« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

映画「怪物」

カンヌ国際映画祭で坂元裕二氏が脚本賞を受賞した0_20230622082401 映画「怪物」を観てきた。
すでにメディアで紹介されているところも多々あり
学校でのいじめを中心としたヒューマンドラマ。
関係者それぞれの角度から一つの出来事を描き、
「うそ」が解かれていく。
こんな教師いるのか?20230608_144239
こんな親いるのか?
こんな子供たちいるのか?などなど
どの立場で見るかにより、評価も違うかなと思う。
感想は観た人それぞれでしょう。
故坂本龍一氏の遺作となる曲が、静かに流れます。

Photo_20230622082501 12_20230622082501 3_20230622082501 7_20230622082501

 

 

 

6_20230622082501 8_20230622082501

| | コメント (0)

映画「愛する人に伝える言葉」

月一の映画で「愛する人に伝える言葉」―旅立ちの前、僕の人生を整理するーを観た。11_20230621233501
https://hark3.com/aisuruhito/
母親役にカトリーヌ・ドヌーブが出ていた。その息子が癌を知らされる。
子離れできない母親と自立できない息子
その息子は俳優志望の指導をしている。
死に向けて、今まで自分はだれにも感謝されなかった
誰のためにもなっていないと、自己否定を続ける。
それを見ることしかできない母親。
遠くから息子を見守る子供、息子は父親であった。
死に向けて患者に寄り添う医師と看護師
さて、自分がそこにいたらと・・・考えさせられた。

Photo_20230621233501 1_20230621233501 3_20230621233501 6_20230621233501

 

 

9_20230621233501 10_20230621233501 8_20230621233501 7_20230621233501

| | コメント (0)

憧れを超えた侍たち 世界一への記録

3週間限定公開の「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」を観てきた。
https://www.japan-baseball.jp/jp/movie/2023/
結果がわかっているが、やはり力が入ります。6_20230615191701
鈴木誠也の離脱
源田の骨折などなど
特に不調の村上のサヨナラの場面
大谷選手の物語と言ってもいい内容ですが
やはりすごいチームでした。
夢をありがとう!
#侍ジャパン #WBC #世界一 #限定公開

1_20230615191701 4_20230615191701 2_20230615191701 3_20230615191701 5_20230615191701

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »