ジャズライブへのお誘い KMJC28thLIVE

年に2回行っているKobe Modern Jazz Club Live201803kmjc1
今回でなんと28回目となります。14年です。
チケット1000円の超お得ライブです。
今回は「Opera Meets Jazz」と銘打ってのライブで
石川翔太(B)が参加して
Mike Del Ferro(P) Sebastiaan Kaptein(Ds)をサポートします。
チラシには井上太一氏が
「人生を劇的に描くオペラを、ジャズが豊かに謳うとき
音楽は昇華し、現代都市における愛を夢見るのである」と
コメントを寄せている。

3月3日(土)中華会館東亜ホール
午後4時開場 午後5時開演
チケットの問い合わせ、取り扱いは
茶房ヴォイスへ
電話 078-334-3668 
E-Mail  kobemodernjazzclub@gmail.com

またはここでコメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rika Tanaka Christmas Special 2days Mister Kelly's

たなかりかさんのライブに行ってきました。Dsc_2401

場所は大阪梅田、ミスターケリーズ

http://www.misterkellys.co.jp/index.html

久しぶりのミスターケリーズです。

毎年クリスマスライブをされているそうです。

今年は「Japanese Songbook 2」のメンバー

プロデューサー鈴木 正人(B)、ハタヤテツヤ(P&Key)

坂田 (D)とギタクレの西藤ヒロノブ(G)です。Dsc_2394

始まりとともに、伴奏が一人多い?

トランペットの予定はないのだが・・・・。

一曲だけの参加です。シークレットゲスト。

昨晩急遽、決まったそうです。良かったです、最高です。

クリスマスソングの中に、「Japanese Songbook」を織り交ぜます。

黄昏ビギン、こぬか雨、人にやさしく、夢で逢えたら、Dsc_2399

イミテーションゴールド、おかしな2人、元気を出して、

アルバムにはない、「ひとつだけ」「ライオンハート」

も歌ってくれました。

アンコールは、エイリアンズで盛り上がりました。

楽しい2ステージでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「永遠のジャンゴ」

ジャズギタリストのジャンゴ・ラインハルトの物語Fc5357d0a7d752ff

「永遠のジャンゴ」を観ました。

http://www.eien-django.com/

ジャンゴは、ロマ(ジプシー)音楽とスウィング・ジャズを

融合させ、後のミュージシャンたちに多大な影響を与えた。

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス・パリ。

華やかなミュージックホールに出演していたジャンゴは、641

満員の観客を魅了し、大きな人気を得ていた。

その一方でナチスによるジプシーへの迫害はさらに悪化し、

多くの仲間が虐殺され、家族そしてジャンゴにも646
危険が迫ったが、それでも演奏をあきらめなかった。
非情な現実に打ちのめされていたジャンゴに

ナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる。

自分の信念を曲げずに演奏し続けようとするジャンゴ649_3
ほのかなロマンスもあり、

きれいな曲と演奏が流れます。

1125日に公開された117分の伝記映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ澤野スペシャル「エルマー・ブラス トリオ」

兵庫県立芸術文化センターで毎年行われている4293313324_20170820130926

Hyogoクリスマス・ジャズ・フェスティバル2017で

今日はアトリエ澤野スペシャルで、ドイツからの

「エルマー・ブラス トリオ」のコンサートが

神戸女学院小ホールで行われました。

19時からとスタートがゆっくりしていました。

終わりはノリノリのアンコールがあり、2110分でした。Dsc_2379

セットリストにあるように、1stはスタンダードが多く

トリオのきれいな音で聴きやすかったです。

ndはオリジナルも含め、ノリノリの演奏もありました。Dsc_2380

コンサート終了後は、発売前のCDを購入し、

丁寧にサインを入れてもらいました。

彼らのアルバムの中に「YAMAZAKI12」という曲があり

一緒に山崎蒸溜所に行ってきたようです。

その話も今日MCで話していました。(英語ですが・・・)Dsc_2390_2



アトリエ澤野

http://www.jazz-sawano.com/

https://www.facebook.com/sawano.kohboh/?hc_ref=ARRjoUr3tKmMAMfytqpiseu2ALXsZaR4kSYiposllhrCQqPOWgj3550dD0F9NAe3B_A&fref=nf

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸文化ホールスペシャルジャズコンサート

神戸文化ホールが主催するジャズコンサートに行ってきました。

出演するのは、アマチュアでDsc_2277

神戸ユースジャズオーケストラ

甲南高等学校・中学校ブラスアンサンブル部

プロとしては

KOBE JAZZPHONIC RADIO Special BandImg020

ゴールデン・シニア・トリオ

ゲストヴォーカルYuka です。

前半はアマチュアの学生ビッグバンド

若々しく丁寧な演奏で、慎重に音を奏でていました。

ヴォーカルのYukaさんも参加、スタンダードが中心でした。

休憩後はプロの出番、

最初はラジオ関西の番組「KOBE JAZZPHONIC RADIO」の

パーソナリティー、広瀬未来(T)・高橋知道(TS)と

そう、先日グレブルで聞きましたたなかりかさんです。

さらに、時安吉宏(B)さんと樋口広大(D)さん

さらに東京からピアノの熊谷泰昌さんが参加。

番組のオフィシャルCDKOBE JAZZPHONIC RADIO」から

独自編曲の4曲を披露。さすがプロという気持ちいい演奏でした。

そのあとは、合計255歳というギネスにも載る

ゴールデン・シニア・トリオです。Img021

ビブラフォンの鍋島直昶さんは、なんと91歳です。

次がピアノの大塚善章さん、83歳

ベースの宮本直介さんが一番若く、81歳

すごいトリオですね。これでCDも作っているし

コンサートもやってるんですからすごい。

かなり前から見ていますが、毎年、お年を重ねておられます。

鍋島さん「まだお迎えが来そうもない」と言っておられましたから

ますます頑張ってください。
最後はゴールデン・シニア・トリオと

広瀬さん、高橋さん樋口さんが合体
たなかりかさんとYukaさんも参加して
のりのりの「ルート66」で幕が下りました。

13歳から91歳までのジャズコンサート

元気をもらいました。

追加です
様子が報告されていました。
http://jocr.jp/jazz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たなかりか GREATBLUE

神戸からメジャーデビューしたCimg2277_2

たなかりかさんのライブがあった。

彼女がアマチュア時代毎月ステージに立っていた

ここGREATBLUEにピアノの伊藤志宏さんを

東京から招いてのライブです。

2005年のライブの記事をブログに書いています。Dsc_2060

http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2005/03/ingreat_blue.html
メジャーデビューして6枚のCDを出しているんですね。

http://tanakarika.net/discography

店内はいっぱいのお客様。Cimg2282

ムーンリバーから始まって

ユーミンの歌や矢野顕子さんの歌

スタンダードもたくさん

キーを変えたミスティーなど

2ステージで16曲以上聞かさせていただきました。

志宏さんとの掛け合いも面白く

安藤さんを呼び込んで、安藤・志宏のダブルピアノは見ものでした。Cimg2294

りかさんにとってはホームグランドのようなもの

私たちも「おかえりなさい」という感じで見ていました。

りかさんとつながる知り合いO崎さんとも、数年ぶりに再会

また強いつながりになりそうです。

11月のコンサート、楽しみにしています。

安藤さんとの場面は、Cimg2297

記念にとってねという声があったので

撮らせていただきました。

貴重な画像、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのGREAT BLUE!

三宮のジャズライブの老舗の一つDsc_1924
GREAT BLUEに行ってきました。
http://www.livehousegreatblue.com/index.htm
今日のグループは“ d a d a ”
リーダーが、山中 佑起 Vib
そして、西久保 翠 P、時安 吉宏 B、高野 正明 Dr
というメンバーです。
ヴィブラフォンは珍しいですね。
長老の鍋島さんを思い出しますね。
時安さんも、高野さんも久しぶりです。Dsc_1929
というか、ここGREAT BLUEは何年ぶりかな。
お店の方が覚えていてくださったことに感謝。
演奏は西久保さんアレンジのクラシックもあり
荒城の月もあり、楽しい2ステージでした。Dsc_1934

次回はVOCALを聞きに行きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live 第27回 のご報告

例年2回(3月と9月)に行われいる、Cimg1638
KMJCの第27回目のライブがありました。
今回はロシアからLRKTrioを招いてのライブです。
ロシアから来てもらうことの大変さも太ちゃんは語っていました。
200名を超えるからの来場で
会場はいっぱいでした。Cimg1640
前回より、ライブの様子はストリーミングしています。
https://www.facebook.com/dai.murata.3?fref=ts
ぜひ、ライブの様子をご覧ください。
細かな説明をするよりも、見ていただくのが一番ですね。
2ステージで1000円は超お得です。Cimg1645
次回は2018年3月の第一土曜。
開けておいて下さい。

いつもお越しいただく、H袋様、I藤様、ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。Cimg1649
チケットがないけど顔を見に来ましたという
M下様、次回はチケットの件言ってくださいね。確保しますから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live 第27回 のご案内

Kobe Modern Jazz Clubの恒例の9月ライブのご案内です。17_09_02kmjc
今回はロシアからのお客様です。
LRK Trio で「Plays Fairy Tale」と題してのライブです。

KMJC(Kobe Modern Jazz Club)のライブは
素敵なJAZZを一人でも多くの方に聞いてもらいたいと
1000円という低料金で、3月と9月
主催者の独断と偏見で
素敵な素敵な出演者を選んでいただいています。
毎回200名を超える方に楽しんでいただいています。

今回は17_09_02kmjc1_2
9月2日(土) 会場はいつもの中華会館 東亜ホール
午後4時開場、5時開演で、2ステージ楽しんでいただけます。

ただ今チケット前売り中です。
お問い合わせは、茶房VOICEまで 078-334-3668
E-Mail kobemodernjazzclub@gmail.com

またはこのブログへ書き込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLUE GIANT 10(完結巻)の発売

石塚真一氏のコミック「BLUE GIANT」が発売された。Dsc_0750

今回は第10巻で、これで一応完結。

しかし、「BLUE GIANT SUPREME」が新たに始まり

これも同時に発売になった。

今日早速購入し、共に読み終わりました。

宮本大と沢辺雪祈、玉田俊二のトリオ「JASS」の

演奏が「ソーブルー」で聴けるのか・・・・。

そして、大は新たに海外へ飛び立っていく・・・。

勢いのあるコミックです。Uccu1529_waa_large

そして、コミックで紹介された曲が集められた

サウンドトラック的アルバムが出ています。

BLUE GIANT COMPLETE EDITION

三作目になります。

http://www.universal-music.co.jp/blue-giant/products/uccu-1529/
Disc 1

1 ニュークス・フェイドアウェイ / ソニー・ロリンズ

2 ノヴェンバー・アフターヌーン / ディジー・ガレスピー・ビッグ・バンド

3 クリフォードの想い出 / リー・モーガン

4 ディープ・ナイト / ソニー・クラーク

5 コフィ / ドナルド・バード

6 コンファメーション / チャーリー・パーカー

7 テンパス・フュージット / バド・パウエル

8 ディア・ロード / ジョン・コルトレーン

9 エクリプソ / トミー・フラナガン&ジョン・コルトレーン

10 リメンバー / ハンク・モブレー

11 ヴィジテーション / ポール・チェンバース

12 いつかどこかで / クリフォード・ブラウン

13 ラウンド・ミッドナイト / セロニアス・モンク

Disc 2

1 オリーヴ・リフラクションズ / ジョニー・グリフィン

2 アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー / デクスター・ゴードン

3 モーメンツ・ノーティス / ジョン・コルトレーン

4 チュニジアの夜 / ソニー・ロリンズ

5 モーニン / アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

6 ウェル、ユー・ニードント / セロニアス・モンク

7 チェロキー / クリフォード・ブラウン

8 カウントダウン / ジョン・コルトレーン

9 タイム・ウォズ / ジョン・コルトレーン

10 処女航海 / ハービー・ハンコック

 

こんなにたくさん入っています。

コミックとともに楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧