« 映画「終わった人」 | トップページ | 映画「50年後のボクたちは」 »

新神戸 竹中大工道具館

以前、元町の北にあった「竹中大工道具館」が移転をしImg_0284

新神戸駅のすぐ東側のタワーマンションの横にあった。

https://www.dougukan.jp/

1階のホールでは

「聴竹居 藤井厚二の木造モダニズム建築」と題した

特別展示がされている。

藤井厚二は日本の風土に則した住宅を模索し続けた建築家で

集大成「聴竹居」を通し藤井の住宅への想いが紹介され、Img_0255
精巧な図面から模型などが展示され

取り入れられた工夫も理解できるよう、
うまく紹介されていました。

地下1階、2階は常設展示で、大工道具の歴史Img_0259

つくり方、使用の仕方、銘品など多くの展示があり

動画でもうまく紹介されていた。

じっくりと見た後、施設内に休憩所が用意されていた。

北へ少し歩いたが、いい庭園があった。Img_0263

茶室「一滴庵」がそこにあり、特別公開や

御茶会も模様されているようです。

都会の喧騒の中で、木のぬくもりを感じ

緑に囲まれ、ホッとする時間でした。Img_0276

次回はナイトミュージアム+ジャスイベントかな。

7月1日はファンデーのため入場無料です。
(通常500円)です。

|

« 映画「終わった人」 | トップページ | 映画「50年後のボクたちは」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/66841335

この記事へのトラックバック一覧です: 新神戸 竹中大工道具館:

« 映画「終わった人」 | トップページ | 映画「50年後のボクたちは」 »