« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

紅葉からルミナリエへ

紅葉の季節の終わりが近づいている?1479974298632_1
そして、街のイルミネーションがクリスマスを迎えようとしてる。
神戸ではルミナリエが始まります。
その前に、三ノ宮駅南側でも
恒例のイルミネーションが点灯されている。1479974303403_1
LEDが開発されてから、さらにイルミネーションが派手になり
多くのところで行われるようになってきているし、
イルミネーションマップなどのCGを使ったものもImg009
たくさん出てくるようになった。
季節ごとの雰囲気を味わうことはとてもいいことです。
ただ、作られた感があるものに
踊らされるようにはなりたくないですね。
せめて歴史的背景などを理解したうえで
イベントをみてほしいですね。
特に、ルミナリエについては
電気による光(灯り)のない夜を
自然から与えられた街・人。Dsc_0194
もう一度原点に返って、自然にも
そして人間が作ってきた技術や文化にも感謝しようと・・・。
紅葉の画像は知り合いからいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元町 Pagot(パゴット)

元町のGREENSで珈琲豆を買って、20161123pagot_7

南京町にある店名の変わった「mo ja」に行ったのですが、

水曜でお休みでした。喫茶と雑貨と書いてありました。

近くの「ばうむ」に行こうかと思ったのですが、

その少し北にカフェを見つけました。20161123pagot_6

食事もできるのですが、

「珈琲だけでもどうぞ」と書かれていたし、

外から見える席も空いていたので入ることに・・。

入ってすぐ厨房があり20161123pagot_3

左手にカウンター席と2人掛け4人掛けのテーブル席

窓際の2人掛けの席へ。

珈琲はここからと・・・メニューを見せていただき

マンデリンをいただくことにしました。20161123pagot_5_2

ここの珈琲についてはメニューと壁に説明が

「神戸岡本ナルダン珈琲の新鮮な豆を一杯ずつ挽き

ハンドドリップでていねいに淹れています。」と・・・。

深いコクがあり、苦みがありますが、20161123pagot_2

後味に余韻があり、美味しくいただきました。

店内は静かで、休日の午後でもゆったりとできました。

新しいお店のようで、隠れた存在なのかもしれませんね。

HP: http://sp.raqmo.com/jeana-pagot/

食べログ:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28046823/

ナルダン珈琲貿易:http://www.geocities.jp/naldan510/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぼんdeごはん  西宮ガーデンズ

ガーデンズの中にある「おぼんdeごはん」で食事をしました。
20161120_6_2http://www.obon-de-gohan.com/index.php
変わった名前ですが、定食がおぼんで出てきます。

定食屋という感じではなくCAFÉです。

ので、店名の下に定食&CAFEと書かれていました。

当然若い女性が多いです。20161120_1

今日はカウンター席で

「豚肉とクレソンの豆乳ごまラー油鍋定食」を注文。

少々時間がかかりましたが、おぼんの上に鍋が・・。

結構な量ですね。小鉢が3つもありました。20161120_2

ご飯はひじきライスにしました。三種類から選べます。

お味噌汁とご飯はお替り可能です。

鍋ですからみそ汁は余分かなと思いました。

食べ始めると店員さんがトコトコと寄ってきて20161120_3

一言「すみません、クレソンを入れ忘れました」

と、手にクレソンの入った器を

どっと入れてくださいということで、鍋の中に・・・。

鍋が結構ボリュームありました。20161120_4

豚肉、キャベツ、シイタケ、しめじ、マッシュルーム

豆腐など・・・具もたくさんでした。

新鮮サラダもあり、豆乳もたくさんいただくと

お腹がいっぱいになりました。20161120_5

ごはんのお代わりもできなくなりました。

鍋のため、結構時間がかかりましたが

美味しい時間を過ごしました。

さて、次は何定食かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「山河ノスタルジア」

月一の映画で「山河ノスタルジア」を観てきました。Poster2

http://www.bitters.co.jp/sanga/

2015年の中国、フランス、日本の共同制作です。

20164月に日本で公開されました。

オフィス北野が制作にかかわっています。

1人の女性と彼女に思いを寄せる2人の男の人生を

1999年、2014年、2025年という3つの時代でSub3_large

3人の人生を世の中の変化と共に描く人間ドラマ。

99年、山西省・汾陽(フェンヤン)の小学校教師タオは

炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。

しかし、タオはリャンの友人で実業家のジンシェンからSub5_large

プロポーズを受け、ジンシェンと結婚。

リャンは故郷の街を離れ、別の人生をあるくことになる。

タオとジンシェンの間には男の子が誕生し、

子どもは貨幣からとったダラーと名づけられた。Main_large

14年タオはジンシェンと離婚、ひとり汾陽で暮らしていた。

タオの父親の葬儀に参列させるためダラーを呼び戻す。

そして、父とオーストラリアに移住することを知らされる。Sub6_large

25年、オーストラリアで中国語を゙話さないダラーは、

母親と同世代の中国語教師ミアと出会う。

それぞれの人生が決してハッピーではなく

問題を残して終わる。

それを考えるのは観客ですね。Sub2_large

125分の映画ですが、退屈しない展開の早い映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神タイガース ファン感謝デー 2016

毎年恒例の阪神タイガースファン感謝デーに行ってきました。Img008

午前中まで降っていた雨が、昼前に上がり

曇天の中でしたが、雨具入りませんでした。

ブリーズシートの一ケタ段でしたから

3塁側ベンチ裏で、選手が近かったです。

但馬の星、能見投手と坂本捕手を中心に見ていました。

普段見ることのできない選手の一面や

先輩後輩の様子など、楽しく過ごせました。

ぶっちゃけ 虎トーーーク!では20161119_29

ナルシスト良太、独身良太の話で盛り上がり

鳥谷選手が新井兄にあこがれていた話し、

そのC球団のA選手のコメントにも盛り上がりました。

藤浪投手が登場すると司会のヒロド歩美さん20161119_31

少々困惑顔、周りもそわそわ・・

藤浪選手も事実無根ですとか何とか言ってましたね。

楽しい時間でした。

OB選手と若手選手が競う

ドリームマッチ2016には打者は檜山選手20161119_42

この時の球審は坂本選手でした。

投手では下柳選手が登場

北条、高山、原口選手が対戦、下柳選手の勝でした。

檜山選手も、下柳選手も良く楽しませてくれます。20161119_47

みたくない松ちゃんの裸の場面もありました。

キャッチャーは引退する鶴岡選手で、

最後胴上げがありました。


今年も一番盛り上げてくれていたのは20161119_65

今成選手だと思うのですが、最優秀は原口選手に・・。

なお、今日の様子は26日(土)16:20~流れるそうです。

今成選手ちょっと怒っていました。(ふりをしていました)


オープニングで、金本監督が来年のスローガンを発表しました。20161119_16

「挑む」です。

新しい力がどんどん出て来ています。

来年は
今年以上に活躍してほしいですね。
ルックスのいい選手も増えています。
苦しい戦いになるかもしれませんが、

ペナントを持ったファン感謝デーにしてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「the Sky Gate ツアー」 コープこうべ生活文化センター

ヴォーカル、清水ひろみさん、ベース、神田芳郎さんCimg9760

ギター、能勢英史さんのトリオ、
the Sky Gate 」のライブに行きました。

場所は住吉川の東にある、コープこうべ生活文化センター

なぜここで?…

清水ひろみさんがここの文化センターでCimg9761
ヴォーカルレッスン教室を担当されているのです。

教え子の方も含め20名ほどのミニライブでした。

清水ひろみさんは大阪でジャスライブを聞くようになった

JAZZ ON TOPのハウスヴォーカル。

このブログにも当初(2004年)からCimg9768
何度も登場いただいています。

CDデビューされたときのことも書いていました。

http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2004/11/cd.html

あれからもう12年たちます。

今日のライブの話ですが、・・・Cimg9773

2部構成でした。

神田さんと能勢さんのインストメンタルでまず一曲

そして、ヴォーカルが入って、Singin' in the Rain

Tennessee WaltzTake the 'A' Train
In My Life
Moonlight Serenade

Sing, Sing, Singなどなど8曲で休憩に


2
部もインストメンタルで一曲Cimg9780

そしてIt Don't Mean A ThingMy Blue Heaven

Moon RiverQue sera, sera

Amazing GraceCheek to Cheekなどなど

そしてアンコールにMas que nada

2時間の楽しい時間が過ぎました。Cimg9826
MC
も楽しくて観客をうまく巻き込んでくれます。

とても近い席で楽しませていただきました。

アルバム「Cheers for Tears」にサインもいただきました。

画像はご本人に了解を取っています。

ひろみさんのHP http://www.hiromi-shimizu.net/   
      ブログ http://ameblo.jp/hiromi-shimizu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元町 珈琲処「ばうむ」

以前から気になっていた喫茶店Dsc_0111_3
南京町の通りのわきを北に上がったところにある
珈琲処「ばうむ」に行ってきました。
http://baum-coffee.blogspot.jp/
一階がカウンター席、2階がテーブル席です。
一人なのでカウンター席に・・でもいっぱい?
入り口の右の席が空いていました。
ラッキー!一人席です。
後ろに2階への階段がありますが、Dsc_0103_2
ゆっくりできるスペースのようです。
ブレンドを注文しましたが、
今月の珈琲がホンジュラスだったので
それも飲んでみたいなという気がしました。Dsc_0106_2
珈琲はサイフォン仕立てです。
懐かしの「茶慕里」と同じです。
若い男性がカウンター内に・・・
若い女性が店内を・・・ご夫婦でしょうか?Dsc_0108_2
珈琲はさっぱりとした味です。
サイフォンと温めたカップのため
超熱かったです。(ドリップになれているせいかな)
ピスタチオと柿が添えられていました。Dsc_0105_2
なかなか細かい心配り、
ありがとうございます。
美味しくいただきました。
区切りのいいところまで
ゆっくりと本を読ませていただきました。
これは今後も使いたいお店ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ欄の縦読みが面白い!

先日、国分太一君がパパになったという話題があったが、_20161101_232710

太一君がMCをするビビットのテレビ欄を縦読みにすると

「太一父になる」となると話題に・・・朝日新聞やりますね。

と、知り合いにメールしました。

二日後に、縦読みの意味を理解してもらい、

そこから盛り上がりました。


そう、テレビ欄の縦読みは以前から話題になっていて
「また あいましょう東京新国立で」や

「カープ応援できる平和に感謝」

「北の大地で虎退治」などなど・・・


以下のURLにまとめたものが 

http://matome.naver.jp/odai/2134492560702759201

なかなか良く考えられた、遊び心満載という感じです。

これから、気にしながら新聞のテレビ欄などを見て

ずっと縦に文字を追いそうですね。考えた人、作った人

えらい!センス抜群です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »