« 映画「そして父になる」 | トップページ | 桧山選手の引退試合 »

横浜線人命救助と「塩狩峠」

 横浜市内の踏切で倒れていた男性(74)を助けようとした40歳の女性が
電車にはねられて死亡した事故がマスコミで大きな話題になっています。
今日は、紅綬褒章が授与されたり、本人の代わりに遺族に銀杯を贈る、
首相からは村田さんの勇気をたたえる書状も贈られると報道されている。
事故現場には花束を手向ける人が後を絶たないようです。
人の命のために自分の命を投げ出すこと
さて、自分なら・・・と考えてしまいます。(出来ないだろうな)51b1s20xtnl__sl500_aa300_
この話を聞いて私は一冊の本を思い出しました。
三浦綾子さんが書いた「塩狩峠」
北海道の旭川の峠に差し掛かり、列車が故障し逆行し始めた
ブレーキをかけたけれど、止まらず
後わずか、何か衝撃があると止まると・・・・
そこに自分の身を投げた永野信夫。
今話題のJR北海道の前身の国鉄職員。
彼の生き様を描いた小説で、
中学生のとき友人に勧められて読みました。
それから、機会があれば人に読むことを勧めています。
今日の夜のニュース(TBS)で、キャスターが
塩狩峠の文庫本を示し同じようなことを言っていました。
人のために自分の命を投げ出す・・・。

新潮文庫ででています。71bwtiy4eil__sl500_aa300_
ぜひ読んでみてください。

映画にもなりDVDもでています。

|

« 映画「そして父になる」 | トップページ | 桧山選手の引退試合 »

コメント

おはようございます。
横浜線で起きた事故・・・話題になっていますね。
咄嗟の行動だったのでしょうが、
私もやはり自分だったらと考えてしまいます。
母としては我が子の事には考える間もなく
自分の事等考える間なく行動するのでしょうが・・・。

「塩狩峠」・・・読みましたよ(若い頃に)。

投稿: ひとり静 | 2013.10.05 09:44

ひとり静様へ
「塩狩峠」皆さん若い頃に読まれているんですね。
いい本だと思います。

投稿: fujisan | 2013.10.05 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/58321978

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜線人命救助と「塩狩峠」:

« 映画「そして父になる」 | トップページ | 桧山選手の引退試合 »