たなかりか GREATBLUE

神戸からメジャーデビューしたCimg2277_2

たなかりかさんのライブがあった。

彼女がアマチュア時代毎月ステージに立っていた

ここGREATBLUEにピアノの伊藤志宏さんを

東京から招いてのライブです。

2005年のライブの記事をブログに書いています。Dsc_2060

http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2005/03/ingreat_blue.html
メジャーデビューして6枚のCDを出しているんですね。

http://tanakarika.net/discography

店内はいっぱいのお客様。Cimg2282

ムーンリバーから始まって

ユーミンの歌や矢野顕子さんの歌

スタンダードもたくさん

キーを変えたミスティーなど

2ステージで16曲以上聞かさせていただきました。

志宏さんとの掛け合いも面白く

安藤さんを呼び込んで、安藤・志宏のダブルピアノは見ものでした。Cimg2294

りかさんにとってはホームグランドのようなもの

私たちも「おかえりなさい」という感じで見ていました。

りかさんとつながる知り合いO崎さんとも、数年ぶりに再会

また強いつながりになりそうです。

11月のコンサート、楽しみにしています。

安藤さんとの場面は、Cimg2297

記念にとってねという声があったので

撮らせていただきました。

貴重な画像、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのGREAT BLUE!

三宮のジャズライブの老舗の一つDsc_1924
GREAT BLUEに行ってきました。
http://www.livehousegreatblue.com/index.htm
今日のグループは“ d a d a ”
リーダーが、山中 佑起 Vib
そして、西久保 翠 P、時安 吉宏 B、高野 正明 Dr
というメンバーです。
ヴィブラフォンは珍しいですね。
長老の鍋島さんを思い出しますね。
時安さんも、高野さんも久しぶりです。Dsc_1929
というか、ここGREAT BLUEは何年ぶりかな。
お店の方が覚えていてくださったことに感謝。
演奏は西久保さんアレンジのクラシックもあり
荒城の月もあり、楽しい2ステージでした。Dsc_1934

次回はVOCALを聞きに行きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live 第27回 のご報告

例年2回(3月と9月)に行われいる、Cimg1638
KMJCの第27回目のライブがありました。
今回はロシアからLRKTrioを招いてのライブです。
ロシアから来てもらうことの大変さも太ちゃんは語っていました。
200名を超えるからの来場で
会場はいっぱいでした。Cimg1640
前回より、ライブの様子はストリーミングしています。
https://www.facebook.com/dai.murata.3?fref=ts
ぜひ、ライブの様子をご覧ください。
細かな説明をするよりも、見ていただくのが一番ですね。
2ステージで1000円は超お得です。Cimg1645
次回は2018年3月の第一土曜。
開けておいて下さい。

いつもお越しいただく、H袋様、I藤様、ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。Cimg1649
チケットがないけど顔を見に来ましたという
M下様、次回はチケットの件言ってくださいね。確保しますから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live 第27回 のご案内

Kobe Modern Jazz Clubの恒例の9月ライブのご案内です。17_09_02kmjc
今回はロシアからのお客様です。
LRK Trio で「Plays Fairy Tale」と題してのライブです。

KMJC(Kobe Modern Jazz Club)のライブは
素敵なJAZZを一人でも多くの方に聞いてもらいたいと
1000円という低料金で、3月と9月
主催者の独断と偏見で
素敵な素敵な出演者を選んでいただいています。
毎回200名を超える方に楽しんでいただいています。

今回は17_09_02kmjc1_2
9月2日(土) 会場はいつもの中華会館 東亜ホール
午後4時開場、5時開演で、2ステージ楽しんでいただけます。

ただ今チケット前売り中です。
お問い合わせは、茶房VOICEまで 078-334-3668
E-Mail kobemodernjazzclub@gmail.com

またはこのブログへ書き込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLUE GIANT 10(完結巻)の発売

石塚真一氏のコミック「BLUE GIANT」が発売された。Dsc_0750

今回は第10巻で、これで一応完結。

しかし、「BLUE GIANT SUPREME」が新たに始まり

これも同時に発売になった。

今日早速購入し、共に読み終わりました。

宮本大と沢辺雪祈、玉田俊二のトリオ「JASS」の

演奏が「ソーブルー」で聴けるのか・・・・。

そして、大は新たに海外へ飛び立っていく・・・。

勢いのあるコミックです。Uccu1529_waa_large

そして、コミックで紹介された曲が集められた

サウンドトラック的アルバムが出ています。

BLUE GIANT COMPLETE EDITION

三作目になります。

http://www.universal-music.co.jp/blue-giant/products/uccu-1529/
Disc 1

1 ニュークス・フェイドアウェイ / ソニー・ロリンズ

2 ノヴェンバー・アフターヌーン / ディジー・ガレスピー・ビッグ・バンド

3 クリフォードの想い出 / リー・モーガン

4 ディープ・ナイト / ソニー・クラーク

5 コフィ / ドナルド・バード

6 コンファメーション / チャーリー・パーカー

7 テンパス・フュージット / バド・パウエル

8 ディア・ロード / ジョン・コルトレーン

9 エクリプソ / トミー・フラナガン&ジョン・コルトレーン

10 リメンバー / ハンク・モブレー

11 ヴィジテーション / ポール・チェンバース

12 いつかどこかで / クリフォード・ブラウン

13 ラウンド・ミッドナイト / セロニアス・モンク

Disc 2

1 オリーヴ・リフラクションズ / ジョニー・グリフィン

2 アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー / デクスター・ゴードン

3 モーメンツ・ノーティス / ジョン・コルトレーン

4 チュニジアの夜 / ソニー・ロリンズ

5 モーニン / アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

6 ウェル、ユー・ニードント / セロニアス・モンク

7 チェロキー / クリフォード・ブラウン

8 カウントダウン / ジョン・コルトレーン

9 タイム・ウォズ / ジョン・コルトレーン

10 処女航海 / ハービー・ハンコック

 

こんなにたくさん入っています。

コミックとともに楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live 26th Plays Espressioni

今日、3月4日、Kobe Modern Jazz Club のCimg0456
26回目のライブがありました。
今回はイタリアからのピアニストです。
200名を超える観客が待つ中、
5時に開演です。
最初は定番、太ちゃんの協賛紹介から
その辺も、細かく説明するよりも
今回は新たな試みとしてCimg0465
ライブ配信をしました。
Kobe Modern Jazz Clubのフェイスブックから
本日の映像を見ることができます。
ぜひ一度、ライブの様子を見てください。
そして、次回9月においでください。
暖かく、穏やかな一日でした。
葉月ママとH袋さんの再会
筧ママにはワインをいただいてしまいました。
ごちそうさまでした。

ライブの様子、ここから見れるそうです。(DAI MURATA提供)
https://www.facebook.com/Vuoisu/videos/1412661315451409/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャズライブと日本酒

地元西宮から全国へ活動する金谷こうすけさんの170128
ジャズライブへ行ってきました。
良く一緒に出ておられるヴォーカルの宮野英子さんと
昼下がりのジャズボーカルということで
尼崎のLSA(ライブスポットアロー)でありました。
15時半から17時までです。
金谷さんと会うのも久しぶりで、昔話と近況を・・。
お二人の生徒さんがたくさん聞きに来られていました。
金谷さんの岡山広島のツアー話には、
ベースの中村尚美さんも登場しました。
MCも楽しくあっという間に時間が過ぎてしまいました。

最寄駅は阪急武庫之荘、歩いて10分程度です。Dsc_0634
帰りに「地酒倶楽」という看板を見つけ
覗いてみました。
以前聞いたことのある、姫路の「八重垣」と
山形のお酒「秀鳳」を買って帰りました。
まずは「八重垣」をいただいたのですが、
日本酒を飲むと、なぜか眠くなるのです。
テレビを見ながら気持ちよくうたた寝をしてしまいました。
頑張らないといけないことがるあるときは
日本酒は控えないといけないかな。
頑張った後は飲んでもいいかな。
でも美味しいお酒はいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

20161226日に公開され、神戸では17日に上映が始まったFaba328c728af807

「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」を観た。

http://www.miles-ahead.jp/

満員に近い状態での上映でした。

解説には、http://eiga.com/movie/85398/

「ホテル・ルワンダ」でアカデミー主演男優賞にノミネートされた

ドン・チードルの初監督作品。

ジャズ界の帝王マイルス・デイビスに起こった出来事から640

インスピレーションを受けたチードルが、共同脚本、製作、

自身の主演でマイルスの活動休止期間にスポットを当てる。

1970年代後半の5年間、病気療養ということで
ミュージックシーンから完全に姿を消した641_2
マイルス・デイビスは、
慢性の腰痛に悩まされ、
ドラッグんどの影響から
自宅ですさんだ生活を送っていた。
そんなマイルスのもとに

音楽レポーター、デイブが強引におしかけてきた。643

それから2日間、2人は盗まれたマイルスの最新曲の
テープを取り戻すため
思わぬ追跡劇に巻き込まれる。

ライブシーンではマイルスとの共演経験もある
ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターをはじめ
一線級のミュージシャンも登場する。645_2

と書かれている。(一部抜粋)


「ジャズ」なんて言うな。勝手なレッテルでくくるな。

俺の音を「ジャズ」で語るな。646

「ソーシャル・ミュージック」だ。という。
そして、一番大切なものは「即興」という。

フランソワとの出会いなどの場面を回想しながら

盗まれたテープを命がけで取り戻そうとする。


全編にマイルスの曲が流れる。

「ネフェルティティ」「アガルタへのプレリュード」「ソ・ホワット」

「デュラン」「フレロン・ブラン」「マイルス・アヘッド」

「バック・シート・ベティ」「セブン・ステップス・トゥ・ヘブン」

「ゴーン」「ブルー・イン・グリーン」「サンクチュアリ」

「ブラック・サテン」「ゴー・アヘッド・ジョン」「テオ」

「モエジャ」「ヒー・ラウド・ヒム・マッドリー」「ソレア」・・。

きれいではないが、事実と迫力で最後まで飽きることなく見られる。

チェット・ベイカーを扱った「BORN TO BE BLUE」で

マイルス役をしたケダー・ブラウンの方が似ているかなという気もした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロージャズオーケストラ&日野皓正withマリーン

兵庫県立芸術文化センターの4283311333_20160823180003
Hyogo Xmas JAZZ Festival 2016の最後
アロージャズオーケストラ&日野皓正withマリーン
に行ってきました。
芸文センターの大ホール(KOBELCOホール)です。
2000人以上入るホールがいっぱいで
さすがアロージャズ、年齢層が高い!
知り合いが行くからと、チケットを求めたらDsc_0371
A席で数席しか残っていませんでした。
3階席からの鑑賞でしたが、
ビッグバンドですから、音的には問題なかったです。
アローのメンバーや日野さん、マリーンのDsc_0375
表情を見るには遠いですが、
音楽は楽しめました。
アロージャズの演奏で始まり、4曲後にマリーン登場Dsc_0377_2
ルート66からでした。
パンチのある歌声がとても素敵でした。
ヒットナンバー、「レフトアローン」
その後の「スペイン」も良かったです。
休憩後、日野皓正が登場
しゃべりが面白かったです。
特に、客席に向かって言われた
「エゴイズムを出すな」
「女のくせに、というな」などは良かったですね。Dsc_0378
河田健さんや高橋知道さんとのソロの掛け合い面白かったです。
最後、弟さんに捧げる「It's There」で、
田中洋一さんとの競演は楽しませてもらいました。
さらに、ドラムの中島俊夫さんも頑張っていました。
それに日野さんひと言
「おじいちゃんがんばったね!」と・・・(笑)
アンコールはマリーンも登場して、
今日、クリスマスに合うようにとDsc_0384
「The Christmas Song」で幕が下りました。
会場を出ると、そこはすてきな
イルミネイションに照らされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kobe Modern Jazz Club Live のご案内

26回目を迎えるKobe Modern Jazz Club のライブが

34() いつもの中華会館7F東亜ホールで行われます。170304kmjc_3

今回はイタリア人ピアニスト、
クラウディオ・ヴィニャーリを招いて

ベースは甲斐正樹、ドラムが則武諒のトリオです。

開場は16時 開演は17時です。

このライブいつものことですが、1000円なのです。

超お得チケットです。

お問い合わせは先として、センタープラザ2階の茶房ヴォイス

http://www.jazz-voice.biz/

http://www.jazz-voice.biz/LIVE/17.03.04_live.html

電話番号は078-334-3668

E-Mailkobemodernjazzclubgmail.com

2回のコンサートで13年を過ぎようとしています。

まだご覧になったこのない方、是非足を運んでみてください。

 

いつものみなさん、またお会いできるのを楽しみにしています。

連絡よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧