« BLUE GIANT 10(完結巻)の発売 | トップページ

映画「栄光のランナー 1936ベルリン」

月一の映画で昨年公開された4a5b2a7b07cc48b2

「栄光のランナー 1936ベルリン」観てきました。

http://eiko-runner-movie.jp/
ナチス独裁政権下で開催されたベルリンオリンピックで

史上初の4冠を達成したアメリカ人陸上競技選手

ジェシー・オーエンスの半生を描く。

貧しい家庭に生まれたジェシー・オーエンスは、

陸上選手として秀でた才能を出していたが、641

オハイオ州立大学でコーチのラリー・スナイダーと出会い、

オリンピックを目指して日々練習に励む。

しかし、アメリカ国内では、ナチスに反対し、644

ベルリンオリンピックをボイコットする機運が高まる。

そして黒人であるオーエンスにとって、

ナチスの人種差別政策は、容認できるものではない。

選考されたが参加するべきか悩んだ。

黒人としての人種差別、ナチスのユダヤ人への人種差別646

中盤から後半にかけて、政治的色合いが濃くなる。

オリンピックにおける国を超えた友情とか

正しきことを主張する人を描き

人として忘れてはいけないものを描いている。649

トランプさんも見るといいのに、と思いました。

|

« BLUE GIANT 10(完結巻)の発売 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/65036894

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「栄光のランナー 1936ベルリン」:

« BLUE GIANT 10(完結巻)の発売 | トップページ