« 880円の喫茶店、椿屋珈琲店 | トップページ | 映画「ワン チャンス」 »

映画「チョコレートドーナツ」

予告編で気になっていた「チョコレートドーナツ」を観てきました。

http://bitters.co.jp/choco/Poster2

524日に封切られたばかりなので

8割以上の入りでした。そして女性が多い。

ダウン症の少年とゲイの二人が

少年のために司法と戦うという内容。

マルコ少年は母親と二人暮らしであるが、

彼はダウン症であり、理解力が不臆している。

母親は薬物中毒で警察に捕まってしまう。Main_large

一人になったマルコは、施設に保護されるが、

抜け出して戻ってきてしまう。

そして、隣に住むゲイのルディに助けられる。

ルディには店で知り合った弁護士のポールがいた。

ルディはポールの知識を借りながら、Sub4_large

マルコを手元に置いて育てようと画策する。

うまくいっているように見えるのだが、

ゲイに対する社会的偏見が二人に試練をもたらす。

マルコはルディに眠るときに話をしてもらう。

魔法使いのマルコ少年が、ハッピーエンドになる話。Sub3_large_2

しかし、最後そうはならなかった。

アメリカの司法取引も背景にありますね。

意外な結末で終わる。違う終わり方もあっただろうに。

考えさせられる映画です。

これに近い話が、身の回りにないだろうか・・・。Sub2_large

親よ、母親よ、しっかりしようよと言いたいですね。

(自分にもね)。

|

« 880円の喫茶店、椿屋珈琲店 | トップページ | 映画「ワン チャンス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/59716714

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「チョコレートドーナツ」:

» 「チョコレートドーナツ」結末は救いが無いが、光も見える [soramove]
「チョコレートドーナツ」★★★★ アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、 アイザック・レイバ、フランシス・フィッシャー、 グレッグ・ヘンリー 出演 トラビス・ファイン監督、 97分 2014年4月19日公開 2012,アメリカ,ビターズ・エンド (原題/原作:ANY DAY NOW) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「19... [続きを読む]

受信: 2014.06.06 09:31

« 880円の喫茶店、椿屋珈琲店 | トップページ | 映画「ワン チャンス」 »