« 但馬の大雪 | トップページ | ジャズライブと日本酒 »

映画「ヒトラーの忘れもの」

先日「アイヒマンを追え」という映画を観ましたが、A44f35b615857284

その時、「ヒトラーの忘れもの」も観たいと思っていました。
http://www.hitler-wasuremono.jp/
観てきましたが、たくさんの人でした。

舞台となるのは終戦直後のデンマークの海岸

戦争で埋められた地雷の撤去を強制される

敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、640

歴史的事実に基づいて描かれたもの。

ナチスが敵の上陸を防ぐため海岸沿いに埋めた地雷。
 
その数なんと200万個。641
 
終戦後、安全な海岸に戻すために

残された無数の地雷を撤去する作業、

大きな危険が伴うため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが

強制的に連れて来られる、充分な食事もなしに従事する。642

彼らを指揮するデンマーク人軍曹は

ナチスに激しい憎しみを抱きながらも、

無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て

良心の呵責にさいなまれるようになっていく。

戦争というものが残した大きな傷。646

チラシにあるように

「大人たちが残した、理不尽な任務」だと思う。

少年や犬が地雷によって爆死する場面が出てくるが、

エンドロールで流れる651

「撮影で人や動物は一切怪我をしていません」という趣旨の

文言が流れる。…抗議などに対する措置なのでしょうか。

|

« 但馬の大雪 | トップページ | ジャズライブと日本酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/64826755

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヒトラーの忘れもの」:

« 但馬の大雪 | トップページ | ジャズライブと日本酒 »