« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年の出来事、最後は大瀧詠一でした

2013年が終わろうとしています。
今年はどんな年だったのか
漢字一字で表せば「輪」になったそうですね。
東京オリンピックの誘致など・・・・が影響したのでしょう。

個人的には「継」という字を考えています。
今年は父親の入院、そして死去
さらに大学時代にお世話になった喫茶店のマスターの死
そして、そこで仲良く過ごさせてもらった同級生の死
一生に一度の別れです。
話しかけても返事は返ってこないのですが、
そこで感じ取れる想い、
その想い出を継いで行かなければ行けないなと思っています。

そして今日、「大瀧詠一」さんの急死が流れました。61d30iaitrl
http://news.nifty.com/cs/entame/musicdetail/oricon-20131231-oric2032625/1.htm
「A LONG VACATION」はとても素敵なCDでした。
「君は天然色 」「カナリア諸島にて」「我が心のピンボール」
「恋するカレン」「FUN×4」「さらばシベリア鉄道」など素敵でしたよね。
さらば・・・は太田裕美さんのバージョンも良かったですね。

最後、暗い話になりましたが、
(決して暗いだけの年ではなかったのですよ)
来る年は明るい年にしたいです。
それは自分自身の気持ちの問題でしょうね。
心(気持ち)のスイッチを切り替えてがんばりたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西宮での忘年会

いつもお世話になっているT中さんと
今年の締めをしようと、どこかで忘年会をと言うと
JR西宮で・・という答えが返ってきました。
JR西宮?あの辺りにあるかな?「魚民?」「万?」「ちび?」
などと考えていましたが・・・・。
彼は駅の北側に行くのです。Pc290003
そして細い路地を・・・以前一度きたことがあるということで
民家の中の一角に、民家そのままの1階がお店でした。
10年前に脱サラをして始められたということです。
店の名前は「きんさん」
カウンターと奥に座敷があり、20人強で一杯になるお店でした。
たくさんの日本酒と焼酎が壁際にあります。Pc290005
この日は特別で、店自体が忘年会でした。
無理を言って参加させていただいたようで
初めての客は私だけで、T中さんも2回目
後の皆さんはお互いご存知の常連さんでした。
料理は鍋以外すでにテーブルに用意されており
始まるとどんどん出てきました。
飲み物はフリードリンク、セルフサービスPc290001
その場にいる人がみんな仲間と化してしまいました。
鍋は鳥鍋(かしわ、団子、かも)でした。
すごく美味しかったです。(初めてのところでもあり、画像はなし)
尼崎や芦屋などからも来られていました。
何種類の日本酒をいただいたでしょうか。
月桂冠(凰燐)を始め、越乃寒梅、久保田(千寿)、磯自慢(静岡)など
全国各地の地酒がたくさんいただきました。
4時間の忘年会、人のつながりはすごいと感じる出来事もあり
あっという間の4時間でした。
また年が明けてからお邪魔したいと思います。

他のブログでの紹介記事です
http://yaji3kita3.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_ac5b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎の雪景色

年末の片付け等で田舎に帰ってきました。Pc300014
一昨日は大雪で、昨日の昼からは天気が持ち直したようで
今日はいい天気の中でのドライブとなりました。
ただ実家に近づくと、周りの雪がどんどん増えてきます。
除雪、凍結防止がされているので、
道路は大丈夫でした。Pc300015
ただ、実家について駐車場へ車を入れようとすると
そこは雪だけ・・・・。
足跡一つありません・・・。
スタッドレスを履いていてよかった。
心強く、何のためらいもなく雪の中へ・・。Pc300017
北面などの雪はまだまだたくさん残っています。
一部凍っているものもあります。
厳しい本格的な冬がこれからですね。
このタイヤががんばってくれると思います。

カニの顔も見てきました。
香住や浜坂で上がったものが、Pc300021
国道沿いの店で売られています。
正月を前にたくさんのお客さんでした。

カニさん、正月に会いましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西宮「KINGLY COFFEE」(キングリーコーヒー)

先日行った「ゆげ焙煎所」に置かれていたカードからKingly_3
西宮の上大市にある「KINGLY COFFEE」を知った。
http://kinglycoffee.com/
早速お邪魔してみました。
カードにはB1と書かれているのですが、
このあたりに地下にあるお店?・・・Kingly_2
阪急今津線の甲東園駅から東、中津浜線の
ローソンから南へ、コープへ向かって歩いていると
道端に丸の中に豆の文字が・・・。
そして、ありました。確かに地下です。
階段を下りて、ドアを開けると
道路側の上面が窓になっているのでKingly_6
明るい店内に、二人掛けのテーブルが6組ほどでしょうか。
奥には豆の焙煎機がありました。
生豆もたくさんありました。
モーニングの時間帯ですから
シナモントーストを頼みました。Kingly_13
当然珈琲はブレンド珈琲で,セットで500円です。
そして、ハウスブレンドとニカラグアを豆でいただきました。
ニカラグアは先日のUCCの珈琲教室ではまりました。
酸味が口の中に残っています。
場所は西宮市上大市3-5-6-001Kingly_16
営業時間は9:30~19:00です。
火曜日と祝日がお休みです。
マスターでしょう、一人で切り盛りをされていました。
最近、こだわって豆を選ぶこと、そして焙煎も自分で
納得がいくところまで追求される。Kingly_9
そして若い人が多い・・・。
それぞれのお店の独特のこだわりがあるようですね。
そういう姿を見ていると、応援したくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「鑑定士と顔のない依頼人」

すでに見た人が「良かったよ」という声を聞いてPoster2
「鑑定士と顔のない依頼人」を観に行きました。
http://kanteishi.gaga.ne.jp/index.html
天才的な審美眼で名声をとどろかせている
美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、
突然かかってきた電話で遺産の評価を依頼される。
依頼主は姿を見せず、Sub1_large
対応にいらだちを見せるヴァージルであるが、
徐々にその女性が気になっていく。
そして、ある時その姿を盗み見ることになり、
恋に落ちていく。
女性の名は、クレア(シルヴィア・フークス)。Sub6_large
また、屋敷の地下に転がっていた歯車から、
歴史的価値を持つ美術品と判断する。
そして、若き機械修理屋ロバート(ジム・スタージェス)に、
再生を依頼するとともに、
男女の恋についての指南を受ける。Sub7_large
そして紆余曲折あるのだが、恋が実る。
当然ここで、しかしとなる・・・。
こんな顚末ですか・・・・?
あまりに可哀想ではないですか?と思います。
これは観てご確認ください。Sub2_large
イタリア映画ですのでファッションはおしゃれですね。
そして上映時間は131分ですが、
長さはあまり感じませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湊川 「COZY COFFEE」

西宮の「ゆげ焙煎所」におかれていたカードからCozycoffee
湊川に「COZY COFFEE」なるお店ができていることを知りました。
http://cozy-coffee.net/
実際に行ってみるとよく歩く商店街を東へ入ったところ
明るくて喫茶店というよりは今風のカフェですね。
店内も女性向けとは言いませんがとてもきれいでCozycoffee_5
清潔感があり、店員さんが丁寧にひざかけのご案内まで・・・。
入口近くにはカウンター席が
その奥には2人掛けのテーブルが並んでいました。
まずは中央のレジで注文をします。
本日のコーヒーのストロングを頼みました。Cozycoffee_9
ハウスブレンドだそうです。その豆は、
コーヒー豆にはかなりのこだわりを持たれている
元町の樽珈屋さんの豆を使っています。
でも、350円と安いぐらいの値段です。
その場で挽いてくれて、ドリップで丁寧に淹れてもらえます。Cozycoffee_3
ハリオのV60透過ドリッパーでしたね。
マグカップのような大きなカップにたっぷり入っていました。
食事をした後なので、ゆっくり本を読みながら
時間を過ごすことができました。
モーニングのセットもあるようですし、Cozycoffee_12
昼食時にサンドイッチがありますし、
ケーキもあるようです。
人気のカフェオレ・カフェラテも美味しそうでした。

住所:神戸市兵庫区荒田町1-18-8 マミービル1FCozycoffee_11
営業時間:月曜~土曜9:00~20:00
日曜8:00~20:00
定休日:金曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮 「ゆげ焙煎所」

雑誌で見たような気がしますが、5
我が家の近くに珈琲豆の焙煎所があります。
喫茶店が焙煎所を持っているのではなく
焙煎所がそこで飲めるスペースを作っている感じですね。
ので、店名も「ゆげ焙煎所」ですね。
https://www.facebook.com/yuge.roaster
住所は、西宮市櫨塚町3-10 西宝ビル 1F2
営業時間は10時から19時まで
定休日は日曜日です。
店内には、中央に6人掛けの大きなテーブルと
その奥に2人掛けのテーブルがありました。
私は珈琲豆を買う目的で行きましたので4
ハウスブレンドとガテマラを100gずつ買い
テイクアウトで珈琲を頼みました。
駐車場がないので、車を止めるのは気があせります。
次回はゆっくり自転車で・・・。
私がいる間に店内はいっぱいになり、8
珈琲豆を買うお客さんも加わりました。
男性一人で切り盛りされていて、
少々大変なようでしたが、丁寧な対応でした。
今日の夕食後に、ガテマラをいただきましょう。
楽しみです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珈琲・食彩「木綿倶楽部」(cotton club) 福知山

実家に帰るとき昼食をどこでしようかとよく考えます。Cafe_17
今日は篠山あたりから雨がみぞれに、そして雪に変わりました。
積るほどではないですが、雨音がべちゃべちゃという音になり
そのうち音がしなくなります。そして白い物が飛んできます。
急いで福知山まで走り、気になっていたcafeに行きました。
店の名前は「木綿倶楽部」(cotton club)
http://cafe-cottonclub.com/Cafe_14
山小屋のような感じで、店内も素敵な雰囲気でした。
ジャズが流れていて、今日は夜にJAZZ LIVEがあるそうです。
こんな感じのいいお店があったんだと・・うれしくなりました。
本日お薦めのスパやドリアがありましたが、
カレー好きなためドライカレーを食べてみました。Cafe_1
食後にはブレンド珈琲を・・・。
女性が二人で切り盛りされていました。
店内にはアップライトのピアノもあり
その色も雰囲気に調和していました。
お昼時なのに広い店内に一人は寂しいなと思っていたらCafe_7
二人連れの女性が来られました。
ピザを注文されていました。
外の看板にもありましたが、ピザも売りのようです。
料理も珈琲も手作り感のある、温かい感じの店でした。
次回はハンバーグを食べて見たいと思います。Cafe_10

HPにはこんな言葉がありました。
「1987年より・・・・
飾らない大人の雰囲気を持ち味として
お客様の大切なひとときを演出…木綿倶楽部」Cafe_4
26年にもなるんですね。気がつきませんでした。

住所 京都府福知山市字篠尾 952-33
営業時間 10:00~18:00( ライブ時のみ22:00まで )
定休日 毎週水曜、第3木曜
駐車場 有
CALL 0773-23-9434
Cafe_5
今日のライブは
池田亨Quartet
<Sax>池田亨、<B>泉文平、<Dr>奈良井徳仁、<Pf>安達洋一
のメンバーだそうです。
ライブの様子は、以下のブログで見ることが出来ます。
http://cafe-cottonclub.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「虹の岬の喫茶店」森沢明夫

新聞の新刊紹介で書名を見て読もうと思いました。
そう、喫茶店やコーヒーなんて言葉を見ると読んでみようかと思います。
作者は高倉健主演の映画「あなたへ」の原作者だったんです。

トンネルを出て、気をつけないと通り過ぎてしまいそうな
ところに小さな看板があり、そこを入っていくと7221
少し拓けたところに手作りの家があります。
今にも崩れそうというような表現も出てきます。
そこで老女(70歳)が一人で喫茶店をやっています。
そして、美味しくなれ、美味しくなれと願いながら
とってもおいしい珈琲をいれてくれます。
たまたま偶然に店にたどりついた人たちが
その店に行ったことで後の人生が変わるという
心温まる話です。
番犬のコタローと甥の浩司が準主役で登場します。
そしてその物語(章)ごとに、一曲の歌が添えられます。
「アメイジング・グレイス」「ガールズ・オン・ザ・ビーチ」
「ザ・プレイヤー」「ラヴ・ミー・テンダー」
「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」
どんな展開になるか・・・ぜひ一度手にとって読んで見て下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ひめ風コンサート 2014.1.19

寒い日が続いています。
冬なのだから当たり前ですが、
コートの襟を立て・・・なんか歌の歌詞ですね。
街ではいろいろな服装の人がいます。
そんな時代なんだなと感心します。
帰りに冬のきれいな星空を見ると
星がきれいね、とっても・・・近く見えるわ・・・と続きます
電車で海を見ると
あなたが船を選んだのは、私への思いやりだったのでしょうか・・・。
雪を見ると
雪の中一人の男が山に帰っていった・・・。001
と、正やんの歌を口ずさんでしまいますね。

そんな正やんと、先輩こうせつさんのコンサートが1月19日
神戸の国際会館であります。
先日、以前から知っている方と飲んでいて
歌う歌が一緒で、正やんなのです。
そこで意気投合
コンサート行きませんかと・・・・!
で、一緒に行くことにしました。

君と歩いた青春のことをご存じなくて
とても悔やんでおられました。
なので、ご招待することにしました。
数十年を遡って、一つ違いのおじさんたちが
ノリノリのコンサートを楽しんできます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

UCCコーヒーアカデミー はじめてのコーヒーセミナー

ポートアイランドにあるUCCコーヒー博物館で行われるPc140035
http://www.ucc.co.jp/museum/
【UCCコーヒーアカデミー】はじめてのコーヒーセミナーに行ってきました。右の画像の中央が本社ビルで左手がコーヒー博物館です。
http://www.ucc.co.jp/academy/index.php
UCCコーヒーアカデミーは、
おいしいコーヒーを楽しむためにPc140004
年代を問わず誰もがコーヒーの知識や
技術を学べる専門のアカデミーです。
メインコースとして
・はじめてのコーヒーセミナー
・ベーシックコースPc140015
・プロフェショナルコースが用意されています。
今回は1000円での体験的コース
はじめてのコーヒーセミナーです。
定員は24名で、3ヶ月先までキャンセル待ちになっているようです。
まず、30分間の博物館の見学です。Pc140023
コーヒーの歴史(起源)、栽培、鑑定、焙煎、抽出、文化と
回廊状に展示がなされています。
喫茶室「Cofee Road」も併設されています。
事前に予約すれば1000円で焙煎体験も出来るそうです。
さて、セミナー室に戻り
講師の先生のデモンストレーションPc140007_2
そして、各自二人一組でコーヒーを淹れていきます。
サーバーとドリップを湯煎し
はかりに載せて、10グラムの挽きたての豆をいれます。
ニカラグアの豆でした。
そして、20ccのお湯を細口ポットで注ぎ、20秒蒸らす。Pc140008_2
今日は一度に140ccのお湯を入れ、あっさり目に淹れるそうです。
3度に分けて淹れる事もありますと、説明が追加でありました。
普段は後者ですね。
そして、テーブルの4人で
それぞれが淹れたコーヒーを試飲します。Pc140011_2
そしてメンバー交代、
合計4杯(ミニカップで)のコーヒーを味わいました。
同じ豆でも淹れ方、蒸らす時間、淹れる速度などによって
味が変わりますね。(と、わかったことにしておきましょう)
あと、講師の先生のアレンジコーヒーのデモがありました。Pc140012
マーマレードと練乳にオーレを加えて飲みました。
私はストレートコーヒーのほうがいいですが、
参加された女性陣は、一生懸命メモされてましたね。
参加費は1000円ですが、いい体験でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人身事故で振替輸送に

いつもどおりの帰りの電車、
ルミナリエの関係もあり普段よりもたくさんお人が乗った電車
六甲道について、人が降りたあとドアが閉まりません。
しばらくすると車内放送が
「立花・尼崎間で人身事故が発せしたため、発車出来ません」
まただ・・・。これから1時間かな?
周りのお客さんは、スマホで事故の場所を確認したりDsc01881
帰る方法を考えたりしている。
本を読みながら過ごそうかと思ったところ
「阪急・阪神で振替輸送の受け入れが出来ました」と放送。
阪神のほうが近いが、阪急の方が慣れているし、
家に近いのは阪急。
で、阪急六甲まで15分ほど歩くことに・・・。
前を歩いていたルミナリエ帰りの団体
「最初から阪急にしておけばよかった・・」と
こんなこと予想できませんよね。
来た快速急行はラッシュ並みの混雑でしたが、
乗り換えもスムーズにいき、我が家に帰ることが出来ました。、

我が家に着いて、テレビをつけるとテロップが
「JRが運転を再開しました」と・・・。
あらら・・・。これって待ってるほうが良かったのかな?
と思ったり、なかなか家までが遠かった帰り道でした。
http://www.asahi.com/articles/OSK201312110164.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜久野マルシェ 十割そば

実家に帰るのに車で六甲山を越えていきます。Pc080002
山へ向かうと正面には甲山が、
紅葉している姿が見えます。
さらに六甲山に近づくと
紅葉した山が間近に見えてきます。
天気がいいと、気持ちよくドライブできますね。Pc080006
外はかなり寒いのですが、車の中は快適
2時間のドライブの始まりです。

御昼前には実家の近くに・・・・。
夜久野は出石ほどではないですが、12
そばが有名で、道の駅に蕎麦屋があります。
夜久野マルシェといい、地元特産品も売っています。
タイミング良く1グループだけのお客さんでした。
十割そばのかけとざる
黒豆そばのかき揚げセット4
セットには炊き込みご飯と
地元のお漬物などが付いてきます。
器はこだわりがあって備前焼だそうです。
そばによく合っています。
地元の方でしょうか、Pc080009
お年を召した方がどんどん入ってきます。
ついに満席、外で待つ人が出てきました。
昼間しか営業していないそうで、ラッキーでした。

地元の方が自分たちで営業されています。6
高齢者が増える田舎の一つのモデルでしょうか。
雪に埋もれないこの時期が一番いいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KOBEルミナリエ 光の記憶

神戸ルミナリエに行ってきました。Pc070019
土日は17:00点灯です。
たくさんのバスが来ていましたから、
各地からお越しいただいているんでしょうね。
今年のテーマは「光の記憶」
忘れることのできないあの日。
神戸に輝く光の星空は、
かけがえのない記憶のかけら。Pc070033
ぬぐいされない悲しみと未来への希望が、
今も混在している。
光は、その記憶そのものだ。(作者からのメッセージ)

直線コースが少し短くなったような気がしますがPc070010
東遊園地はいつもの回廊
光のシャワーを浴びて
1995年1月17日に起こった出来事を
振り返り光のありがたさに感謝したいと思います。
暗い闇を照らし、新しい朝を、未来を迎えるために・・・。
そう思いながら、光の中を歩いてきました。

また、ここから胸を張って頑張りましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

伊勢正三「風のように生きて」終了しました。

デイリースポーツ紙上での伊勢正三の連載
「風のように生きて」が51話で終了いたしました。
9月3日から11月29日までの連載でした。
毎回楽しく読ませてもらいました。
これで阪神タイガースががんばっていると
スポーツ新聞の読み甲斐があったのですが、
9月に優勝戦線から脱落・・・・。
伊勢正三さん(正やん)のいろんな面が読み取れました。051
競馬のはなし、ギャンブルのはなし・・・面白かったですね。
当然、「なごり雪」から「ささやかなこの人生」などの
歌にまつわる秘話も楽しみでした。
いつかこれが本にまとまると
51話の切抜きを持っている私は、ニタッと微笑むでしょうね。

正やんがらみでは、次は1月19日の「ひめ風」コンサートです。
会場は地元神戸です。
意外なところで知り合った正やん大好き男性と行くことにしました。
先日もミニ忘年会から二次会で、お店でカラオケで
正やんオンステージをやってしまいました。
新しい年を粧やんで迎えましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プーシキン美術館展とルミナリエ

神戸市立博物館で行われている001
「プーシキン美術館展」に行ってきました。
http://www.city.kobe.lg.jp/
culture/culture/institution/museum/main.html

9月28日から12月8日までの開催で
終了間際になっていって来ました。
平日でも会場は超満員状態でした。
ルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」がチラシなっていますが、Dsc01867
印象派だけではなく、ロココ時代からの作品もたくさんありました。
個人的には「聖杯の前の聖母」などの
新古典主義、ロマン主義、自然主義の頃の絵がよかったですね。
「ユピテルとカリスト」もよかったです。

この市立博物館の北側の道路がルミナリエの会場になります。001_2
本日、12月5日から始まりましたが
私が行ったのは昼間、そして開会前でした
昼間明りがつかないと、何の変哲もないように思います。
これが夜になると・・・・16日まで開催されます。

また機会があれば、ルミナリエの様子はアップしたいと思います。Dsc01866
まずは明日の朝刊でご確認ください。
第19回目となるルミナリエ・・・。
また神戸に希望の光をともしてくれます。

http://www.asahi.com/articles/OSK201312050128.html?ref=com_top_photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「キャプテン・フィリップス」

11月29日に封切られた「キャプテン・フィリップス」を見てきました。Poster2
http://www.captainphillips.jp/
実際に2009年にソマリア海域で起こった
海賊船による貨物船人質事件を、映画化したもので、
ソマリアで海賊が横行する背景も描かれている。
主演は、トム・ハンクス
援助物資としての食糧を積み、ケニアに向かって航行するMain_df05219_large
コンテナ船マースクアラバマ号が、ソマリア海域で海賊に襲われる。
こんなことがありうるのかと思うぐらい大きさの違う船が
いともたやすく乗っ取られてしまう。
ベテラン船長リチャード・フィリップスが、いろいろと画策する。
やっとの思いで救命ボートに乗せて海賊を返そうとするが、Tokushu3_large
自分も一緒に乗せられてしまった。
そして海の上での海賊と狭い船内で過ごし、
米軍の救出を待つことになる。
命がけの緊迫した4日間が描かれていて、息つく暇がない感じです。
見終わっての感想は「ハードだった」。Tokushu2_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »