« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

映画「利休にたずねよ」

山本兼一氏の原作を読んでいたのでPoster3

見に行きたいと思っていた「利休にたずねよ」を観た。

ひと月以上たっているが、結構の人が入っていた。

時代劇であるから当然年齢は高い。

茶人・千利休の人生を描き、原作は直木賞を受賞

そして、歌舞伎俳優・市川海老蔵の主演で話題となり

さらに、20132月に亡くなった父、

市川團十郎との共演でも話題となった。Main_large

画面は、利休が切腹を迫られるところから始まり

茶道で上り詰めていくところを過去からさかのぼる。

後半、茶の道に入ることになる場面を回想し、

終盤、利休が大切にする香炉のいわれが明かされる。2shot_large

妻、宗恩(中谷美紀)の思いは・・・。

また、秀吉(大森南朋)との確執など・・・。

123分の映像ですが、退屈することはないです。

茶の師匠武野紹鷗を市川團十郎、織田信長を伊勢谷友介 

ほかに、大谷直子、柄本明、中村嘉葎雄などSub02_large

メンバーが豪華で良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New CD「A Live Celebration」MATT SAVAGE

2012年9月Kobe Modern Jazz Clubの17回ライブでKmjc20120901011

華麗なる演奏を聞かせてくれたマット・サベージが

全米で当日のライブ音源によるライブCDを出した。

この制作にかかわった「茶房Voice」の村田太氏のことを

1月26日の神戸新聞が取り上げていた。

1月14日発売のCD、当然我が家にはあります。

日本では「茶房Voice」でのみ販売しています。

定価2000円です 。

ライブ盤ですからマットの「ありがとうございました

私の名前はマット・サベージです」というS

日本語が本当に新鮮に聞こえます。

ベースは石川翔太、ドラムは竹田達彦のトリオです。

流れるようなピアノのWe Are Aliveで始まります。

私がライブ会場で聞いたHowler Monkeyは軽快でもあり、

猿の野生的な動きも音でよく表し

3部構成にして物語を作っている。

続くOur Townはしっとりとした感じでCDで蘇っています。

(全部をライブ会場では聴いていませんでした)

スタンダードをモチーフにしたThe Session Suite

も新鮮で良かった。Matt001_2

ライブ盤ありながらクリアーな音で聴くことができる

これは誰のこだわりでしょうか。

そして、ケースの中のCDをとると、

見てはいけない世界がそこに広がります。

・・・それって何?何?と思われる方

ぜひCDを購入してご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「永遠の0」

話題?の映画「永遠の0」を観てきました。
http://www.eienno-zero.jp/index.html
百田尚樹さんの原作で文庫本だけでも300万部を突破している。
映画は2013年12月21日に封切られ、初日二日間で43万人を動員。
1ケ月もたつとさすがに落ち着いているが、
そこそこ入っていた。Main_large
映画の内容の前に・・・
自分の決められて席に行くと先客の女性が
「私の席はここなんですが・・・。」というと
「窮屈で観るよりいいでしょう・・・。」と
確かに回りを見ると席はいくつか空いていた
ので、一つ空けて手前に座った。
しかし後から人が来るたび、気になって仕方がない。
最初に「その席は私の席なので、3_large
あなたが空いているところを探せば・・」と
言えばよかったのでしょうと思いながら、始まるのを待っていた。
予告編が終わり、本編が始まった。
彼女は、自分の荷物をまとめ、
私の前を「ごめんなさい」と言いながら通っていく。
どこか席を替わるのかなと、まだ善意に思っていたら
そのまま出て行きます。要は、映画を間違えていたのです。
と、長い前置きで「永遠の0」です。5_large
黒田官兵衛(岡田淮一)さんが出てきます。
戦争映画ですがとてもきれいです。
原作はすでに読んでいたので、内容は
「そうそう」と思い出だしながら観ました。
すでに見た友人も、原作を読んでいると楽だったといっていました。

祖父に当たる宮部久蔵(岡田淮一)のことを
孫の佐伯健太郎(三浦春馬)が姉の慶子(吹石一恵)と調べ始める。
臆病者、卑怯者と言われる祖父であったが、調べを進めていくうちに
「生きて帰る」という思いから、いろいろなことがわかってくる。
妻松乃(井上真央)と生まれたばかりの娘清子6_large
その写真を大切に、無駄に死んではいけない。
待つ人を悲しませてはいけないと、自分だけではなく
部下たちにもそう教えていく。
そして、今の祖父賢一郎(夏八木勲)と宮部との関係を知る。
戦争を美化しているとか、零戦のことを正しく伝えていないとか
いろいろな酷評もある。それは観た人が判断すればいいことだろうと思う。
命をかけないといけないような場面で
人はどうできるか、そんなことを考えさせてくれる。
戦争の経験がない我々にとって
それがリアルではなくても、戦争は良くないと思わせてくれれば
それだけでも意味がるように思う。Sub_large
祖父役の夏八木さんは昨年5月に他界されています。
いい演技をされていると思いました。
エンドロールにも他界されたことが紹介されていました。
話題になった桑田さんの曲もよかったと思います。
さて、見たあなたはどうのように思われましたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひめ風コンサートレポート

神戸国際会館で行われた「ひめ風コンサート」に行ってきました。001
かぐや姫のこうせつ、正やん、そして風の正やんのコンサート
「君と歩いた青春」のコンサートの後にチケットを取って
4ヶ月待ってのコンサートです。
会場は平均年齢の高い、青春時代をもう一度という
熟年男性、熟年女性の集まりでした。
17:05、波の音とともにコンサートが始まりました。
「遥かなる想い」でコンサートの幕があがりました。
正やんはブルーのチェックのブレザー、こうせつは黒のブレザーで
ひめ風のネーミングの説明
やはりMCのリーダーはこうせつが
こうせつが「こんばんは!」
正やんは「こんにちは!」でスタート
「会場のみなさんのホッカイロになりたいです」と笑わせてくれます。
そして若かりしころ付き合っていた人のことを思いだしてください!っと
続いて「青春の傷み」
「アビーロードの街」・・・青山の街を見て
ビートルズのアビーロードのレコードジャケットから
こんな街なんだろうと、題名がついたと
かぐや姫ザードに入ってました。B面に「神田川」がありましたと紹介
ここで「正やん!」の掛け声が・・・・
正やん「一応がんばってます」と返します。
須磨水族館に「竜宮のつかい」という深海魚がいるという話
そこから無理やり海につなげて「海岸通」
この季節にあった歌「雪が降る日に」
こうせつは「何でも受け入れます」
正やんは「一度疑ってみます」・・それは拓郎と同じだね・・・と
サマーピクニックに必ず参加した話などがあり
会場を巻き込んでの合唱からあの名曲「神田川」
ここで一度はけて、椅子が登場し
こうせつが「関じゃに」のように踊って歌えませんが
座ったり立ったりで・・・座って歌いますと
「100マイル」や「サウンド・オブ・サイレンス」を懐かしんで歌ってました。
昨日のNHKの「SONGS」でも流れた「好きだった人」
こうせつは初めて東京、新橋でナポリタンを注文しようとして「イタリアン」といったエピソードを披露。正やんのワインへのこだわりも披露。
そしてのりのりの「うちのお父さん」・・・たって踊る人がいましたね。
次は正やんが「ボトルネック」を引いて「赤ちょうちん」
こうせつが「つい最近正やんの唄が映画になったよね」と言い
「もう10年前ですよ、時がたつのは早いですね」と・・・
「22才の別れ」が歌われました。
ここでそれぞれが一曲、こうせつがはけて
正やんはイルカに送った「雨の物語」を
こうせつは白いシャツで登場して、島倉千代子さんのために作った「からたちの小路」を島倉さんとのやり取りを紹介して熱唱
続いて「SONGS」でも紹介された正やんの初作曲
「なみだは海へ」
さらに、「なごり雪」・・・こうせつが「誰のこと思って作ったんだろうな?」と
そしてのりのいい「あの人の手紙」
さらに全員がスタンディング、一体となって
「ささやかなこの人生」・・・・これがラストの曲でした。
正やんのギターソロが良かったですね。
これで終わるわけがない
まずはスタンディングのまま「海風」
続いて立ったまま聞いてもらう歌ではないがといいながら「妹」
本当に最後は「また会うその日まで」をみんなで歌いながらの
「おもかげいろの空」でコンサートは終わりました。
あっという間の2時間半でした。
正直、タイムスリップをし、イントロを聴いただけでうるうる来るものがありますね。
素敵な時間で、明日からのパワーをもらいました。
9月27日には大阪で「サマーピクニック」があります。
どんなステージになるんでしょうか・・・・。

ひめ風コンサート、2月1日は奈良であります。
楽しんでくださいね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

映画「マイヤーリング」

何かいい映画がないかなと探しているとPoster2
オードリー・ヘプバーンの映画があった。
昔の映画を日替わりや
週替わりでやっているのかなと思ったが、
日本劇場初公開ということだったので見に行くことにした。
題名は「マイヤーリング」
http://www.mayerling.jp/Mayering_sub01_large
時代は1880年代、オーストリア=ハンガリー帝国の
皇太子ルドルフは、17歳の男爵令嬢マリーと出会う。
自分の近寄ってくる者はみな
金や地位などの下心を持っていると思っていたが、
マリーは違っていて、二人は運命的な恋に落ちる。Mayering_sub02_large
地位も捨てて恋を取ろうとするドルフとマリーの
恋物語が描かれていて、画面は決してきれいではないが、
作り方がシンプルで、わかりやすく
懐かしさとともに新鮮さを感じる。
時間も75分と短めですが、楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梁瀬(山東町) MR.MasaCOFFEEの冬のランチ

実家へ帰る途中、MR.MasaCOFFEEへよってランチを食べました。
http://r.goope.jp/mr-masa-coffee
北面に積もった雪は、融けずにまだ残っているところがあります。
ランとメニューは0112masa_1
自家製ミートドリア
ホワイトソースのドリア
ショートパスタ  で
ホワイトソースのドリアにしました。
今日はサーモンとほうれん草です。0112masa_6
アツアツで、ゆっくり雑誌などを見ながらの食事です。
そして、食後はホット珈琲です。
テーブルの上に、ドリンクセットは
ブラジル・エルサルバドル・ガアテマラ・モカシダモ
からお選びくださいと書かれています。0112masa_7
ストレート珈琲が頼めるということで、
ガアテマラを頼みました。
セット料金は1000円です。お得です。
ソファー席、テーブル席、カウンター席とあり
全部で40席ほどあるのでしょうか・・・。0112masa_14
お店の情報(HPより)
店名 Mr.MasaCOFFEE
住所 兵庫県 朝来市山東町矢名瀬町 917-1
(Toyodaの駐車場の横にあります)
電話番号 079-670-71660112masa_4
営業時間 08:00~20:00
モーニング 8:00~11:00
ランチタイム 11:30~14:00
ラストオーダー 19:30
定休日 水曜日、不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ソウルガールズ」

本日封切の「ソウルガールズ」を見てきました。Poster2_2
http://soulgirls.jp/
オーストラリアの先住民族アボリジニを扱った映画で
実際にあった話だそうです。
黒人という人種差別の実際を知らされる映画でもあり、
それを乗り越えてがんばろうとする
4人組女性ボーカルグループの話しです。Main2_large
二人の姉妹(ゲイル、シンシア)がオーディションを受ける。
そこにジュリーも反対を押し切って参加する。
その会場に自称ミュージシャンのデイヴがいて
三人にソウルミュージックを薦める。
さらに、アボリジニでありながら色白のためSub1_large
白人の中に同化しようとしていたケイも加わり
4人のグループ「サファイアズ」が出来あがる。
そして、ベトナムの戦線へ慰安に行く・・・・。
その出来事が素敵な音楽ととも展開される。
92分と少し短めですから、あっという間の展開です。Sub2_large
人種差別については考えさせられますね。
ほのぼのとする映画でもあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

十日えびす(西宮神社)

我が街西宮には、西宮神社がる。
各地にある「えべっさん」の総本社
http://nishinomiya-ebisu.com/index.html
今年も明日9日が宵えびす、10日が本えびす、11日が残り福です。
10日は6時開門で、今年の福男が選ばれます。
話題になり、テレビでの中継放送も始まり、
どんどん過熱してしまい、今では事前に
先着1500名を受付し、抽選で
Aブロック108名、Bブロック150名を決めています。

阪神西宮駅が一番近いのですが、Dsc01945
JR西宮駅にも看板があがっています。
JRさくら夙川からも歩くことができます。
阪神西宮駅から西宮神社まで、
商店街や道路が参道と化します。
震災前の商店街の姿はなくなりましたが、Dsc01946
多くの屋台が出て、活気にあふれています。
この一年の商売繁盛を願って
福を授かりに来られてはいかがでしょうか。

交通規制もされますので、以下を参考にして下さい。
http://nishinomiya-ebisu.com/ebisu/kisei.pdf

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20th Kobe Modern Jazz Club Live のご案内

Kobe Modern Jazz Clubが毎年3月と9月に行っているLIVEの
3月の内容が茶房Voiceで公開されています。
http://www.jazz-voice.biz/14_03_01live
第20回目のライブとなります。
日時:2014年3月1日(土) 16:00開場 17:00開演です。
場所はいつもの中華会館
チケット代は、これもいつもどおり1000円です。

今回は「Plays Argentine」というタイトルで
アルゼンチン出身のタンゴからジャズまでこなすベイシスト
ペドロ・シラウド(Pedro Giraudo)を招いての
11名によるビッグな編成になっています。
奥村美里(Pf)、竹田達彦(Ds)、小林充(As)、浅井良将(As)El_viaje_pedro_giraudo
高橋知道(Ts)、古谷光広(Bs)、広瀬未来(Tp)、築山昌広(Tp)
大島一郎(Tb)、デビット・ボイル(Tb)という編成です。
いつもの中華会館のあのステージに載るのでしょか?
チケットは茶房「Voice」078-334-3668へお電話か
次のメールアドレスへメールしてください。
Kobemodernjazzclub@gmaile.com

事前にペドロ・シラウドのCDを購入しました。
「El Viaje」といいます。1450099_545152978892099_1739422500_
これも10人を超える編成のオーケストラでした。
ペドロ・シラウドもついては、以下のURLで・・・
でも、英語ですので翻訳してください。
http://www.pedrogiraudo.com/index.php?news

右のようなチラシもあります。
このライブツアーの中の一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のごあいさつ 今年もよろしくお願いいたします

2014年、新しい年を迎えました。
昨年、父親がなくなり、義理の妹のところでは
義理のご両親がなくなり、静かに新年を迎えました。
「あけましておめでとうございます」というあいさつは避けて・・・。
とはいえ年に一度のことですから、
元旦には、嫁の実家で孫5名が揃い、
蟹を囲んでみんなで新年を迎えました。P1030001
翌日は我が家でひっそりとトマト鍋
そして今日は我が家の全員がそろい
焼肉となりました。
肉は「やまがき畜産」で購入
そして、かなり前にいただいていた赤ワインを
美味しくいただきました。P1030008
さらに食後には西宮北口、EIJI NITTAのケーキを
珈琲は元旦に仕入れたブルマンブレンドで・・。

今年初めてのブログですが、
地道に少しずつ書いていこうと思います。
いつも見ていただいている皆さん、
今年もお付き合いよろしくお願いいたします。

携帯からでもコメントが残せますので
ぜひコメントを書き込んでください。
それでも無理ならば・・・メールでお知らせください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »