« 三宮 おばんざい「きまま屋」 | トップページ | 映画「紙の月」 »

映画「マダム・マロリー 魔法のスパイス」

映画「魔法のスパイス」を観た。Poster2
http://www.disney.co.jp/movie/spice.html
インドのムンバイでレストランを営むカダム家。
次男のハッサンは、名料理人の母から絶対味覚を受け継ぐ。
しかしある晩、選挙絡みの暴動によって店は全焼し、母親も失った。
失意の父は子供たちを連れてヨーロッパに移住し、
おいしい食材のあるところを求め イギリスからフランスへ、
そして 南フランスにある自然豊かな山間の小さな町にたどり着く。
車の故障で素敵な女性と知り合う 350060_002
町に着く手前で、売り家を見つける。
父親は、助けられた女性の出してくれた料理
そして、売りに出ていた家、そして亡くなった妻との会話から
ここで店を出すと宣言する。
しかし、向かいにはフランス料理のお店があった。1412156424123_3
このお店を切り盛りするのがマダム・マロリー・・。
夫に先立たれあとを一人で守っている。
インド料理対フランス料理 この二つのお店、
それぞれの店の人たちのかかわりが 物語を進めて行く。
コミカルな場面もありますが、 1412156424123
純粋に料理を愛する料理人の意気込みであったり
親と子の愛情であったり、温かい映画でもありました。
流れる「ラ・ビアン・ローズ」が効果を出していました。
122分ですが、退屈することなく楽しく見れます。
女性のお客さんが多かったですね。

|

« 三宮 おばんざい「きまま屋」 | トップページ | 映画「紙の月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/60659129

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マダム・マロリー 魔法のスパイス」:

« 三宮 おばんざい「きまま屋」 | トップページ | 映画「紙の月」 »