映画「ニュースの真相」

月一の映画で「ニュースの真相」を観た。24b1becdff9bdc95

2016年の映画です。

http://truth-movie.jp/

2004年のアメリカで実際に起こった、

あるスクープ報道が広げた波紋の一部始終を、

ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォードの

共演で描いた実録ドラマ。

ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた04年、

米国最大のネットワークを誇る放送局CBS640

プロデューサー、メアリー・メイプスは、

伝説的ジャーナリストのダン・ラザーが

アンカーマンを務める看板番組で、

ブッシュの軍歴詐欺疑惑というスクープを報道する。

しかし、その「決定的証拠」を保守派勢力に

「偽造」と断定されたことから事態は一転。

メアリーやダンら番組スタッフは、世間から猛烈な批判を浴びる。

この事態を収拾するため、局の上層部は内部調査委員会を設置し、

調査を開始するが……。(映画.comより)641

「明日に向かって撃て」のロバート・レッドフォードです。

時の流れを感じますが、渋い役でしたね。

トランプさんが大統領になったアメリカ

メディアを敵に回していますね。642

メディア対権力の一場面をここで見たような気がします。

映画ではない、現実で映画のようなことが

実際に起ころうとしているのではないか、注視です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ヒトラーの忘れもの」

先日「アイヒマンを追え」という映画を観ましたが、A44f35b615857284

その時、「ヒトラーの忘れもの」も観たいと思っていました。
http://www.hitler-wasuremono.jp/
観てきましたが、たくさんの人でした。

舞台となるのは終戦直後のデンマークの海岸

戦争で埋められた地雷の撤去を強制される

敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、640

歴史的事実に基づいて描かれたもの。

ナチスが敵の上陸を防ぐため海岸沿いに埋めた地雷。
 
その数なんと200万個。641
 
終戦後、安全な海岸に戻すために

残された無数の地雷を撤去する作業、

大きな危険が伴うため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが

強制的に連れて来られる、充分な食事もなしに従事する。642

彼らを指揮するデンマーク人軍曹は

ナチスに激しい憎しみを抱きながらも、

無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て

良心の呵責にさいなまれるようになっていく。

戦争というものが残した大きな傷。646

チラシにあるように

「大人たちが残した、理不尽な任務」だと思う。

少年や犬が地雷によって爆死する場面が出てくるが、

エンドロールで流れる651

「撮影で人や動物は一切怪我をしていません」という趣旨の

文言が流れる。…抗議などに対する措置なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「怪しい彼女」

月一の映画で韓国映画の「怪しい彼女」を見た。Poster2

http://ayakano-movie.com/

日本版にも「あやしい彼女」という映画があります。

20164月多部未華子主演で公開されています。

韓国版のリメイクです。http://ayakano.jp/

20147月に公開され、関西では大阪では上映されましたが、

神戸では上映されていません。

シム・ウンギョンが、70歳の心を持つ20歳の女性をSub2_large

熱演したハートフルコメディ。

頑固で毒舌な70歳の老女オ・マルスンは、

ある日突然、「青春写真館」で、写真を撮り出てくると

20歳の姿に若返ってしまっていた。

これまで女手ひとつで一人息子の育児と生活に追われ、Sub1_large

自由な生き方ができなかった彼女は、

オ・ドゥリとして新たな人生をスタート。

キュートなルックスと類まれな歌唱力、
歯に衣着せない物言いで、

思いどおりの人生を突き進んでいくが……。Sub3_large

会話の中で余りにおばあちゃん言葉が抜けません。

分かるだろうに・・・と思うがそこがコメディー。

入れ歯をたんすの中から探すなどさすが!

会場内は笑いが良く起こりました。

2時間を越える映画ですが、退屈はしません。Sub4_large

嫁姑の関係、昔からの人間関係など、複雑ですが、

楽しく観ることのできる映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」

17日に公開された映画「アイヒマンを追え」を観ました。7bdec0a5586ef5ca

http://eichmann-vs-bauer.com/

2次世界大戦後、ドイツ人の検事長フリッツ・バウアーが

海外へ逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンを

いかにして追い詰めたかを描いた実録ドラマ。

ところは1950年代後半のドイツ・フランクフルト。

ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしている

検事長フリッツ・バウアーのもとに、

数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした640

アドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられた。

ナチス残党が勢力を持つドイツの捜査機関を避け、

イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、

アイヒマンを追い詰めていく。

しかし、部下のアンガーマンをはじめ、自身の身にも641

バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。


105
分と短い映画で、少々消化不良で終わる感じがした。

「アイヒマン裁判」へ至る事実が描かれているが、

その裏で駆け引きがあり、部下の秘め事のシーン643

展開に大きな部分の様に見えますが、

理解が難しいところでもありました。


「ヒトラーの忘れもの」も観てみたい気がしています。

http://www.hitler-wasuremono.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「この世界の片隅に」

20161112日に封切られた映画「この世界の片隅に」を観てきました。

http://www.konosekai.jp/507e0f31f5a568e5

もともと大きな映画館ではやっていなかったのですが、

評判が広まり、上映する映画館が増え、

上映期間も延長されています。

今日観たシネ・リーブル神戸は

もともとマイナーな作品を得意としています。

4回上映していますが、私が観た2回目、

午前中に席を取ろうとしたら、

空いている席は見やすいところは3席ほどで642

満員状態でした。すごい人気です。

クラウドファンディングで3374名のサポートーから

39,121,920円の資金を集め作成されました。

100年先に伝えたい映画というふれこみです。643

こうの史代の同名コミックを片渕須直監督がアニメ映画化。

2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、

大切なものを失いながらも前向きに生きようとする主人公と

彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。645

昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に

突然の縁談で嫁いできた18歳のすずは、

戦争によって様々なものが欠乏する中で、

家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。646

小さいころから絵をかくことが好きで

絵で記録したりもしていた。

昭和203月、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、

すずの身近なものも次々と失われていく。647

それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるが……

昭和20年の夏がやってくる。

能年玲奈から改名した「のん」がすず役で声優初挑戦。

映画の冒頭、648

「胸にしみる 空のかがやき 

今日も遠くながめ 涙を流す

悲しくて 悲しくて 

とてもやりきれない649

このやるせないモヤモヤを

だれかに告げようか」と・・・・

コトリンゴが切なく歌う

「悲しくてやりきれない」が最高にあっている。Dsc_0514

https://www.youtube.com/watch?v=yoI9Yl60BqU

昭和20年の生活の様子が良く表現されている。

観に来ている人はかなり年齢が高かった。

今の子どもたちには解説がいるのではないかな、と思うので

家族で観て欲しいですね。

周りの人の会話から、リピータも多い様で

細かなところがやっとわかったとか、聞こえてきました。
機会があればもう一度見てもいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

20161226日に公開され、神戸では17日に上映が始まったFaba328c728af807

「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」を観た。

http://www.miles-ahead.jp/

満員に近い状態での上映でした。

解説には、http://eiga.com/movie/85398/

「ホテル・ルワンダ」でアカデミー主演男優賞にノミネートされた

ドン・チードルの初監督作品。

ジャズ界の帝王マイルス・デイビスに起こった出来事から640

インスピレーションを受けたチードルが、共同脚本、製作、

自身の主演でマイルスの活動休止期間にスポットを当てる。

1970年代後半の5年間、病気療養ということで
ミュージックシーンから完全に姿を消した641_2
マイルス・デイビスは、
慢性の腰痛に悩まされ、
ドラッグんどの影響から
自宅ですさんだ生活を送っていた。
そんなマイルスのもとに

音楽レポーター、デイブが強引におしかけてきた。643

それから2日間、2人は盗まれたマイルスの最新曲の
テープを取り戻すため
思わぬ追跡劇に巻き込まれる。

ライブシーンではマイルスとの共演経験もある
ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターをはじめ
一線級のミュージシャンも登場する。645_2

と書かれている。(一部抜粋)


「ジャズ」なんて言うな。勝手なレッテルでくくるな。

俺の音を「ジャズ」で語るな。646

「ソーシャル・ミュージック」だ。という。
そして、一番大切なものは「即興」という。

フランソワとの出会いなどの場面を回想しながら

盗まれたテープを命がけで取り戻そうとする。


全編にマイルスの曲が流れる。

「ネフェルティティ」「アガルタへのプレリュード」「ソ・ホワット」

「デュラン」「フレロン・ブラン」「マイルス・アヘッド」

「バック・シート・ベティ」「セブン・ステップス・トゥ・ヘブン」

「ゴーン」「ブルー・イン・グリーン」「サンクチュアリ」

「ブラック・サテン」「ゴー・アヘッド・ジョン」「テオ」

「モエジャ」「ヒー・ラウド・ヒム・マッドリー」「ソレア」・・。

きれいではないが、事実と迫力で最後まで飽きることなく見られる。

チェット・ベイカーを扱った「BORN TO BE BLUE」で

マイルス役をしたケダー・ブラウンの方が似ているかなという気もした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやってくる」

月一の映画で「ロイヤル・コンセルトヘボウ」を観てきた。Poster2

http://rco-movie.com/

ベルリン・フィル、ウィーン・フィルとともに

世界3大オーケストラのひとつに数えられる

オランダのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の活動を追ったドキュメンタリー。

2013年、創立125周年を記念して開催されたワールドツアーに密着。

楽団員たちは世界中の人々と触れあう中で、Sub1_large

無限の可能性を持つ音楽の力を再発見していく。

彼らが生み出す魂の音楽は、

孤独を抱えるアルゼンチンのタクシー運転手や

貧困に苦しむ南アフリカの少女ら、Sub3_large

コンサートに集った様々な人々の心を揺り動かす。

また、それぞれのパートの一人にも光を当て

様々な角度からのかかわりも紹介される。

グスタフ・マーラー作曲:交響曲第1番「巨人」、24_large

交響曲第8番「千人の交響曲」
交響曲第2番「復活」をはじめ
多くの曲が演奏される。

98分と時間は短く、もっと聞きたいと思うぐらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE」

チェット・ベイカーを扱った映画Fe52bda28d5e66f0

「ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE」を観てきた。
 http://borntobeblue.jp/

1950年代のウエストコースト・ジャズシーンを代表する

トランペット奏者でボーカリストとしても活躍した

チェット・ベイカーの半生を描いた伝記映画。

黒人ミュージシャンが主流だった50年代のモダンジャズ界で、

甘いマスクとソフトな歌声で女性を魅了し、640

一世を風靡したチェット・ベイカーだったが、

やがて麻薬に溺れ、どん底の日々を送ることとなる。

しかし、1人の女性との出会いにより、

ベイカーは再生の道へと踏み出していく。642

麻薬がらみで暴漢に襲われ、あごの骨を折り

歯が全部折れる・・・悲惨な状態が映し出される。

浴槽の中でペットを吹く姿は衝撃です。

多くの苦難を乗り越えて、そして647

これで再起できたと思われる場面で・・・。

作られたものではなく、これが現実なんですね。643

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」
「レッツ・ゲット・ロスト」

「虹の彼方に」「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」

「アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォー」など651

流れる楽曲も楽しみです。

次は12月23日から

「MILES AHEAD /マイルス・デイヴィスの空白の5年間」

が公開されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「山河ノスタルジア」

月一の映画で「山河ノスタルジア」を観てきました。Poster2

http://www.bitters.co.jp/sanga/

2015年の中国、フランス、日本の共同制作です。

20164月に日本で公開されました。

オフィス北野が制作にかかわっています。

1人の女性と彼女に思いを寄せる2人の男の人生を

1999年、2014年、2025年という3つの時代でSub3_large

3人の人生を世の中の変化と共に描く人間ドラマ。

99年、山西省・汾陽(フェンヤン)の小学校教師タオは

炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。

しかし、タオはリャンの友人で実業家のジンシェンからSub5_large

プロポーズを受け、ジンシェンと結婚。

リャンは故郷の街を離れ、別の人生をあるくことになる。

タオとジンシェンの間には男の子が誕生し、

子どもは貨幣からとったダラーと名づけられた。Main_large

14年タオはジンシェンと離婚、ひとり汾陽で暮らしていた。

タオの父親の葬儀に参列させるためダラーを呼び戻す。

そして、父とオーストラリアに移住することを知らされる。Sub6_large

25年、オーストラリアで中国語を゙話さないダラーは、

母親と同世代の中国語教師ミアと出会う。

それぞれの人生が決してハッピーではなく

問題を残して終わる。

それを考えるのは観客ですね。Sub2_large

125分の映画ですが、退屈しない展開の早い映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「怒り」

917日に封切られ、話題になっていた映画「怒り」を観ました。751b7cb53b67c242

http://www.ikari-movie.com/

知り合いのブログにも書かれていた。原作は読んでいませんが

吉田修一の作品ということもあり、興味を持って観に行った。

吉田修一の原作を映画化した「悪人」の李相日の監督作品。

作り方に「悪人」と共通する感じがよくわかる。

残虐な殺人事件の犯人として指名手配された犯人。

1年間の逃亡で整形手術もしているのではないかと643

公開捜査で放送された内容を見て

東京、千葉・勝浦、沖縄の三箇所を舞台にして

前歴不詳の三人が犯人に似ていることで物語が展開する。

妻夫木聡、綾野剛、640

渡辺謙と宮崎あおい、松山ケンイチ、

森山未來、広瀬すず、がそれぞれ熱演をする。

決してきれいではないが

ゲイ、知的障害、基地問題などが絡まり645

今の世の中についても考えさせられる。

最初に凄惨な犯行現場から始まるので、

どこまで「エグイ」のかと思ったが、そうでもなかった。

そうそう、音楽担当は坂本龍一さんでした。644

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧