« 鳴門の渦潮 | トップページ | 映画「マルタのことづけ」 »

映画「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」

5月30日から公開されている、ジェームス・ブラウンを取り上げた映画Poster2

「ジェームス・ブラウン最高の魂を持つ男」を観てきました。

http://jamesbrown-movie.jp/

伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生を
 
テイト・テイラー監督、ミック・ジャガー製作により映画化。

貧しい南部の家に生まれ育ったジェームス・ブラウン。

両親に捨てられ、叔母に引き取られたジェームスは、

教会で聞く音楽だけを希望に、孤独な少年時代を送る。Main_large

10代で窃盗により刑務所へ入ったジェームスは

慰安に来たゴスペルグループのボビー・バードと出会う。

ボビーのおかげで出所したジェームスは彼とバンドを結Sub1_large成。

ジェームスの才能は見事に開花する。

どんどんとビッグになるジェームスから人が去っていく。

そして、彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってしまう。

140分で描くには内容が多すぎるんでしょうね。Sub2_large

多くの内容が凝縮されていました。

ジェームス・ブラウンを知りにはいい映画だと思います。

Please Please Please」「I Can't Stand Myself

Night Train」「Try Me」「I Got The Feelin'Sub5_large
などなど・・・
いっぱい流れましたね。
サントラ盤も出ています。

http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/uicy15377



|

« 鳴門の渦潮 | トップページ | 映画「マルタのことづけ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/61742769

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」:

« 鳴門の渦潮 | トップページ | 映画「マルタのことづけ」 »