« X’mas Stollen(クリスマス シュトーレン) オンフルール | トップページ | 映画「間奏曲はパリで」 »

映画「杉原千畝 スギハラチウネ」

12月5日公開の映画、「杉原千畝」を観てきました。Poster2
http://www.sugihara-chiune.jp/
第2次世界大戦時、ナチスに迫害されたユダヤ難民に
ビザを発給して救いの手を差し伸べ、
「日本のシンドラー」とも呼ばれた外交官
杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。
杉原千畝は、堪能な語学と豊富な知識を駆使し、
諜報外交官として世界各国で諜報活動に携わった。000_large
1939年、リトアニアの日本領事館に赴任。
自ら構築した一大諜報網をもって
混乱する世界情勢を分析し、 日本に情報を送り続けていた。
その一方で、日本政府の命令に背いてSub03_large
ナチスに迫害されたユダヤ難民に日本通過のビザを発給し、
6000人の命を救った杉原の、知られざる信念や信条を描き出す。
観た感想としては、戦争の悲惨さよりも
画面のきれいさが印象的でした。 Sub13_large
泥臭い映画というよりも、さわやかな感じで描かれている。
唐沢寿明が杉原千畝を、小雪がその奥さん幸子を
小日向文世が上司役の大島浩を演じている。
濱田岳が難民輸送に携わる役で出ている。 Sub14_large
イリーナ役のアグニェシュカ・グロホウスカさんきれいでしたね。

|

« X’mas Stollen(クリスマス シュトーレン) オンフルール | トップページ | 映画「間奏曲はパリで」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/62882983

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「杉原千畝 スギハラチウネ」:

» 杉原千畝 スギハラチウネ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、...... [続きを読む]

受信: 2015.12.17 10:49

» 杉原千畝 スギハラチウネ [映画的・絵画的・音楽的]
 『杉原千畝 スギハラチウネ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『イン・ザ・ヒーロー』で好演した唐沢寿明の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和30年(1955年)の東京。外務省の一室。  外務省の関満(滝藤賢一)が、外国...... [続きを読む]

受信: 2015.12.17 18:56

» 杉原千畝 スギハラチウネ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2015/12/05公開 日本 139分監督:チェリン・グラック出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小日向文世 ひとりの日本人が、世界を変えた――。 Story:1935年、満洲国...... [続きを読む]

受信: 2015.12.19 22:31

» 映画「杉原千畝」 [ペガサス・ブログ版]
映画「杉原千畝」を観た.千畝を取り上げたTV番組についての一昨年の「『不服従』による正義実践のモデル,杉原千畝」の記事で,「本格的な劇場映画としての作品を見たい」と書いたが,まさにそれがかなえられた.実に素晴らしい作品に仕上がっている.お金もかけている.絶対オススメです.チェリン・グラック監督作品. 応援のクリック歓迎 予告編から2コマ. 一昨日は件の「スターウォーズ」も観たが,これは高価な駄作.何の感動もない. 「母と暮らせば」も見なくては.... [続きを読む]

受信: 2016.01.05 10:23

« X’mas Stollen(クリスマス シュトーレン) オンフルール | トップページ | 映画「間奏曲はパリで」 »