« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

映画「ワン チャンス」

321日に公開されたが、観る機会を逃していたPoster2

「ワン チャンス」を観ることができた。

http://onechance.gaga.ne.jp/

オペラ大好き少年が夢見たオペラ歌手になるという

サクセスストーリーなんです。

イギリスの人気オーディション番組での優勝をきっかけに、

一夜にして携帯電話の販売員から世界的オペラ歌手となった

ポール・ポッツの半生を映画化したもの。

今ひとつぱっとしない容姿のケータイ販売員163885_2

ネットで知り合ったジュルズとお互い恋に落ちる。

ポールの夢を支えるジュルズと

励まし合いながら夢を追いかける。

夢が近くまで来ると、事故などのトラブルが起こる。

また夢をあきらめかける・・・。

その繰り返しである。そして、最後のチャンス・・・。163885_5

素敵な歌声がスクリーンの中を駆け巡る。

「誰も寝てはならぬ」「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」

「オー・ソレ・ミオ」等おなじみの曲も聞くことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「チョコレートドーナツ」

予告編で気になっていた「チョコレートドーナツ」を観てきました。

http://bitters.co.jp/choco/Poster2

524日に封切られたばかりなので

8割以上の入りでした。そして女性が多い。

ダウン症の少年とゲイの二人が

少年のために司法と戦うという内容。

マルコ少年は母親と二人暮らしであるが、

彼はダウン症であり、理解力が不臆している。

母親は薬物中毒で警察に捕まってしまう。Main_large

一人になったマルコは、施設に保護されるが、

抜け出して戻ってきてしまう。

そして、隣に住むゲイのルディに助けられる。

ルディには店で知り合った弁護士のポールがいた。

ルディはポールの知識を借りながら、Sub4_large

マルコを手元に置いて育てようと画策する。

うまくいっているように見えるのだが、

ゲイに対する社会的偏見が二人に試練をもたらす。

マルコはルディに眠るときに話をしてもらう。

魔法使いのマルコ少年が、ハッピーエンドになる話。Sub3_large_2

しかし、最後そうはならなかった。

アメリカの司法取引も背景にありますね。

意外な結末で終わる。違う終わり方もあっただろうに。

考えさせられる映画です。

これに近い話が、身の回りにないだろうか・・・。Sub2_large

親よ、母親よ、しっかりしようよと言いたいですね。

(自分にもね)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

880円の喫茶店、椿屋珈琲店

東京で美味しいコーヒーが飲みたいとDsc02289

以前行った「大坊」を青山で探したのですが、

分かりませんでした。

ところは新橋、駅前で椿屋珈琲店の看板を・・。

都内をはじめ、たくさんの店があるようですし、

珈琲専門店というのが気に入りました。Dsc02296

「椿屋珈琲店 新橋はなれ」といいます。

階段を上がった二階にあり、

結構広い店内でした。

珈琲はサイフォンで淹れてくれます。

ゆったりとした感じの大人の店という感じです。Dsc02293

ただ、

ブレンドコーヒーが880円というのは

いい値段でした。なかなかやるなー東京・・・。

あっさりとした味で、Dsc02291

おかわりもと思えば追加300円です。

椿屋珈琲店

http://www.towafood-net.co.jp/cafe/tabid/79/Default.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松居慶子「SOUL QUEST」ワールドツアー2014

2年半ぶりの松居慶子さんのライブが名古屋・大阪・東京で行われました。

大阪は522日ですが、関西に不在。Dsc02339

東京が23日、なんと私は東京にいるのです。

ということで、東京のチケットをゲット。

席はA列でした。

場所は六本木の「EXシアター六本木」

以前2カ月六本木にいたことがありますが、Dsc02344

当時の面影はほとんどないですね。

麻布署ぐらいでしょうか・・・。

 

デビュー25周年、最新アルバム「Soul Quest」を発表!

最初の曲は「DREAM SEERKERDsc02349

続いて「BLACK LION」と最新アルバムの曲が続きます

Forever,Forever」が懐かしさを感じさせてくたあと、

「アランフェス協奏曲」から

MIDNIGHT STONE」へとつながりました。

今日のゲストとしてギターの「チャック・ローブ」が紹介され、

2曲目には「PROOF」が演奏された。

二人目のゲストとしてサックス奏者「カーク・ウェイラム」が紹介された。

I'll Be There」で観客を乗せてくれ、「I'll Be There」の大合唱となりました。

私のお隣さん、カークの知り合いだったようなのです。

感激して涙もので聞いておられました。

 

アルバムのタイトル曲SOUL QUESTが演奏され、Dsc02358

アルバム「SAPPHIRE」から「SAFARI

ここでステージから、素敵なプレゼント

「次の曲は携帯、写真OKです」という声で

始まった「STINGO」・・・・

ステージ上の背景にも凝っており、

最高列や上に階から見ていると蛍のようだったと

・・・・ツイッターに書かれていました。

このときだけは最前列であることを残念に思いました。

キーボードの陰で見えなかったのです。Dsc02366

うまく撮れていませんが、ステージ上の姿をアップします。

 

さらに「ANTARCTICA-A CALL TO ACTION」が続き

これが最後の曲と

A NIGHT WITH CHA CHA」では、会場も巻き込んでまた盛り上がりました。

アンコールに応えて、ソロ「Deep Blue」で終了しました。

終了後、「サイン会」でサインをいただきました。

小倉智昭さんを見かけました。81ckuifzeml__aa1500__2

小倉さんからのお祝いの花が飾られていました。

客席も楽しませてもらいましたが、

身近で見る松居さんが

本当にうれしそうにされているのが印象的でした。

演奏者だけでなく、裏方のスタッフも紹介し、拍手が送られた。

またCDをゆっくり聞きましよう。

Youtubeにもたくさんの動画ありますから、見てください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「とらわれて夏」

51日から公開されている「とらわれて夏」を観ました。Poster

http://www.torawarete.jp/ 

夫とうまく行かなくなり、離婚したアデル。

母親を心配して、ヘンリーは母親についてきた。

母親のうつ病をを心配しながら二人の生活は続いていた。

そんなある日、買物に出た母子は脱獄犯のフランクと出会う。

フランクは殺人事件を起こし服役中であったが、

病院から抜け出し、追われていた。Subsub3_ld02139_large

そんなフランクの優しさ、男らしさに

子供は父親を感じ、母や男を感じていく。

共に過ごした5日間から、知らない土地へ行って

3人で新しい生活を始めようと計画する。Subsub1_ld03422_large_2

しかし、・・・・・。

どうなるのか?とドキドキしながら見る場面が多かった。

最後どのようにして終わるのかと思ったが、Sub2_ld03605_large

数十年後の姿はアメリカ的でしたね。

 

何度も流産した女性が、男を感じ新たな旅立ちをしようとします。

息子はフランクに対してどう思っているのか Sub1_ld03295rcc_large

彼の行動がなぜと思わせる点がいくつかある。

フランクの起こした殺人、それまでの経緯が

フラッシュバックのように画面上に現れる。

難しい画面展開でしたが、終わってみるとSubsub2_ld02594_large

「そうなんだ」と思わせてくれます。

手作りの「ピーチパイ」がいい役割をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

甲子園4連勝、阪神連敗脱出

夏を感じさせる天気の中 P5110015

甲子園に行ってきました。

今日は対読売戦。

メッセンジャーと菅野の投げ合いです。

マートンが体調不良のため

田上が先発でレフトを守りました。

始球式では、兄貴金本が久々にグラウンドへ。

兄貴の登場とともにスタンドが湧きました。P5110022

まだまだ影響力がありますね。

さて、試合は2回の裏

ゴメスが、ライトへのヒットで出塁し

続く今成がレフトへヒット

期待された福留はサードフライに終わりましたが、

続く鶴岡がセンターへのタイムリーヒットでP5110025

1点を先取しました。

6回に坂本にレフト前のヒットを打たれるまでは

先発メッセンジャーは、ノーヒットでした。

内野ゴロばかり打たせて、

頑張り最後は完封しました。

その後はお互い点が取れず、1対0で読売に勝ちました。P5110060

点はなかなかとれませんでしたが、

1点を守りきるのも凄いね。

今日のような調子で、勝ちを積み上げていきましょう。

福留さん、頑張ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「この空の花」を見ました。

大林宣彦さんの映画「この空の花」を見ました。P5060002_2

http://konosoranohana.jp/index.html

月に一度の映画会の特別企画です。

大林さんの講演もありましたが、

時間の関係で聞けませんでした。

さて、映画ですが、

新潟県長岡市を舞台にした人間ドラマ。

地方紙記者の玲子(松雪泰子)が、昔の恋人片山(高嶋政宏)から、

教え子の生徒が創作した「まだ戦争には間に合う」という名の舞台と

花火を見てほしいと手紙で伝えられた。

東日本大震災の被災者を迅速に受け入れた同地の様子を見たいと現地入りする。

市内を回る中で不思議な出来事やいろいろ人々に次から次へと遭遇する。

2次世界大戦の空襲から中越地震から、水害から立ち直ってきた

長岡の歴史とその姿を見る。

戦争というものを考えさせ、「まだ間に合う」ということを訴えかけている。

山下清の「世界中の爆弾が花火に変わったら

きっとこの世から戦争はなくなる。」っていい言葉ですね。

高嶋さんのイメージがちょっとという感じでした。

そして、台詞が早すぎる。早送りかと思わせるような感じでした。

160分もあるのですが、最初から戸惑いました。

カメラに語りかけるなど、大林さんの狙いかなとおもいますが、

結構年配の方が多く、戸惑われたのではないかと思います。

どちらかというと若者に戦争を考えさせる映画ですね。

実はこの映画を見たかったのは、Original

「なごり雪」を作った監督であり

伊勢正三が主題歌を歌っていることが大きな原因です。

「それは遠い夏」、最後の最後に流れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16th高槻JAZZ STREET 2014

今年も53日、4日とJR高槻、阪急高槻市の周辺を会場にBook

高槻JAZZSTREETが開催されました。

昨日は予定があったので、今日4日に行きました。

ただ、夜に予定があったため、

3時から6時までの3時間だけ。

54会場あるのですが、一箇所でゆっくり聴きました。

場所は生涯学習センター、

3時からは「菊池ひみこ&The BEAM」の10名バンドP5040001

4時からは「西村有香里カルテット」

5時からは「フィリップス・ストレンジトリオ」

実はこの後の「とびだせジャック」を聞きたかったのですが、

これは仕方なく、家でCDを聴くことに・・・。

大編成バンド、サックス、ピアノトリオとP5040012

違うバンドが聴けてよかったですね。

会場はゆっくり座って聴けるため、満員で

入替制ではないので、出た人分だけ入ることになります。

ビッグバンドは鳥取ジャズの紹介をされていました。

西村カルテットは昨年11月に出されたアルバムからでした。P5040010

最後のフィリップストリオは、スタンダード曲が多く

さすが、心得ているなという感じでした。

高槻JAZZSTREET

Tシャツの売り上げやカンパでまかなわれています。

会場でのカンパや出演者へのカンパなど・・・・P5040021

決められたチケット代などありません。

これが長続きの訳でしょうか?

ボランティアの皆さん、ご苦労様でした。

とてもスムーズな会場運営でした。

そして、聴衆の皆さんの聴く態度もよくなっていますね。P5040018

Eぞうさんに教えていただき参加してから

もう何年になるんでしょう。

昨年は不幸があり行けず、今年も半日だけ、

来年はゆっくり聴きたいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「8月の家族たち」

今日は映画の日、1,100円で見ることができます。Poster
増税後1,100円になっています。
時間がうまく合うのはと思い考えて
8月の家族たち」を観ることにしました。
Tさんは「アナと雪の女王」だったかな?
418日公開でしたから、まだたくさんの観客でした。
女性が多かったですね。
物語はアメリカの片田舎…40度を超す暑いところ
3人娘がそれぞれ出て行き、アルコール中毒の元教師と347843view005
薬中毒のその妻がひっそりと孤独に暮らしている。
ある日、夫が家を出て死んで見つかった。
葬儀のために娘たちとその夫や子供が集まる。
妻の妹も夫とともにやってくる。
それぞれが家族としての思いを胸に秘めている。
母親は夫の死と薬によって、家族に対して攻撃的になる。347843view001
明かされる人間関係から家族がバラバラになっていく。
最後は・・・・・どうなるのかは、観た人に任されます。
母親のバイオレットをメリル・ストリープが
長女バーバラをジュリア・ロバーツが演じている。
涙を誘うようなものではないが、
考えさせられることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »