« シダレザクラの道 | トップページ | 映画「サクラサク」 »

映画「それでも夜は明ける」

アカデミー賞で話題になった「それでも夜は明ける」を観ました。

http://yo-akeru.gaga.ne.jp/Poster2

監督はあのスティーヴ・マックィーン

ブラッド・ピットが終盤大きな役割を担って登場します。

自由な身分をもつ黒人(自由黒人)でありながら、

ある日突然、理由なく拉致され、12年間もの間、

南部で奴隷として暮した男の実話が衝撃的に描かれている。

主人公ソロモンをキウェテル・イジョフォーが好演している。

 

東部で自由証明書を持つバイオリニストの黒人がMain_large

白人に騙され拉致される。そして南部へ送られ、

別名を与えられ、奴隷社会の中で売買され

奴隷としての12年間を過ごす。

実際はもっとすごいのだろうが、十分奴隷社会における

人としての扱いを受けなかった黒人の様子が分る。Sub3_large

見るに堪えないような思いになるが、

このような映画が、当のアメリカで評価されたことが

時代なのかと思わせる。

134分と少々長めですが、全然気にならず引き込まれました。

|

« シダレザクラの道 | トップページ | 映画「サクラサク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/59476506

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「それでも夜は明ける」:

» 「それでも夜は明ける」 [ここなつ映画レビュー]
「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)の悲しみ、怖れ、足掻き、などが胸を打つ。だが、この違和感は何なのだろうか?騙されて奴隷、といっても…。それまで自由人であった事実が落差の激しさを表してはいるものの、アフリカの故郷から突然連れて来られた、という、多くの日本人の歴史認識としてあった奴隷とは異なる立ち位... [続きを読む]

受信: 2014.04.22 15:05

» 『それでも夜は明ける』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ、ブ...... [続きを読む]

受信: 2014.05.01 08:21

« シダレザクラの道 | トップページ | 映画「サクラサク」 »