« 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 | トップページ | 松居慶子「SOUL QUEST」ワールドツアー2014 »

映画「とらわれて夏」

51日から公開されている「とらわれて夏」を観ました。Poster

http://www.torawarete.jp/ 

夫とうまく行かなくなり、離婚したアデル。

母親を心配して、ヘンリーは母親についてきた。

母親のうつ病をを心配しながら二人の生活は続いていた。

そんなある日、買物に出た母子は脱獄犯のフランクと出会う。

フランクは殺人事件を起こし服役中であったが、

病院から抜け出し、追われていた。Subsub3_ld02139_large

そんなフランクの優しさ、男らしさに

子供は父親を感じ、母や男を感じていく。

共に過ごした5日間から、知らない土地へ行って

3人で新しい生活を始めようと計画する。Subsub1_ld03422_large_2

しかし、・・・・・。

どうなるのか?とドキドキしながら見る場面が多かった。

最後どのようにして終わるのかと思ったが、Sub2_ld03605_large

数十年後の姿はアメリカ的でしたね。

 

何度も流産した女性が、男を感じ新たな旅立ちをしようとします。

息子はフランクに対してどう思っているのか Sub1_ld03295rcc_large

彼の行動がなぜと思わせる点がいくつかある。

フランクの起こした殺人、それまでの経緯が

フラッシュバックのように画面上に現れる。

難しい画面展開でしたが、終わってみるとSubsub2_ld02594_large

「そうなんだ」と思わせてくれます。

手作りの「ピーチパイ」がいい役割をしています。

|

« 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 | トップページ | 松居慶子「SOUL QUEST」ワールドツアー2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/59644627

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「とらわれて夏」:

» 「とらわれて夏」 [ここなつ映画レビュー]
こういう、言わばメロドラマ的な、ハーレクイン・ロマンス的なものをわざわざ映画館で観るのってどうなの?と思いながら、まあターゲットは間違いなく私(の属する属性)なのだろう、と思いつつ、劇場に行ってみたら、観客が男性ばかりなのに驚いた。たまたま、だとは思うけど。粗筋を。時代は1980年代。CDでもipodでもなくレコードをかけている所が時代の最後の名残を表している。アデル(ケイト・ウィンスレット)は夫と離婚し、一人息子ヘンリー(ガトリン・グリィフィス)と二人で暮らしている。元夫は再婚して新しい家庭を持ち... [続きを読む]

受信: 2014.05.26 12:39

« 甲子園4連勝、阪神連敗脱出 | トップページ | 松居慶子「SOUL QUEST」ワールドツアー2014 »