« 21th Kobe Modern Jazz Club Live のご案内 | トップページ | 映画「サンシャイン♪ 歌声が響く街」 »

映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」

ウッディー・アレンが監督をしているのではなくPoster2

出演する映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」を観ました。

http://gigolo.gaga.ne.jp/

でも、ウッディー・アレンの映画という気がしましたね。

ウッディー・アレンは、不況で店の経営に頭を悩ませる

ブルックリンの本屋店主を演じています。

そして、同じく不況で苦しむ花屋の店主と

金もうけに男娼ビジネスをスタートさせる。

この花屋の主人をジョン・タートゥーロが演じている。349082_001

彼が監督し、脚本も書き、出演している。

男娼ビジネスは、なかなか繁盛するのだが、

ジゴロが客の未亡人に本当の恋をしてしまう。

さらに、ユダヤ教との絡みも出てきて、

笑うに笑えない映画となる。349082_003

流れる音楽はマイロマンスや

カナディアン・サンセットなど

SAXがいい音色を奏でていました。

711日に公開となった映画

90分という短い時間でもあり、349082_009

退屈しないで見ることができますが、

内容的にはそこそこ重たいものがあります。

|

« 21th Kobe Modern Jazz Club Live のご案内 | トップページ | 映画「サンシャイン♪ 歌声が響く街」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/60064807

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」:

« 21th Kobe Modern Jazz Club Live のご案内 | トップページ | 映画「サンシャイン♪ 歌声が響く街」 »