« ひめ風コンサートレポート | トップページ | New CD「A Live Celebration」MATT SAVAGE »

映画「永遠の0」

話題?の映画「永遠の0」を観てきました。
http://www.eienno-zero.jp/index.html
百田尚樹さんの原作で文庫本だけでも300万部を突破している。
映画は2013年12月21日に封切られ、初日二日間で43万人を動員。
1ケ月もたつとさすがに落ち着いているが、
そこそこ入っていた。Main_large
映画の内容の前に・・・
自分の決められて席に行くと先客の女性が
「私の席はここなんですが・・・。」というと
「窮屈で観るよりいいでしょう・・・。」と
確かに回りを見ると席はいくつか空いていた
ので、一つ空けて手前に座った。
しかし後から人が来るたび、気になって仕方がない。
最初に「その席は私の席なので、3_large
あなたが空いているところを探せば・・」と
言えばよかったのでしょうと思いながら、始まるのを待っていた。
予告編が終わり、本編が始まった。
彼女は、自分の荷物をまとめ、
私の前を「ごめんなさい」と言いながら通っていく。
どこか席を替わるのかなと、まだ善意に思っていたら
そのまま出て行きます。要は、映画を間違えていたのです。
と、長い前置きで「永遠の0」です。5_large
黒田官兵衛(岡田淮一)さんが出てきます。
戦争映画ですがとてもきれいです。
原作はすでに読んでいたので、内容は
「そうそう」と思い出だしながら観ました。
すでに見た友人も、原作を読んでいると楽だったといっていました。

祖父に当たる宮部久蔵(岡田淮一)のことを
孫の佐伯健太郎(三浦春馬)が姉の慶子(吹石一恵)と調べ始める。
臆病者、卑怯者と言われる祖父であったが、調べを進めていくうちに
「生きて帰る」という思いから、いろいろなことがわかってくる。
妻松乃(井上真央)と生まれたばかりの娘清子6_large
その写真を大切に、無駄に死んではいけない。
待つ人を悲しませてはいけないと、自分だけではなく
部下たちにもそう教えていく。
そして、今の祖父賢一郎(夏八木勲)と宮部との関係を知る。
戦争を美化しているとか、零戦のことを正しく伝えていないとか
いろいろな酷評もある。それは観た人が判断すればいいことだろうと思う。
命をかけないといけないような場面で
人はどうできるか、そんなことを考えさせてくれる。
戦争の経験がない我々にとって
それがリアルではなくても、戦争は良くないと思わせてくれれば
それだけでも意味がるように思う。Sub_large
祖父役の夏八木さんは昨年5月に他界されています。
いい演技をされていると思いました。
エンドロールにも他界されたことが紹介されていました。
話題になった桑田さんの曲もよかったと思います。
さて、見たあなたはどうのように思われましたか?

|

« ひめ風コンサートレポート | トップページ | New CD「A Live Celebration」MATT SAVAGE »

コメント

はじめまして。映画観ました。
戦場にいた兵士の方は言葉には決してだせなかった「生きてかえりたい」誰もが思っていた事だと思います。
数多い、本や映画情報を楽しみにしています。

投稿: k | 2014.01.27 22:46

Kさん、はじめまして・・・。
永遠の0、見られましたか。
思っていても言えない時代だった戦時中
そして今は、言ったもの勝ちのようなところがありますね。
人としての謙虚さって必要ですよね。
またブログにおいでください。

投稿: fujisan | 2014.01.28 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/58998605

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「永遠の0」:

« ひめ風コンサートレポート | トップページ | New CD「A Live Celebration」MATT SAVAGE »