« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

竹中大工道具館 サマーイベント 「Kobe Summertime Jazz」

台風が近づいていますが、開催されたので、Cimg0365

新神戸にある竹中大工道具館で行われた

Kobe Summertime Jazz」に行ってきました。

18:30からなので、先に席を確保して館内を見学。

徐々に風が強くなる中コンサートの開始です。

出演は

モダンタイムス・ビックバンドwithロアーナ・シーフラ

150名の席がほぼいっぱいでした。Cimg0367

スタンダードを中心で、素敵なサックスを聞くことができました。

ただ、JRの運転打ち切りが予告されていたので、

終了時間を早めた、8時に終了しました。

やはり生演奏がいいですね。

Cimg0370

ここ竹中大工道具館はぜひ一度おいでいただく価値があると思います。

https://www.dougukan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君と歩いた青春2018

君と歩いた青春2018Photo
10回記念コンサート
チケットをゲットしてきました。
昨年に続き今年もアリーナ席でした。
正面から正やんを見ることができそうです。
...コンサート兼同窓会、そして、楽しい一日になりそうです。
9月22日が待ち遠しいですね。
B,楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月一の映画「人生タクシー」

月一の映画で「人生タクシー」を観てきました。19007a592b88c3b9

http://jinsei-taxi.jp/

イランのジャファル・パナヒ監督が、

タクシーの乗客たちの様子から、

厳しい情報統制下にあるテヘランで暮らす人々の

人生模様をドキュメンタリータッチに描き、

2015年第65回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品。646

反体制的な活動を理由に政府から

映画監督としての活動を禁じられてもなお、

自宅で撮影した映画「これは映画ではない」を発表。

今作では活気に満ちたテヘランの町で

自らタクシーを走らせ、さまざまな乗客を乗せる。645

ダッシュボードに置かれたカメラには、

強盗と教師、海賊版レンタルビデオ業者、

交通事故にあった夫婦、映画監督志望の学生、

政府から停職処分を受けた弁護士など、641

個性豊かな乗客たちの様子が映し出され、

彼らの人生を通してイラン社会の核心へ迫っていく。

半ドキュメントなため、少々退屈感があったが、

82分と短いことに救われた。642

最後の終わり方で結末が見えず、
どうなったかに興味を持った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湊川神社 茅の輪

年に一度の会合で湊川神社に行ってきました。Dsc_3120
本殿の前に大きな輪ができていました。
茅の輪というそうで、
HP(Facebook)によると
茅の輪くぐりは半年間で日々気付かない内に
身に付いた罪・穢れを祓い清め、
無病息災をお祈りする神事です。
お正月に改まった心身が、Dsc_3121
やる気がなくなったり、
疲労されていませんか?
「気が枯れる」=「ケガレ」とも言います。
夏の暑さを迎える前に心身リフレッシュ致しましょう。
と紹介されています。
神事ですから、信仰のこともあろうかと思いますが、
半年、新たな気持ちになって、後半を過ごしましょう!
暑いですが、負けないで!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »