枚の巨大なタピスリーが飾られています。
その大きさと精巧なつくりに圧倒されます。
五感(触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚)をあらわす5枚と
「我が唯一の望み」・・・・の6枚
これだけ大きなタピスリーをどのようにして織り上げたのかPa060021
想像するだけで気が遠くなりそうです。
デジタル映像を駆使してわかりやすく説明されていたり
部分的に拡大がされていたり、
歴史の紹介などもされていて、わかりやすい展示でした。
じっくり一時間をかけて見ることが出来ました。
昼間30度を越え、10月にしては暑い一日でしたが、
大阪駅までぶらぶらと・・・・いい運動をしました。

|

« 桧山選手の引退試合 | トップページ | クライマックスシリーズ第1戦 打てませんでした。 »

コメント

貴重なタピスリーをご覧になれたのですね。
画像では想像も出来ない大きさもわからないのが残念です(*_*;

投稿: ひとり静 | 2013.10.08 00:15

ひとり静様、コメントありがとうございました。
返事が遅くなりました。
素敵なタピスリーでしたよ。
大きさはやはり実物でないと、上手くは表現できません。
たまたま、保存されているところの改修工事で
外部へ持ち出され、日本では東京と大阪で公開されました。

投稿: fujisan | 2013.10.14 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/58335069

この記事へのトラックバック一覧です: 「貴婦人と一角獣」 国立国際美術館:

« 桧山選手の引退試合 | トップページ | クライマックスシリーズ第1戦 打てませんでした。 »