« 映画「ある戦争」 月一の映画で | トップページ | 三宮 カレー屋「SAVOY」 »

映画「ギフト 僕がきみに残せるもの」

8月19日に封切られた「ギフト」を観てきました。
67ea7e4f521ab616http://transformer.co.jp/m/gift/
アメリカンフットボールのスター選手スティーヴ・グリーソンは
引退後のある日、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかり
余命2年から5年と告げられる。
そして、妻ミシェルとの間に子供を授かったと知る。
自分に与えられた試練を前向きにとらえ
生まれくる子に何ができるかを考え
病気との闘いの日々をビデオに残すことにし、641
ビデオダイアリーを作成する。
そのドキュメンタリーである。
「白旗をあげない」とあくまで治療に取り組み
同じALS患者へ希望をつなごうとする。640
エンドロール後のミシェルのメッセージで
まだまだ戦っているグリーソンの様子が伝えられる。
作られたものではなく、記録として
突然難病に侵された人が642
これだけ強く生きられるという
希望を持たせてくれるドキュメンタリーでした。

|

« 映画「ある戦争」 月一の映画で | トップページ | 三宮 カレー屋「SAVOY」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/65708963

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ギフト 僕がきみに残せるもの」:

« 映画「ある戦争」 月一の映画で | トップページ | 三宮 カレー屋「SAVOY」 »