映画「50年後のボクたちは」

月一の映画で「50年後のボクたちは」を観てきた。Photo
http://www.bitters.co.jp/50nengo/

題名から想像できる内容ではなかったが、

最後
50年後またここで会おうというセリフがあり題につながった。
ショッキングな交通事故の場面から始まる・・・。

ドイツでの物語、
14歳のマイクは冴えない中学生。
同級生から変人扱いされている、母親はアル中で、

父親は若い恋人と浮気、マイクは学校だけでなく、
64
家に帰っても息苦しい毎日を送っていた。

そんな時、チックという風変わりな転校生がやって来る

ロシアから来たらしいが、マイク以上に敬遠された。

645マイクのあこがれの人の誕生パーティの招待状2人には来なかった。 
夏休みに入り、チックはマイクをドライブに誘う。
チックが無断借用したオンボロのディーゼル車に乗り、

南へと走り出した
2人は、無謀ながらも640
退屈な日常から飛び出し一生忘れられない旅に出る。
そして・・・最初の場面へと戻る。
少々現実離れしている。スタンド・バイ・ミーの方がきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「終わった人」

定年退職した人のことを書いた同名小説の映画化320_2
「終わった人」を観てきました。

http://www.owattahito.jp/

客席は
8割ほど埋まっていましたが、
年齢層は大変高かったです。

東大卒、大手銀行勤務、しかし途中で出世街道を外れ

関係会社の専務に…そこで定年

仕事一辺倒の生活、朝からすることもなく過ごす日々
641
スポーツジム通い、大学院入学を目指して勉強

カルチャ教室通い、淡い恋愛
(片思い)・・・・。
主人公を舘ひろしが演じ、

美容室に勤める妻を黒木瞳が演じる。

舘さんの同級生に笹野高史、これは無理がありました。
645
コメディーっぽく観るならありですが、・・・・。

IT
企業の顧問を頼まれ、新たな居場所を見つけ頑張るが
社長の急死で社長に据えられる。

しかし、会社が傾き、妻との間に亀裂が・・・。

「散る桜 咲く桜も 散る桜」が何度か使われます。
 644

主題歌「あなたはあなたのままでいい」を今井美樹が歌う。
昨日NHKの「SONGS」で歌っていました。
https://www.youtube.com/watch?v=MGQ9GG-65ns

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「サーミの血」

月一の映画で「サーミの血」を観た。B138525194069579

http://www.uplink.co.jp/sami/

2017年9月に公開された映画で、

北欧の少数民族サーミ人の少女が、

差別や困難に立ち向かいながら生きる姿を描いたドラマ。

1930年代、スウェーデン北部の山間部に居住し

トナカイを飼育しテントで暮らすサーミ族は、641_2

劣等民族として差別を受けていた。

エレ・マリャは、母や妹を残しサーミ人であることを隠し

町へ出ていった。

そして、妹の死で息子や孫と郷里へ戻り643

当時のことを回顧する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「家族はつらいよ2」

1年前に公開された「家族はつらいよ」の続編5ec1d7954bfca85b
「家族はつらいよ2」を近くの会館で観た。
http://kazoku-tsuraiyo.jp/
前作は熟年離婚問題でもめる家族を題材にしたもの。
今回は高齢者の運転免許の問題から
同級生、そして突然死と
笑うに笑えない題材を
笑わせてくれながら考えさせられる。641
三人の子供たちがそれぞれの家庭で
それぞれの問題を抱えながら
支え合って?問題へ立ち向かう。
笑い過ぎて涙が647
感動して涙が・・・。
劇場ではないですが、
大きなスクリーンがやはりいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「グレイテストショーマン」

今年2月16日に公開された7241c3aff2d67953

「グレイテストショーマン」を観に行った。

http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/

「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた

19世紀アメリカの実在の興行師PT・バーナムの

半生を描いたミュージカルで、ヒュー・ジャックマンが主演。

「ラ・ラ・ランド」の音楽も担当した

ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが640

劇中で歌われるミュージカルナンバーを担当。

貧しい家に生まれ育ったフィニアスは、

幼なじみの名家の令嬢チャリティと

親の反対を押し切って結婚した。642

妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスは

子どもたちの偽物ではなく、本当のものをみたいという声で

様々な個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた645

誰も見たことがないショーを作り上げ、大成功をつかむ。

さらなる成功のために、手を広げていくが、

徐々に初心から離れていき、大きなものを失ってしまう。

1時間45分と少し短めでもあり、

音楽と動きに引き付けられ、あっという間でした。647

私が見たのはアンコール上映で、人気の高さを表していた。

オペラ歌手ジェニー・リンドが歌う「Never Enough」がとてもよかったです。

https://www.bing.com/videos/search?q=Never+Enough&view=detail&mid=683D222D165BFE4B4806683D222D165BFE4B4806&FORM=VIRE

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「午後8時の訪問者」

月一の映画で「午後8時の訪問者」を観ました。B2c463bbc70096d9

http://www.bitters.co.jp/pm8/

2016年に作られたベルギー映画で、

2017年に4月に公開されています。

研修医を指導する女医ジェニーは町の診療所勤め。

ある日の夜、診療受付時間を1時間過ぎた時

診療所のドアベルが鳴るが、女医は応じなかった。

翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、643

少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに残っていた。

少女の助けにこたえられなかったことを悔い、

女医はその原因を突き止めようとする。

医師の良心や正義について葛藤しながら、背景に迫る。641

1時間40分の映画、患者と医師の姿が

色々な角度で描かれている。面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「坂道のアポロン」

ジャズを取り上げたアニメ原作の映画D34ae296d56aee72
「坂道のアポロン」を観ました。

http://www.apollon-movie.com/

ジャズに魅了された高校生たちの青春を描き、

小玉ユキの同名人気漫画を、実写映画化。

医師として忙しい毎日を送る西見薫(知念侑李)の

デスクに飾られた1枚の写真。
 
そこには笑顔の3人の高校生が写っていた。643
10
年前の夏、薫は転校先の高校で誰もが恐れる不良
 
川渕千太郎(中川大志)と運命的な出会いを果たす。
 
ジャズのドラムを叩く千太郎と、
 
幼いころからピアノを弾いていた薫は音楽でつながり、644
 
千太郎の幼なじみの迎律子(小松菜奈)と
3人で過ごす日々の中、 薫は律子に
恋心を抱くようになっていた。

 
しかし、律子が恋焦がれるのは
千太郎であることを薫は知ってしまう。

 
三角関係に思い悩みながらも、645
千太郎とのセッションを楽しむ薫だったが、

 
そんなある日、
千太郎が薫と律子の前から突然姿を消してしまう。

ディーン・フジオカと真野恵里菜が

東京帰りの大学生役を務め、展開に大きな影響を与える。647

ジャズのスタンダード「モーニン」が導入の大切な曲となる。

また、「マイ・フェイバリット・シングス」も
最後いい意味を持たせて展開する。

時代が昭和40年代初頭、大学紛争もあり641

赤い公衆電話も登場
グループサウンズが流行っていたのかな。
「ガールフレンド」(オックス)が学園祭で演奏される。


観客はたくさんの若い人でいっぱいでした。

ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ
Hey! Say! JUMP」のメンバーの知念侑李が
主役であるからでしょう。
なので、フォトギャラリーにも画像がない。


この時代の背景が観客にわかるのかなと…思ってしまった。

それでも青春時代の恋はいつも一緒なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「弁護人」

月一の映画で韓国映画の「弁護人」を観た。D19422fafb2cefe4

http://www.bengonin.ayapro.ne.jp/

高卒で弁護士になった青年弁護士が、

人権派弁護士へと転身を遂げる

男の奮闘を描く社会派ヒューマンドラマ。

1980年代初頭、軍事政権下の韓国で

不動産から税務の弁護士として

多忙な毎日を送っていたソン・ウソクは、641

世話になった食堂の息子ジヌが

国家保安法違反容疑で逮捕されたことを知る。

拘置所での面談で暴行、脅迫など

不当な逮捕・起訴であることを裁判で訴える。647

軍事政権下での治安維持と人権問題。

今の日本では考えられないことであるが、

他に目を向けると存在する。

現実の問題かと考えると怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「嘘を愛した女」

長澤まさみと高橋一生の共演で話題になっている781e882a0d492a3f

映画「嘘を愛した女」を観た。

http://usoai.jp/

長澤まさみ演じる川原由加利は食品メーカーに勤める

活躍するキャリアウーマン。

東北震災が起こったあの日、体調不良となったとき

小出桔平と運命的に出会う。

そして、再会ののち一緒に生活することになる。641

このあたりの展開が理解できなかったな。

偽造免許を持つ桔平の過去を追いかける。

なぜ、どうして、どこへなど・・・・

それは映画を観てください。642

退屈はしません。瀬戸内海の島や橋もたくさんでてきます。

フィアット、Pandaが活躍します。

DAIGOや吉田鋼太郎がいい演技をします。

黒木瞳の女将もよかった。647

川栄李奈は演技だったのかな?

主題歌は松たか子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ラスト・タンゴ」

月一の映画で「ラスト・タンゴ」を観ました。9e7fc9f112c1ff16
上映1分で、観た映画だと確信しました。
2016年7月に公開された映画で、
すでに観ていました。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2016/09/post-8245.html
ただ2回目でも、飽きませんでしたね。
よりゆったりと見れた感じがします。
ドキュメンタリータッチなのですが、640
タンゴと男女のドラマ。
まだ見ておられない方はDVD等でご覧ください。
いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧