プラド美術館展   県立美術館

613日から県立美術館で行われているCimg0451_2
「プラド美術観展」に行ってきました。

金曜日、土曜日は20時までの開館なので

特に金曜日の夜は人も少なく

ゆっくり見ることができます。

スペインのプラド美術館

1819年に開設された世界屈指の美の殿堂。Cimg0461

1617世紀にスペインは強大な富を背景に

美術品の収集を行いました。

今回はベラスケスを中心として70点が紹介されています。

1014日まで会期がありますから

一度行かれては?Cimg0456


かえりはいつもの新在家の「洋食の赤ちゃん」で

しあわセットをいただきました。

ここはいつも満席!たまたまカウンター席が空いておりCimg0457

待つことなく案内されました。

阪神タイガースが勝った翌日は

カニクリームコロッケが1つサービスでのります。

満足、満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新神戸 竹中大工道具館

以前、元町の北にあった「竹中大工道具館」が移転をしImg_0284

新神戸駅のすぐ東側のタワーマンションの横にあった。

https://www.dougukan.jp/

1階のホールでは

「聴竹居 藤井厚二の木造モダニズム建築」と題した

特別展示がされている。

藤井厚二は日本の風土に則した住宅を模索し続けた建築家で

集大成「聴竹居」を通し藤井の住宅への想いが紹介され、Img_0255
精巧な図面から模型などが展示され

取り入れられた工夫も理解できるよう、
うまく紹介されていました。

地下1階、2階は常設展示で、大工道具の歴史Img_0259

つくり方、使用の仕方、銘品など多くの展示があり

動画でもうまく紹介されていた。

じっくりと見た後、施設内に休憩所が用意されていた。

北へ少し歩いたが、いい庭園があった。Img_0263

茶室「一滴庵」がそこにあり、特別公開や

御茶会も模様されているようです。

都会の喧騒の中で、木のぬくもりを感じ

緑に囲まれ、ホッとする時間でした。Img_0276

次回はナイトミュージアム+ジャスイベントかな。

7月1日はファンデーのため入場無料です。
(通常500円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国宝 春日大社のすべて    奈良国立博物館

春日大社の創建1250年記念特別展がImg_0134

奈良国立博物館で610日まで開かれている。

ドライブがてら50キロの道のりを1時間かけて行った。

車はあとで「ならまち」をぶらぶらすることを考えて

ならまちの外れに止めた。Img_0139

公園の中を歩くとたくさんの旅行客と鹿が迎えてくれる。

平日のため博物館内は落ち着いてみることができました。

太鼓(だだいこ)の大きさには圧倒されました。

赤糸威大鎧(あかいとおどしおおよろい)の精巧さに驚きImg_0141

春日宮曼荼羅の種類の多さにもびっくり

国宝や重要文化財が多く、歴史とともに

人の技術技巧の素晴らしさに圧倒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「江戸の戯画」から「ディズニー・アーカイブス展」へ

鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎までの「江戸の戯画」がDsc_2968

天王寺の大阪市立美術館で行われている。

http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/edonogiga
目玉展示の金魚づくしは前期の13日までで

かなり並んで待ちましたが、見ることができました。Dsc_2971

たくさんの人で、小さな作品も多く

今回も人の流れに乗って見なければいけないような・・・。

順路は決めていませんというアナウンスもあるように

自由に見ることができるのですが、

小さな作品は並んで待ってみなければしっかり見られません。

楽しそうに話をしながらゆっくり見ているカップルに

おい、おいと思いながら、2時間近く見ました。

世の中を表現した滑稽さがあり、面白みと

絵の巧さにもみとれました。

北斎の鳥羽絵や国芳の金魚づくしがベルギー王立美術歴史博物館から

帰ってきていることも、目を引きました。Cimg0693

610日までやってますよ。

大丸梅田店で「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」が

514日までやっています。

https://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/disney_archives/index.html
ウォルトの死後、記録を残そうとできたアーカイブスCimg0665

日本初公開も含め420点が展示されています。

ミッキーの顔の変化や書斎なども再現されており

ファンには貴重な展示なのでしょう。

途中、映画の衣装などの展示もあり、撮影可能でした。

TDR35周年を迎えます。いつまでも夢を与えるところなんですね。Cimg0687

出口では会場限定商品もたくさん販売されていました。

残念ながら明日までですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターナー 風景の詩  京都文化博物館

以前前売りチケットを買っていたターナー展に行ってきました。Cimg0275
京都文化博物館という、以前の日銀京都支店
国の重要文化財に指定されている
重厚なレンガ造りの中に新たな建物があり
その4階に展示されていました。
作品が小さいため、皆さん近くで見られるので、Dsc_2876
なかなか進みません。2時間近くかかりましたが、
精巧なタッチと水彩画の鮮やかさに惹かれ
エッティングを含むたくさんの作品を見ることができました。
三条堺町のイノダの近くでした。Cimg0279
土屋鞄製造所も近くにあり、訪ねていきました。
京都の町は落ち着きのある街並みなのですが、
観光客が多すぎますね。
次回は平日に訪れたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴッホ展・巡りゆく日本の夢 

京都国立近代美術館で行われているCimg9715_3
「ゴッホ展・巡りゆく日本の夢」へ行ってきました。

久しぶりの京都です。地下鉄東西線で東山駅まで、

昔ながらの家並みや白川沿いに歩いて美術館へ。

昼前でしたが、長蛇の列。あと一週間だからでしょうね。

会場の中も、人、人、人・・・・・。

順路が設定されていないので、余計に混雑していました。

ゴッホに影響を与えた浮世絵やゴッホの作品にかかわったCimg9713

日本人のことなど、たくさんの展示があり、

じっくりは見ることができませんでしたが、

1時間ほどかけてみることができました。

物販コーナーも人、人、人、そしてレジも長蛇の列。

Postcardと図録を購入。Cimg9711

外へ出たときは列がなくなっていた。

タイミングが悪かったようです。

すぐ北側に平安神宮があります。
ここは今から40年ほど前、欄干のペンキ?がCimg9721
ジーンズのお尻についた思い出の場所です。
懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大エルミタージュ美術館展 兵庫県立美術館

以前映画で予習をした「エルミタージュ美術館」がDsc_2483

東京・名古屋に続き神戸で開催されている。

1月14日(日)までなので、今日行ってきました。

JR灘駅から南へ10分、歩道橋から直接建物の中へ。

ラスト一週間ですから、たくさんの人でした。Dsc_2499

撮影用のエカテリーナ二世の衣装が迎えてくれます。

記念写真コーナーですね。

3階から始まります。全部で85点展示されています。

イタリア:ルネサンスからバロックへDsc_2497

フランドル:バロック的豊穣の時代

オランダ:市民絵画の黄金時代

スペイン:神と聖人の世紀

フランス:古典主義的バロックからロココへDsc_2487

ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

というコーナーに分けられている。

大きな作品から小さなものまで、精巧によく描かれており

これだけどうして集めたのか・・・映画で説明されていました。Dsc_2491

2時間ほどかけて見て回りました。

疲れることなく、ゆっくり見せてもらいましたが

中が暑かった。外は寒かった。

南側にある身長6メートルの「なぎさ」ちゃんも見てきました。

誰か(T川君)のfacebookのプロフィール画像になっていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸市立博物館 ボストン美術館の至宝展

10月28日から始まった「ボストン美術館の至宝展」に行ってきました。Dsc_2154_2
岡倉天心が大きくかかわった、コレクション
中国、日本、ヨーロッパなどから集められてコレクションの数々
各作品の説明を見ながら、じっくり見ていると
2時間があっという間に過ぎました。
平日なのでいいのでしょうが、Dsc_2155_2
土曜日曜ならたくさんの人で、
ゆっくり見ることができないでしょうね。
コローのボーヴェ近郊の朝
モネの睡蓮Dsc_2158_2
ルノワールの花などのポストカードと
図録を買いました。

博物館の北ではDsc_2156_2
12月に始まる「ルミナリエ」の用意が始まっていました。
10月最後の日ですが、
肌寒さとともに冬を感じる風物詩ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田一徹作品展 切り絵

新聞で成田一徹作品展が開催されているという記事を見てDsc_1594
神戸海洋博物館へ行ってきました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201708/0010465748.shtml
天気も良く、ポートタワーもとてもきれいでした。
あまり気にすることなく見ていた絵でしたが、
切り絵ということと、成田氏とつながりがあることが分かり
関心を持ち始めていた時に
新聞での記事を見て、是非にと思い行きました。
今年は神戸港開港150年ということで
この作品展も神戸港に関係する作品ばかりDsc_1602
30点ほどが公開されていました。
平成24年に63歳の若さで亡くなっているため
新たな作品が作成されることはありませんが
これから興味を持って作品を見ていきたいと思います。Dsc_16031
切り絵で描かれる世界、
単純そうに見えますが、引き込まれるものがありました。

海洋博物館は海洋関係展示だけでなく
川崎重工業の展示スペース
カワサキワールドが常設されているためDsc_1608
歴史と製品など昔流行った単車など
懐かしく見ることができます。
若かりしころ、テントを積んでツーリングしたこと
あれも青春の一ページですね。Dsc_1619
ちなみに私はHONDAのCBでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vol.17 Collége de JOUJOU Piano concert のお知らせ

17回目となるJOUJOUPiano concertのお知らせが届きました。

題して「 The gift  ~JOUJOUからの3つのおくりもの~」

1年間のブランクがあり、心配していましたが再開されるようですね。


以下は
JOUJOUHP,ブログからの引用です。

■日時 2016918日(日)14:00開演(13:30開場)

■ところ  神戸市産業振興センター(ハーバーホール)

http://www.kobe-ipc.or.jp/access/

■チケット 【販売開始しました♪】

 大人 1500円(税込) 小人(小・中学生)1000円(税込)

全席自由

■プログラムO0480067613678504114

・モーツァルト / きらきら星変奏曲

・ハチャトゥリアン / 剣の舞

・ショパン / 木枯らしのエチュード

J.Sバッハ / イタリア協奏曲

・赤とんぼ変奏曲

・ショパン / バラード1

Let it go ~ありのままで~

・リムスキー=コルサコフ / 熊蜂の飛行

・ジブリメドレー

・久石  / Summer …他

■出演者

飯野 有加里 /上田 舞/上村 雅美

大橋 慶子 /大橋 希美/奥 

岡本 智真/小寺 智絵 /小林 未季

三枝 純子/坂井 優子/砂野 典子

長井 典子/福井 涼子/福田 あい

藤木 加奈子/山口 友理/リム ユヒャン

■お問い合わせ

 Eメール:joujou2000@hotmail.co.jp

 ジュジュHP http://college-de-joujou.jimdo.com/

 ブログのコメント、メッセージからも受け付けております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧