« 新年のお酒は「獺祭」から | トップページ | 元町 おやじの台所 「えん」のオニチキカレー »

映画「ベイマックス」

20141220日に公開された映画、Poster2

「ベイマックス」を見てきました。

http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/baymax/

今年最初の日曜日、正月明けということで大変な人でした。

ディズニーの映画なので親子連れも多く、満員の状態でした。

最初、犬が登場?あれっと思うと、これは同時上映されている

短編アニメ「愛犬とごちそう」(6分)でした。

さて本編ですが、14歳の天才少年ヒロは孤独な少年です。Bm1_large

兄タケシに守られて暮らしていて、大学進学を勧められる。

兄の研究仲間の人たちや
ロボット工学の第一人者キャラハン教授と出会い、

感銘を受け、大学へ行くことをめざし、研究を始める。Sub1_large

しかし研究発表で起こった事故で教授と兄を亡くする。

事故のショックからヒロは殻に閉じこもってしまうが、

彼の前にタダシが人々の心と体の健康を守るためにSub2_large

開発したケアロボットのベイマックスが現れ、

そのおかげでヒロは少しずつ元気を取り戻していく。

兄の死の裏に巨悪が潜んでいることに気付いたヒロは、Bm2_large

兄のためにも戦おうと立ち上がる。

そして、兄の友達がヒロを助ける。

ヒロは兄の仇と思い、「悪」を殺そうとするが、

ベイマックスと兄の友達は殺すことに反対する。

そこでヒロは大切なことに気が付く。

そして、ベイマックスは・・・・。

人の命というものについて暖かく教えてくれます。

殺すか殺されるかという、戦争についても考えさせられます。

設定は現実から離れていますが、伝えようとすることは

この映画でも十分に伝わってきます。
エンディングに流れる「STORY」英語版(AI)が良かったです。https://www.youtube.com/watch?v=-q9jMraXeuw

|

« 新年のお酒は「獺祭」から | トップページ | 元町 おやじの台所 「えん」のオニチキカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/60922790

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベイマックス」:

« 新年のお酒は「獺祭」から | トップページ | 元町 おやじの台所 「えん」のオニチキカレー »