« イルミネーションとクリスマス | トップページ | 宇治川 「おおもりめしの洋食 こふじ食堂」 »

映画「おやすみなさいを言いたくて」

先日、月一の映画で「おやすみなさいを言いたくて」を見ました。Poster2

http://oyasumi-movie.jp/
報道写真家の女性レベッカとその家族の物語。

自然派学者の夫と二人の娘を残して

世界各地の紛争の場で報道写真を撮り続けている。

高い評価を受けているが常に危険と隣り合わせであった。

自爆テロが今、大きな問題となっているが、

この映画にも自爆テロが出てくる。

女性が体にダイナマイトを巻いてSub1_large

人の多い街中に出ていく。

そこまでカメラで追っていたレベッカ

爆破直前に「爆弾よ!」と周囲の人に叫ぶが

時遅く爆発が起こり自分も巻き込まれる。Sub4_large

何とか命は助かったが、大きな心の傷も残った。

家族に危険な場所に行かないように約束させられ、

もうカメラマンはやめようとするが、

娘に言われ、一緒に安全と言われる貧困な土地に行った。Sub10_large

しかし、そこで銃撃戦が起こった。

・・・そこから家族に亀裂が入る。

愛する家族か、使命ある仕事か

彼女が選ぶのは・・・・。Sub9_large

パリのテロの後だけに、
見入ってしまうところが多かった。

2013年の映画で118分。Sub7_large

|

« イルミネーションとクリスマス | トップページ | 宇治川 「おおもりめしの洋食 こふじ食堂」 »

コメント

この映画は以前、朝のラジオ番組での映画紹介で聞きました。
題名とのギャップがあるな~と感じました。
内容を聞いていると成程と納得はしましたが・・・。
映画の主人公が「おやすみなさいを言いたくて」の相手が
まさか家族、娘だったとは・・・・。
ロマンチックな題名なのにと思いました。

投稿: ひとり静 | 2015.11.23 21:54

ひとり静様、早々のコメントありがとうございます。
一般劇場での上映ではありませんので
マイナーなものですが、考えさせられる映画です。
自爆テロの様子も見ることができます。
自分たちに関係のない話が、少しずつ近づいてきているような、そんな気になる毎日の報道ですね。

投稿: fijisan | 2015.11.23 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/62737728

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「おやすみなさいを言いたくて」:

« イルミネーションとクリスマス | トップページ | 宇治川 「おおもりめしの洋食 こふじ食堂」 »