« 四日市の手羽先とトンテキ | トップページ | ハンドドリップの店「珈琲 ん」 »

映画「NO」

月一の映画を見てきました。Poster2

今月は、ガエル・ガルシア・ベルナルが主演「NO」、

85回アカデミーにノミネートされた社会派ドラマ。
http://www.magichour.co.jp/no/
1988年、ピノチェト政権への国際的な風当たりが強まる中、

ピノチェト任期延長の是非を問う国民投票の実施が決まった。

任期延長に反対する「NO」陣営は、Sub1_large

若き広告プロデューサーのレネを採用.

「YES」派はレノのボスを使う。
複雑に入り乱れた人間関係が

物語の展開を難しくする。Sub4_large

TVコマーシャルの作り方などは面白かった。

自由のために血を流さない革命を行った。

私たちの武器は手をつなぐこと、
それと「NO」と書く鉛筆。Sub5_large

118
分が短く感じました。

作品は2012年の作品ですが、

2014年日本では劇場公開されています。

|

« 四日市の手羽先とトンテキ | トップページ | ハンドドリップの店「珈琲 ん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/62140392

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「NO」:

« 四日市の手羽先とトンテキ | トップページ | ハンドドリップの店「珈琲 ん」 »