« 元町 Dining Okano ビーフ焼きめし | トップページ | 桜の開花宣言 »

映画「愛さえあれば」

先日、月一の映画会で「愛さえあれば」を観てきました。Poster
http://www.aisaeareba.jp/
2012年にデンマークで作られた映画で、
風光明媚な南イタリアを舞台に描く大人のラブロマンス。
少々コメディータッチに感じるところもありました。
デンマークに住む美容師のイーダは
乳がんの治療が落ち着き 再発を恐れながらも、
これからの生活に希望を持っていた。
そんな時、自宅で夫の浮気現場を見、心に深い傷を負う。 Main_large
イギリス人のフィリップは、妻の死から立ち直れず、
ひたすら果物の取引の仕事に打ち込む孤独な日々であった。
イーダは娘の、フィリップは息子の結婚式のために
空港まで急いでいた。そのとき二人の車がぶつかる。 Main2pbrosnanpsteentdyrholmmegelind
お互いの子が結婚相手と知り、
南イタリアのソレントで再会する。
そこはフィリップの農場で、
使っていなかった建物で 結婚式をする予定で、Pierce_brosnan_trine_dyrholm_boat_p
それまでのパーティーなどが行われた。
同じ時間を過ごすなかで、二人は惹かれあっていく。
一方、娘と息子はこの結婚に対する不安を持ち始める。
不倫相手とソレントに来た夫
パーティーの用意を手伝う人の中にゲイの人が・・・。Trine_dyrholm_micky_skeel_waterfron
いろいろな愛の形が描かれているような気がする。
最後は予想通りの展開にあるが、それまでもう一波乱・・・。
なお、DVDがすでに発売されています。

|

« 元町 Dining Okano ビーフ焼きめし | トップページ | 桜の開花宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/61333239

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「愛さえあれば」:

« 元町 Dining Okano ビーフ焼きめし | トップページ | 桜の開花宣言 »