« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

カウンターが333374になりました。

キリ番を「333333」にセットしていましたが、333374
今見ると「333374」になっていました。
「333333」を踏まれた方、ご連絡ください。
9月29日の20時前後です。
お心当たりの方、ぜひ連絡ください。
画像保存とかしてあるといいのですが、
自主申告でお願いします。
次は「345678」ですから、また少しかかりますね。
我こそはと思われる方、コメントよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜久野マルシェ 10割そば

そばを食べたくなって実家の近くの20150926_11
夜久野マルシェに行きました。
道の駅「農匠の郷やくの」の近くで家庭的なお店です。
10割そばと季節がら栗ご飯を頂きました。
いっぱいになるくらいたくさんのお客さんでした。20150926_5
素朴な味の中で美味しいそば!
この近くは夜久野そばや出石そばなど
そばの美味しいお店がたくさんあります。
高中そばもありました。20150926_4
ぜひ、但馬・丹波のお越しの時には
そばを召し上がってください。
次回、栗ご飯が松茸ごはんに代わっていると
うれしいなと思うのは私だけで
採算に合いませんよね。20150926_10
http://yakuno-marushe.jimdo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

332604・・・・・もうすぐ「333333」です。

驚きです。カウンターがすごくたくさん回っています。332604_2
原因は「君と歩いた青春」のレポートかな。
コンサート前も、かなり以前のコンサートレポートに
アクセスいただいていたようですが、
昨日、コンサートの様子を速報で上げたのですが、
たくさんのアクセスやコメントもいただき
カウンターがたくさん回っています。
キリ番の目標にしていた「333333」が近づいてます。
今日のコメントに40代というのがありましたが、
ブログを始めたころが40代で
今はかなり50代を過ぎています。
ちなみに最初の投稿は
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2004/02/post.html
もう10年以上前になりますね。
長らくお付き合いをいただいているみなさん
本当に感謝です。
ぜひ「333333」を踏んでいただき、ご連絡をください。
かつて私も、キリ番をゲットして
ジャズピアニストの方にCDをいただいたことがあります。
何か心ばかりのものを考えようかなと思っています。
晴天のシルバーウィークから雨の木、金になりそうです。
我が阪神タイガースも1位2位が遠のいていきます。
こんな時こそ、素敵な目標を持って頑張りたいと思います。
いつもコメントをお待ちしております。
足跡を残してください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIVE「君と歩いた青春」2015コンサート報告

今日9月23日は待ちに待った
2年ぶりのコンサート「君と歩いた青春」Cimg3744
今年も伊勢正三こと正やんがプロデュース
出演はイルカ・太田裕美・尾崎亜美・杉田二郎・南こうせつ
今年はゲストとして谷村新司の名前が出ていた。
4時開演なので3時半に大阪城公園駅へ
同じ年代の人が改札からあふれるぐらいにたくさん。
年に一度のプレイバック、青春時代に戻れる瞬間です。
駅の改札でK藤君と一緒になりました。
大阪城ホールの中でA立君、H山君、S見さんなどに会いました。
席はアリーナ席中央で11列目でした。いい席です。Cimg3752
4時3分 暗くなった中でバンドの面々が席に
5台の特設スクリーンにメッセージが・・・
歌を届けられることが平和の象徴として、
みんなであの青春の時に戻りましょう。
東京と大阪の違い、「もしもしお嬢さん」と声をかけられたら
「ハーイ、なあに?」と答えるのは大阪のかつてのお嬢さん
なんて振りから、舞台へメンバーが登場
左から、太田裕美、イルカ、尾崎亜美、南こうせつ、杉田二郎、正やん
正やんは白のデニムにブルーのシャツでした。
1. 夏の少女 Cimg3753
2. 冬の稲妻
谷村新司(ちんぺい)さん登場。
正やんの「ア~」の合いの手がいいですね。
メンバー紹介
こうせつさんのあいさつ…昨年はサマーピクニックでおやすみしました。
正やん…40年以上してアリスの歌を唄うとは、…気持ちいい!
今日はコンサートの時間を取ってくれてありがとう!
太田裕美…ちんぺいさんいわく「当時のままの声で感激、涙が出そうでハンカチが必要でした」 こうせつ「木綿ですね」
イルカ…カチューシャを頭に着け、こうせつに「今日はハロウィンではないよ」と言われる。
杉田…短かったあいさつに、こうせつ「会長、今日は早いですね」
杉田「長いのは覚えられなくなってきました。メガネが真っ赤だね。」とこうせつの赤いメガネをいじる。

尾崎亜美
さんのステージ…
伴奏はご主人の小原礼さん
「私たち小太り3人組です。長女がイルカさんで次女が裕美ちゃん、私は三女です」
その時、エレクトーンのペダルに足が届かないハプニング。
3. オリビアを聴きながら
4. 天使のウインク  手拍子のところを間違えないでねと・・・。
舞台の右袖で、今日も出ました「とれとれぴちぴち…」「かんさいでんき…」

太田裕美さんが白のドレスで登場(最初は、青地に白の水玉のドレスでした。
5. 九月の雨   松本隆作詞なのでその話から、木綿のハンカチーフの歌詞を気に入った寺尾聡さんが頼んで作ってもらった歌が「ルビーの指輪」だったということ。
6. 木綿のハンカチーフ 

杉田二郎さんが登場  Cimg3759
太田裕美に「背が高くて素敵ですね」って言われると、
「照れますね、11月2日で69ですよ」会場からどよめきが・・・。
太田裕美とデュエットで
7. 祈り~Prayer~ 太田裕美がはけた後、
二郎さん孫が三人いると、孫の話へ
8. ANAK(息子)
ステージの右端でオフコースとの出会いの話から
シュリークスと1971年の出会いの話へ…

イルカさんがオバーオール姿で登場(本当に年を感じさせません)
「笑う未亡人生活」と自虐的な紹介、
そして「みんなおなじいきているから・・・」と練習をしてから
9. まあるいいのち

正やん登場…上下白のスーツに白のTシャツ姿。素敵ですね。
「可愛いままおばあちゃんになっていくね。幼児のままだね。」
「私は女の人の時がなかったんだね、でも正やんの一つ上だよ」
浜村淳さんに正やん言われたそうです。
「奥さんイルカさんですよね」って。
正やんとは「ふたりの物語」というコンサートをしているそうです。
ふたりの代表作を…というと会場は「なごり雪」を思ったのですが、
その前の歌とイルカさんが言うと、正やんは「そのあとだったでしょ」
…「いいえ気象的にはこれが先です」と・・。
10.雨の物語

メンバー紹介キーボード:佐藤準 バイオリン:佐久間順平 ベース:河合徹三  ドラム:島村順平・小原礼 エレキギター:岩井眞一 キーボード:矢島マキ

イルカさん、孫が高校2年生17歳です。
年金をもらうの先送りしたけどもらう方がいいかなと思ったり、
誰に相談しよう…、最後に出てきたのは西岡たかしさんでした。
11.海岸通り…風バージョンで歌います。
どうしても歌いたいという人がそばを通りかかったので呼びました。
「今日のサプライズ…押尾コータロー!」
押尾コータローさんがフォークソング部の部長で
海岸通りをよく演奏したという紹介の後、
イルカさんの「押尾さんの歌が聞きたい!」というリクエストに応えて、
1番は押尾さん、2番からは正やんとイルカさん  
イルカさんがはけた後、押尾さん「イルカさんジャケットと同じ衣装ですね」

12.22才の別れ この曲のために買ったというナッシュビルチューニングギターで…。  終わって一言「これ買って本当によかった」  次は押尾さんの曲で正やんが弾けます。

13.ビジービジー  
押尾さん「正やん、ダウンピッキングばかりで演奏するから、それは超大変ですよ。」
正やん、大阪は3語で大丈夫。「どや」「せやな」「ほな」 
時々「ほんまそれ」があればいい。
これはラジオ番組の影響ですね。
押尾さんは「めっさ、いそがしー」を連発してました。
フォークの話から是非にと…

谷村新司登場 正やん「今日のアリスですね」
昨晩の食事会で盛り上がり過ぎて、もう終わった気がしていたんだが・・・。
14.今はもう誰も  
正やん「アリスってこんなに気持ちがいいんだな」…
旅行ではいつも谷村さんのお世話になっています。
と「いい日旅立ち」にふる…
山口百恵さんですよね。ということで、
イルカ百恵、太田百恵、尾崎百恵が登場、
イルカさんがチェックのスカートで「受験生です」と…
会場よりもステージ上が大爆笑。
谷村さんは「イルカを見て、ミスハワイを思い出した」と。
三百恵がはけて、
谷村「やっと一人になれました。僕の青春は近鉄南大阪線・・・」と
軽快なMCが続く
15.昴

終わった後あまりの会場の雰囲気に、
こうせつ「どう出たらいいのかわからなかった」と
16.加茂の流れに
19歳のころの歌、情景が今でもよみがえってきます。
歌というのは一気にその時に戻してくれます。
みなさんも疲れた時や苦しい時、昔の歌を聴いて元気をなってください。
17.うちのお父さん

バックバンドが登場、正やんも登場「ひめ風」に
正やんはブルージーンズに白の水玉プリントの黒のシャツ
こうせつが、「ひめ風」は大阪がスタートでした。
高校時代の部長と部員で、
後輩のプロデュースで今こうしてステージに立っている
本当に夢のようですと語る。
18.アビーロードの街
19.神田川
こうせつ「40年たちますね。みんな元気でよく頑張っていますね」
正やん「みんなすごい体きついんだよね」
こうせつ「正やんさっきのギターすごかったね。ニワトリでもあれは無理だ」
とニワトリの真似をする。この真似が上手い。
正やん「オープニングテロップを寝ないで考えました」
(大雑把にしか覚えていない、残念)
「あなたは誰と歩いてきましたか?これから誰と歩いて行きますか?」
こうせつ「幸せであるかどうかは、その人の見方によって違う。
お金をいくら持っていても不幸だと思ている人がいる」

全員がステージに上がって、ラストの曲です。
イルカさんは白のスカートとトレーナー。
二郎ちゃんが謝辞を「ステージの裏で見ていてみんなが一緒になって歌ってくれている姿に感動しました。ありがとうみなさん!」
全員スタンディングになって
20.君と歩いた青春
最後、「なぜ君は男に生まれてこなかったのか・・・」のところ、
正やんがこぶしを握りしめて歌っている姿が印象的でした。
21.ささやかなこの人生
正やんもバックステージへ上がっていきました。

7時5分、終了。しかしここで終わるわけがない。
アンコールの手拍子が鳴りやみません。

再登場、押尾さんもいます。(ちんぺいさん、二郎さんがいない)
尾崎亜美さんがスキャット風に紹介…
22.海風
こうせつさんは横笛、押尾さんは津軽三味線風ギターで
続いて、谷村新司登場 Cimg3762
23.チャンピオン
杉田二郎が登場、
「いつまでもこの歌を唄っていた、
そんな時代であってほしい」
24.戦争を知らない子供たち

最後の最後に
25.なごり雪
7時35分、3時間半のコンサートが終わりました。
今年も元気をもらいました。

ここまで読んでくださってありがとうございます。
ぜひ皆さんのコンサートのご感想をコメント欄に残してください。

速報のため、誤字脱字はお許しください。
間違いについてはコメント欄を通じて、ご指摘いただけると嬉しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

甲子園に行ってきましたが・・・・

20日ヤクルトに大勝し、この勢いでCimg3649
先発藤浪の力を借りて首位に並ぼうと
意気込んでいったのですが、
山田のタイムリーと雄平の一発を浴びました。
しかしタイガースも、1点を入れた後Cimg3691
ゴメスのホームランで同点にしたのです。
藤浪は6回でマウンドを降り、安藤へとつなぎました。
ここからが問題です。変わった安藤
二つ目のアウトをとることがなかなかできず、Cimg3709
3点を失います。タイムリー、押し出し、犠牲フライです。
7回以降誰もランナーに出ることなく終了。
疲れの残る試合でした。

今日からは東京で宿敵讀賣との対戦。Cimg3737_2
首位とは2ゲーム差、まだまだここからですよね。
来週応援のH川さん、背中が少し寂しそうでしたが、
頑張ってください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」

月一の映画で2013年作成のアメリカ映画Photo09

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を観てきました。

「名もなき男の歌」という副題も付いています。

http://www.insidellewyndavis.jp/

2013年カンヌ国際映画祭、グランプリ受賞作です。Photo04

ボブ・ディランがあこがれた伝説のフォーク・シンガーの

回想録をもとにコーエン兄弟が映画化。

ひたむきに生きて、歌い続けた名もなきシンガーと

猫との一週間の物語。Photo10

1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。

ライブハウスで歌うフォーク・シンガーの

ルーウィン・デイヴィスは、何事もうまくいかなくなっていた。

仕方なく預かった猫に振り回されPhoto02

トラブル続きの日常から逃げ出すように

ギターを猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る・・・。

アコースティックな音色がいいですね。

50年以上前のニューヨークPhoto03

ファッションや音楽も楽しめました。

これまで神戸では上映されなかった映画です。

104分はあっという間に過ぎて行きました。

ファイヴ・ハンドレッド・マイルズやPhoto08

グリーン、グリーン・ロッキー・ロードを

はじめとしてたくさんのフォークが流れます。

サウンドトラックを聞いてみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮酒ぐらルネッサンスと食フェア 第19回 ご案内

今回で19回目になる
「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」のチラシがありました。
http://n-cci.or.jp/2015sakagura/
昨年も同時期に酒ぐらの行事に参加をしていました。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2014/10/post-0a78.html
西宮の12の酒蔵が参加しての催しです。_20150913
西宮商工会議所が中心になってのようです。
味わい酒ぐらひろば
日本酒と料理を楽しむひろば
甘辛通り  などなど
えべっさん(西宮神社)の境内が会場になり
10月3日(土)10時から4日(日)の18時まで
いろいろな企画が展開されるようです。
3日(土)は
「光の宴」SAKE FESTIVAL が辰馬本家酒造で
「蔵BAR」のトワイライトタイム が白鷹で
「魁バー」 が大関で
レストラン「花ざかり」日本酒BAR が日本盛で
開催されるそうです。時間は確認してくださいね。
日本酒好きの方、酒蔵の見学と試飲はいかがですか。
詳細はPDFのパンフレットで確認ください。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2014/10/post-0a78.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の甲子園、マエケンにやられました。

8月の終わり、仕事で甲子園に行けなかったため、20150912_3
今日は久々の甲子園でした。
混セの中、一応首位にいますが、
負けると陥落状態
讀賣、ヤクルトの結果も気になります。
雨の心配もなく、暑いくらいの甲子園でした。20150912_9
席が日蔭だったので、ゆったりと見ることができました。
先発岩崎も頑張ったのですが、
相手投手が前田健太、やはり打てませんでした。
マートン・ゴメスの不振が大きいですね。
結果は0対3でした。20150912_19
ホームランは仕方がないですが、
6回の2アウト1塁3塁の盗塁での1点は
鶴岡の凡ミスですよね。
そして、投手が頑張っている時、打線が打てないと・・・。
野球は点を取らないと勝てません。20150912_21

ここからまた気持ちを切り替えて、
優勝に向けて頑張りましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神楽三ノ宮店でのバースディーパーティー

お肉屋さんのYさんにお願いをして Dsc05746
バースディーパーティーを神楽で行うことに・・。
http://www.kagura.net/
家族のうち二人が9月生まれ、毎年まとめて行います。
Yさんと話をしていて、神楽の名前が出てきました。
以前知り合いのブログでも紹介されていたので Dsc05705
気になっていたお店ですので、紹介してくださいと・・。
http://www.lovekobe.jp/okan/2013/08/11/5998/
東京へ戻るものもいるので、ランチにしました。
雨でしたが、地下を歩けば
お店には駅からあまり傘をささずに行けます。
20人ぐらいが座ることができるゾーンの端に Dsc05708
5人並んで座りました。担当はY村さん。
話も上手で、パフォーマンスも素敵でした。
塩・コショウなどを振りかけるのに
大きな動作がついてきます。
動画を撮影されている人が多かったですね。 Dsc05714
まずは前菜から・・・
そしてサラダ
次は焼野菜
Dsc05716 Dsc05721_2 Dsc05723

そしてメインの肉です。
フィレとサーロイン
フィレの柔らかさには驚きました。
Dsc05727 Dsc05729 Dsc05731

ガーリックライス&香の物・味噌汁
デザート
抹茶・バニラ・ヨーグルトの種類がありました。
Dsc05739 Dsc05740
 
珈琲と紅茶
紅茶のカップはハート形でしたね。
Dsc05743 Dsc05744

お腹いっぱいに楽しませていただきました。
ブランディーの火を怖がる子供がかわいかったですね。
日曜日のお昼ですが、たくさんのお客さんで
たくさんの方が誕生日などのお祝いをされていました。
また行きたいですが、次は何のお祝いかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

23nd Kobe Modern Jazz Club Live 報告

Kobe Modern Jazz Clubの23回目のライブがありました。P9050006
3年前に来日したマット・サベージが再来日
「Plays Celebration]と銘打ってのライブです。
彼のアルバム「A Bigger Celebration」や
前回のライブCD「A Live Celebration」などから・・・。
ベースは石川翔太さんP9050007
ドラムが竹田達彦さんの、いつものメンバーです。
ピアノトリオですから、静かなライブというイメージです。
このライブは1000円という低価格であり
9月3月と定期的に開催されているために
根強い人気があります。P9050020
毎回200名を超える方に聴いていただいています。
大阪から来られるH袋チームの皆さん
そしてI藤さん、いつもありがとうございます。
今回は甲子園でいつもお世話になっています
T中ファミリーさん、ありがとうございました。P9050034
ピアノトリオ、楽しんでいただけたでしょうか。
マットの客席を見ながら弾くピアノは可愛いですね。
石川さんの流暢な英語
竹田さんのステックなしのドラム
いろいろ楽しめました。P9050042
東京、大阪、神戸と続いたライブは
明日の京都で打ち上げです。
ツアーを企画した太ちゃん、ご苦労様です。
マット用のシフォンケーキ、素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »