« 16th高槻JAZZ STREET 2014 | トップページ | 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 »

映画「この空の花」を見ました。

大林宣彦さんの映画「この空の花」を見ました。P5060002_2

http://konosoranohana.jp/index.html

月に一度の映画会の特別企画です。

大林さんの講演もありましたが、

時間の関係で聞けませんでした。

さて、映画ですが、

新潟県長岡市を舞台にした人間ドラマ。

地方紙記者の玲子(松雪泰子)が、昔の恋人片山(高嶋政宏)から、

教え子の生徒が創作した「まだ戦争には間に合う」という名の舞台と

花火を見てほしいと手紙で伝えられた。

東日本大震災の被災者を迅速に受け入れた同地の様子を見たいと現地入りする。

市内を回る中で不思議な出来事やいろいろ人々に次から次へと遭遇する。

2次世界大戦の空襲から中越地震から、水害から立ち直ってきた

長岡の歴史とその姿を見る。

戦争というものを考えさせ、「まだ間に合う」ということを訴えかけている。

山下清の「世界中の爆弾が花火に変わったら

きっとこの世から戦争はなくなる。」っていい言葉ですね。

高嶋さんのイメージがちょっとという感じでした。

そして、台詞が早すぎる。早送りかと思わせるような感じでした。

160分もあるのですが、最初から戸惑いました。

カメラに語りかけるなど、大林さんの狙いかなとおもいますが、

結構年配の方が多く、戸惑われたのではないかと思います。

どちらかというと若者に戦争を考えさせる映画ですね。

実はこの映画を見たかったのは、Original

「なごり雪」を作った監督であり

伊勢正三が主題歌を歌っていることが大きな原因です。

「それは遠い夏」、最後の最後に流れます。

|

« 16th高槻JAZZ STREET 2014 | トップページ | 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 »

コメント

「それは遠い夏」・・・まだ聞いていません。
聞こうと思えば聞けるのでしょうが保存してる・・です。
最後の最後に正やんは写ってないのですよね?
テロップのバックに正やんの歌声・・・ですかね?
映画もまだ見る機会がないようです(*_*;

投稿: ひとり静 | 2014.05.13 23:39

それは遠い夏、youtubeにもなかったですね。
正やんは出てきません。
ゆっくりとエンドロールの時に曲が流れます。
機会があれば、映画を見てくださいね。

投稿: fujisan | 2014.05.14 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/59597606

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「この空の花」を見ました。:

« 16th高槻JAZZ STREET 2014 | トップページ | 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 »