« 元町「KUU Curry」 | トップページ | 三宮 「元祖やさいカレー」の店 »

映画「モーターサイクルダイアリーズ」

月一の映画会で「モーターサイクルダイアリーズ」を見てきました。

伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの

若き日の旅路を描く青春映画で

南米大陸縦断の旅を通して、

ゲバラが自らの歩むべき道を見出していくさまがつづられている。

1952年。23歳の医学生エルネストと7歳年上の友人アルベルトは

ブエノスアイレスの自宅を出て、513p4fwzqml
南米大陸を中古バイクで縦断する旅に出発する。

まずエルネストの彼女チチーナが住む
ミラマールへ行き、甘い一時を過ごす。

いよいよ本番。バイクは何度も転倒し、故障するが、
彼らは理想に燃えて旅を進める。

国境を越えチリに入ると、金がなくなり寝場所と食料の確保に奔走。

アルベルトの口先八丁でうまくいくが、

正直なエルネストがごまかせず町から追い出される

さらに2人は牛の群れに突っ込んでしまい、バイクは修理不可能に。

ヒッチハイクでバルパライソを通過したあと、Mv33972l

灼熱のアタカマ砂漠をなんとかsるいて抜ける。

その中で移民労働者や地元の人々と出会い、
ラテンアメリカの厳しい真の姿を見た。

マチュピチュを訪れる場面もある。

そしてリマで、有名なハンセン病研究者、ペッシェ博士と出会い、

南米最大のハンセン病コロニーで働くことに。

ここでの生活がメインで流れる。Story_003

2人の物の見方に大きな変化が表れてきた。

そんな中、エルネストは24歳の誕生日を迎える。

そしてベネズエラのカラカスに着いた時、

2人が旅した距離は1万キロ以上に達していた。

 

ロバート・レッドフォード製作総指揮、2004年の作品で2時間7分です。

|

« 元町「KUU Curry」 | トップページ | 三宮 「元祖やさいカレー」の店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/60845957

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モーターサイクルダイアリーズ」:

« 元町「KUU Curry」 | トップページ | 三宮 「元祖やさいカレー」の店 »