« 神戸・煉瓦倉庫「オールドスパゲティファクトリー」 | トップページ | 引き分けですが、ファイナルステージへ進出決定! »

http://tokokonats.exblog.jp/tb/20997097映画「レッド・ファミリー」

新聞などでよく取り上げられている映画Poster2

「レッド・ファミリー」を観てきました。

http://redfamily.gaga.ne.jp/

2014104日に公開されたもので、

ミニシアター系で上映されています。

北朝鮮の工作員が韓国で行い活動をテーマにし、

つながりのない4人の工作員が偽家族を形成し、

隣の韓国家族と絡んでいく物語。M0000000746_sub1_large

祖国に家族を残しているため

家族のために工作員として仕事を完遂しなければならない。

しかし、いろいろな問題が起こる。

母親役の班長のもと、父親役、主人役、娘役とSub2_large

4人がいろいろ問題を抱え、問題を起こす。

この偽家族を監視する工作員もいる。

アジトの主もいる。

怖い重たい話であるが、笑えてしまうところもある。Sub3_large

家族と生きるとは、人として生きるとは・・・。

考えさせられます。

平和な日本にいてみる映画です。

これを北朝鮮で見たら…ありえない話ですが。Sub4_large

イスラム国へ行こうとする若者がいる世の中ですが

今あるこの国を、考えてみてほしいですね。

中で流れる「アリラン」がいいですね。

26回東京国際映画祭観客賞を受賞しています。M0000000746_large


|

« 神戸・煉瓦倉庫「オールドスパゲティファクトリー」 | トップページ | 引き分けですが、ファイナルステージへ進出決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/60462793

この記事へのトラックバック一覧です: http://tokokonats.exblog.jp/tb/20997097映画「レッド・ファミリー」:

» 「レッド・ファミリー」(東京国際映画祭2013) [ここなつ映画レビュー]
東京国際映画祭コンペティション作品。コンペの中では恐らくこの作品が一番注目度が高かったんじゃないかな。観客の期待度も。そして見事に観客賞を受賞。泣く子も黙るキム・ギドクが脚本、プロデュース。北朝鮮の知られざる諜報活動をベースにした話、と言えば、そりゃあもう、東京国際映画祭よありがとう!と言いたくもなる。イムジン川のほとり、北と南の国境で、夫婦と兄妹の普通の4人家族がいかにも観光、という体裁で、写真を撮ったり食事を楽しんだりしている。しかし、彼らは南に潜入した北のスパイであり、ひとたび家庭(を装ったア... [続きを読む]

受信: 2014.10.30 13:08

« 神戸・煉瓦倉庫「オールドスパゲティファクトリー」 | トップページ | 引き分けですが、ファイナルステージへ進出決定! »