竹中大工道具館 サマーイベント 「Kobe Summertime Jazz」

台風が近づいていますが、開催されたので、Cimg0365

新神戸にある竹中大工道具館で行われた

Kobe Summertime Jazz」に行ってきました。

18:30からなので、先に席を確保して館内を見学。

徐々に風が強くなる中コンサートの開始です。

出演は

モダンタイムス・ビックバンドwithロアーナ・シーフラ

150名の席がほぼいっぱいでした。Cimg0367

スタンダードを中心で、素敵なサックスを聞くことができました。

ただ、JRの運転打ち切りが予告されていたので、

終了時間を早めた、8時に終了しました。

やはり生演奏がいいですね。

Cimg0370

ここ竹中大工道具館はぜひ一度おいでいただく価値があると思います。

https://www.dougukan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GreatBlue MAYA&松尾トリオ

2002年に発売されたMAYAのDsc_2885

She's Something』を聞いたことがあった。

同じ年に出された松尾明 & Take Ten

On A Misty Night』はCDを持っている。

この組み合わせをGreatBlueに見に行った。Cimg0321

MAYAのライブアルバムの発売記念で

二村希一(Pf)/嶌田憲二(B)/松尾明(Ds)のサポートです。

トリオの演奏は軽快でのりのり、気持ちよかったですね。

MAYAさんのボーカルが入って、

横浜ホンキートンク・ブルース、ふしあわせという名の猫Cimg0337

朝日のあたる家、夢は夜ひらく、ベサメ・ムーチョ、アドロなど

最新LIVECDから・・・・。

日本語で歌われることに違和感はなく

MAYA独特の世界へ引き込まれていく。

アンコールはオー・シャンゼリゼをみんなで歌い終了。Dsc_2890

松尾さんと二村さんには持参したCDにサインをいただきました。

このCD、持ってる人いないよ!と驚いてももらえました。

お酒を飲みながら、ゆったりとした時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zensho Otsuka HARD BOP NIGHT  ROYAL HORSE

久ぶりに大阪梅田のロイヤルホースへImg029

大塚善章さんのライブを聞きに行った。

田中洋一(Tp)、河村英樹(Sax)、

岩田晶(B,上場正俊(Ds)で、お題はハードバップ

ホレス・シルバーのピース

セロニアス・モンクのストレイト・ノー・チェイサー

ケニー・ドーハムのブルー・ボッサ

チャーリー・パーカーのコンファメーションDsc_2827

などを聞きました。

老舗のライブハウス、重厚感のある店内で

生の伸びやかな音…気持ちよく聞けました。Cimg0128

善章さんも、お年を感じさせない軽快なピアノでした。

ただ、合い席の方、演奏中は静かにしてほしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「坂道のアポロン」

ジャズを取り上げたアニメ原作の映画D34ae296d56aee72
「坂道のアポロン」を観ました。

http://www.apollon-movie.com/

ジャズに魅了された高校生たちの青春を描き、

小玉ユキの同名人気漫画を、実写映画化。

医師として忙しい毎日を送る西見薫(知念侑李)の

デスクに飾られた1枚の写真。
 
そこには笑顔の3人の高校生が写っていた。643
10
年前の夏、薫は転校先の高校で誰もが恐れる不良
 
川渕千太郎(中川大志)と運命的な出会いを果たす。
 
ジャズのドラムを叩く千太郎と、
 
幼いころからピアノを弾いていた薫は音楽でつながり、644
 
千太郎の幼なじみの迎律子(小松菜奈)と
3人で過ごす日々の中、 薫は律子に
恋心を抱くようになっていた。

 
しかし、律子が恋焦がれるのは
千太郎であることを薫は知ってしまう。

 
三角関係に思い悩みながらも、645
千太郎とのセッションを楽しむ薫だったが、

 
そんなある日、
千太郎が薫と律子の前から突然姿を消してしまう。

ディーン・フジオカと真野恵里菜が

東京帰りの大学生役を務め、展開に大きな影響を与える。647

ジャズのスタンダード「モーニン」が導入の大切な曲となる。

また、「マイ・フェイバリット・シングス」も
最後いい意味を持たせて展開する。

時代が昭和40年代初頭、大学紛争もあり641

赤い公衆電話も登場
グループサウンズが流行っていたのかな。
「ガールフレンド」(オックス)が学園祭で演奏される。


観客はたくさんの若い人でいっぱいでした。

ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ
Hey! Say! JUMP」のメンバーの知念侑李が
主役であるからでしょう。
なので、フォトギャラリーにも画像がない。


この時代の背景が観客にわかるのかなと…思ってしまった。

それでも青春時代の恋はいつも一緒なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28th Kobe Modern Jazz Club Live 終わりました。

28回目を迎えたKobe Modern Jazz Clubのライブが終わりました。

今回もライブ映像が同時配信されていましたので、Cimg9757

ここで紹介するよりも、

ライブ映像を見ていただく方がいいと思います。

これが1000円のライブと…

驚かれるのではないでしょうか。

右の画像も会場で撮ったものとPhoto

配信されるライブ動画からとったものです。

次回は9月1日の予定

楽しみにお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワリングJAZZライブ たなかりか

甲南大学の「梅と文化の花結日」に行ってきました。

たなかりかさんの母校でのステージでした。_20180303_130316

和太鼓チーム「悠(ゆう)」のステージの後

ギタリスト愛川聡さんの伴奏で

シンプルなステージですが、

だからこそヴォーカルが目立ちます。

「ムーンリバー」から「チーク・トゥ・チーク」、

「ブルー・ローズ」「I Wish You Love

続いて、りかさん得意のジャパニーズポップス

「夢で逢えたら」

スタンダードに戻り

Love For Sale」、「Close To You」と続き

最後は東北震災の復興支援の歌「花は咲く」でした。

やさしくてクールな歌声と司会者は言っていましたが

あたたかくパンチのある歌声でした。

愛川さんのギター素敵でしたね。

ギター一本とは思えない演奏でした。

最後に和太鼓とのコラボで

「シング・シング・シング」を・・・・。

のせるのがうまいので、りかさんのスキャットに合わせて

和太鼓もノリノリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZ SPOT YAMATO 京都・熊野神社東

食事の後、北へ出て丸太町通りを西へCimg9742

京大熊野寮の西側でJAZZ SPOT YAMATOの看板を見つけた

細い路地を下るとビルの一階にあった。

http://jazz-yamatoya.com/

店内はカウンターと二人掛けテーブル2つ

4人掛けテーブル3つ?

奥行きの長い店で、手前は大きなスピーカーが

奥は棚一面のレコードCimg9744

かかっていたのは

マイルス・デイヴィス・クインテットのクッキン

ビターなコーヒーを注文し

読書を・・・・。少々照明が足らず断念。

音楽に集中。他のお客様、ビールなど楽しんでおられます。Dsc_2697

みんなジャズを聞きに来ているので、静かなもの

しばしゆっくりした時間を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズライブへのお誘い KMJC28thLIVE

年に2回行っているKobe Modern Jazz Club Live201803kmjc1
今回でなんと28回目となります。14年です。
チケット1000円の超お得ライブです。
今回は「Opera Meets Jazz」と銘打ってのライブで
石川翔太(B)が参加して
Mike Del Ferro(P) Sebastiaan Kaptein(Ds)をサポートします。
チラシには井上太一氏が
「人生を劇的に描くオペラを、ジャズが豊かに謳うとき
音楽は昇華し、現代都市における愛を夢見るのである」と
コメントを寄せている。

3月3日(土)中華会館東亜ホール
午後4時開場 午後5時開演
チケットの問い合わせ、取り扱いは
茶房ヴォイスへ
電話 078-334-3668 
E-Mail  kobemodernjazzclub@gmail.com

またはここでコメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rika Tanaka Christmas Special 2days Mister Kelly's

たなかりかさんのライブに行ってきました。Dsc_2401

場所は大阪梅田、ミスターケリーズ

http://www.misterkellys.co.jp/index.html

久しぶりのミスターケリーズです。

毎年クリスマスライブをされているそうです。

今年は「Japanese Songbook 2」のメンバー

プロデューサー鈴木 正人(B)、ハタヤテツヤ(P&Key)

坂田 (D)とギタクレの西藤ヒロノブ(G)です。Dsc_2394

始まりとともに、伴奏が一人多い?

トランペットの予定はないのだが・・・・。

一曲だけの参加です。シークレットゲスト。

昨晩急遽、決まったそうです。良かったです、最高です。

クリスマスソングの中に、「Japanese Songbook」を織り交ぜます。

黄昏ビギン、こぬか雨、人にやさしく、夢で逢えたら、Dsc_2399

イミテーションゴールド、おかしな2人、元気を出して、

アルバムにはない、「ひとつだけ」「ライオンハート」

も歌ってくれました。

アンコールは、エイリアンズで盛り上がりました。

楽しい2ステージでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「永遠のジャンゴ」

ジャズギタリストのジャンゴ・ラインハルトの物語Fc5357d0a7d752ff

「永遠のジャンゴ」を観ました。

http://www.eien-django.com/

ジャンゴは、ロマ(ジプシー)音楽とスウィング・ジャズを

融合させ、後のミュージシャンたちに多大な影響を与えた。

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス・パリ。

華やかなミュージックホールに出演していたジャンゴは、641

満員の観客を魅了し、大きな人気を得ていた。

その一方でナチスによるジプシーへの迫害はさらに悪化し、

多くの仲間が虐殺され、家族そしてジャンゴにも646
危険が迫ったが、それでも演奏をあきらめなかった。
非情な現実に打ちのめされていたジャンゴに

ナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる。

自分の信念を曲げずに演奏し続けようとするジャンゴ649_3
ほのかなロマンスもあり、

きれいな曲と演奏が流れます。

1125日に公開された117分の伝記映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧