« 映画「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」 | トップページ | 映画「この世界の片隅に」 »

あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~1975年「風/22才の別れ」

BSジャパンの番組に

「あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~」というのがあり

http://www.bs-j.co.jp/anotoshi/Dsc_0496

1月7日の放送が、1975年で

「風/22才の別れ」が取り上げられました。

http://www.bs-j.co.jp/program/detail/23105_201701071800.html

197525日はDsc_0497

「我が良き友よ」「サボテンの花」「卒業写真」「22才の別れ」
のちに歌い継がれる名曲が4曲も発売された奇跡的な日。

今回はその中で、「22才の別れ」を取り上げます。

コード進行や詩の秘密を作詞作曲した伊勢正三本人がDsc_0498解説。

不朽の名作の誕生秘話に迫ります。

ということでしたが、正やんは登場せず、

正やんの解説を聞いた、坂崎さんが解説をしていました。

高校の先輩、南こうせつ氏に招かれかぐや姫の一員となりDsc_0500

神田川のヒットで一躍有名に

「三階建の詩」というアルバムを出すときに

印税を三等分できるようにそれぞれが曲を提供することに
 
なごり雪のサビの部分しかできていなかった正やんはDsc_0502

「22才の別れ」を天から何かが降りてきたのか、

無意識のうちに短時間で作り上げたという。

「22才の別れ」のイントロはかぐや姫バージョンと

風バージョンがあることを正やんからの伝言でDsc_0504

坂崎さんが披露と実演をする。

コンサートでは1番がかぐや姫バージョン

2番のイントロは風バージョンと分けていることも披露。

コンサート聴き分けてみてくださいと。Dsc_0505

直筆のメモも取りだして説明。

このとき使われていた新聞記事、
2013年にデイリースポーツに連載された

「伊勢正三 風のように生きて」でした。Dsc_0511

私の手元には地元新聞ということもあり、

全部あるのでこの瞬間大感激をしました。

その後の正やんの活動が取り上げられます。

かぐや姫は、「神田川」「赤ちょうちん」「妹」が映画化されDsc_0512

どこまで化けるんだと怖くなって、解散をした。

そして、正やんは「風」を結成。自分の音楽の追及をする。

1979年解散、ソロ活動へ

2004年、太田裕美、大野真澄と「なごみーず」を結成
2014年、南こうせつと「ひめ風」結成024_3023_5
これについて、坂崎氏、
「先輩から言われると断れないでしょう」

と言いながら、吉田拓郎の影響も語っていた。

30分と短い時間でしたが、
正やんの色々なことが語られ

2月4日のコンサートが楽しみになりました。

|

« 映画「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」 | トップページ | 映画「この世界の片隅に」 »

コメント

(~_~;)見逃して最高に落ち込んでいる私です。
正やんワードにどっぷりの時間だったのですね。
ブログに書いていただいて少し落ち着きました。
そして「風のように生きて」を読み返しました(^_-)-☆
再放送があるのを期待します。
絶対保存版ですよね。
何か情報がありましたら是非教えてくださいね(^^♪

投稿: ひとり静 | 2017.01.08 22:14

ひとり静様、見逃されたんですね。
きっと再放送がありますよ。期待をしましょう。
正やんは出ていませんが、
たくさんのエピソードが出てきました。
ブログで、少しでも雰囲気が分かってもらえると嬉しいです。

投稿: fujisan | 2017.01.08 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/64736051

この記事へのトラックバック一覧です: あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~1975年「風/22才の別れ」:

« 映画「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」 | トップページ | 映画「この世界の片隅に」 »